FC2ブログ
癒やされます♪
今日のふ〜らりwalkは約4キロ7000歩。
ついでに昼食も。

20200115d.jpg

たまに食べたくなる駒鳥の中華そば(大)ですが、
今日のは汁がイマイチ。

高知県一の繁華街帯屋町をぶらついていて、
そーだプラネタリュームを観ていこうと思いたち、
角を曲がったら懐かしい人が歩いてきました。
Hクンです。
Hクンは編集者兼デザイナーで、3年ほど前に勤めてた
会社を辞め独立し、この辺りに事務所を構えているのです。
この辺りといったってここは高知の一等地。
しかも新築のビルの4階。下にはスターバックスが。
失礼だけどどこにそんな金がある?
とその辺の事情を聞いてみるに納得。
ビルのオーナーは某文具屋で彼の小学校の同級生。
彼の依頼で僕も撮影したことがあります。
で、最初は自宅で開業するつもりだったのが
友達の方から「一部屋使えや」と嬉しい申し出。
しかも家賃は殆ど払ってないそうで、
持つべきものは友達ってことですかねw


プラネタリュームはオーテピア 内の、高知みらい科学館にあります。
が、こんなになっとりました。

20200115e.jpg

つまり今日は見れず(*1)じまい。
16時15分からのだと帰りが寒いからね。

高知みらい科学館に、関勉さんが
池谷・関彗星などを見つけた望遠鏡が展示されてました。

20200115a.jpg

望遠鏡を覗くと「池谷・関彗星」が。
望遠鏡の先には池谷・関彗星の写真(*2)が飾られていて、
それが視野内に収まっているのです。
なかなかうまいこと考えてます。

20200115c.jpg

この望遠鏡で発見した彗星名が3つ書かれていました。
一番下に池谷・関彗星が書かれています。
望遠鏡は手作り感があふれてますが、
氏の「未知の星を求めて」を読んだ記憶(*3)によると、
戦後の物のない時代、拾ったもので組み上げたそうで、
ドローチューブには黒いビニールテープが巻かれてました。
遮光のためなのかな?

20200115b.jpg

接眼レンズはエルフレ だったと記憶しています。
エルフレは見かけの視野が広く、彗星や星雲星団の観測に向きますが、
高価だったので高校生の自分には買えませんでした。

「未知の星を求めて」に感化され、友人と関さんを訪ねたのが中2の時。
観測場所にしていた物干し場が老朽化し、人一人しか上がれないということで
その時は望遠鏡は見れませんでしたが、「未知の星・・・」に載ってた
写真の記憶によると経緯台だったと思うんだけど、
ここでは赤道儀に乗っかってますね。
特異な動きをする赤道儀より、彗星捜索は経緯台のほうが便利なので
赤道儀でしてたとは思えず、発見当時の架台はダメになってるんでしょう。
また、鏡筒は記念に残しておくとしても、架台は大きいし邪魔だし、
処分したんでしょうね。


そういうわけで、今日のAmazonビデオは「星めぐりの町」。
でも「星」の話なんかまったく出てこなかったw
とはいっても壇蜜さんの声は癒やされるので、観てよかったです。



(*1)高知は「ら」抜きが標準です。

(*2)赤矢印の先

(*3)なにせ半世紀以上も前に読んだので記憶違いがあるかもしれませんw




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する