FC2ブログ
おとぉ、それは違うね
昨日の、救急車は西進中・・・
とかの話で、女性は東とか西とか言っても
分からない方も多いみたいですね。
以前、あるカメラ屋さんの場所を説明するのに

「中央公園のちょい西」

と言ったら

「東とか西とか言われても分からん」

と言うので

「じゃなんて説明すれば分かるのよ」

と聞きますに

「室戸方面、足摺方面と言ってもらえたら分かる」

のだそうで、
こりゃまたスケールのデカイ話ですw


昔、子どもたちに、

右と左を知らない人に、
右と左を説明するにはどう言えばいいのか

と、聞いたことがあります。
こちらとしては
子「お箸を持つほうが右」
親「ぎっちょの人は左になるやか」

とかの、ありきたりの問答を経て、
親が模範解答を言い、カッコよく閉めたかったのですが
次男(先日帰省してた子)が即答。

「北を向いて東の方角が右」

親、二の句が告げません。
ズバリ、やられちゃいました。
でも、模範解答はこれだけではありません。
親の威厳(そんなもんありませんがw)を保つべく、
平静な心を装って

「うん。正解や。けど、こうも言えるぜ・・・
本を開いて、偶数ページが右」

言った瞬間、しまったと思いましたがもう遅い。
次男が即追求します。

「おとぉ、それは違うね。
右から開く本なら確かにそうやけど、
左から開く本は奇数ページが右になるき」

次男小3の時(笑)

次男は少し風変わりな子でして、
小1の時、小学生のカバンが重いという記事を何かで読み、
確認のために次男のランドセルを持ち上げたところ
まったく重くはない。
何が入ってるんだろうと確かめると
筆箱、下敷き、学校配布のプリント類にノートが2冊。
うち一冊は連絡帳。
教科書類は入ってない。
次男に「おまん、教科書は?」と問いますに
「重いき学校に置いてきゆう」とのこと。
ああ、そうかと思い連絡帳を開くに、
今日の宿題のひとつとして

国語の本読み◯ページから×ページまで

とある。

「おまん、教科書置いてきたら宿題ができんやか」

と問い詰めたらノートをパコッと開き

「ここに書いちゅう」

とw
宿題の本読みの範囲、全てノートに書き写してました。
これで一回本読みしたことにもなりますね。
合理的な子でした(笑)






←クリックお願いします(m_m)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する