FC2ブログ
Z50・・・
撮影会では珍しいものも見ました。
まずはニコンFブラック。
もちろんアイレベル。
FとF2はアイレベルが似合ってますw
レンズは標準レンズを装着してて、
ピントリングが金属の古ーーーいタイプ。
FやF2にはやはりこのタイプでなきゃダメですね。
ピントリングがゴムのやつは似合わない。
カメラもレンズもピッカピカで、
遠目からは傷一つない感じ。
僕のF2とは大違いですw

ミノルタのスポットメーター持ってる方もいました。
カメラにはでっかい望遠を付けてたので、
それでスポット測光すりゃいいんだけど、まぁいいや(笑)

20191029.jpg

スポットメーターは舞台写真なんかで使ってました。
真っ暗な舞台にスポットライトを浴びた主役が一人・・・
そんな時はスポットメーターの出番です。
デジタルとなり、露出はヒストグラムで確認・・・
とか習ったんですが僕には無理。
あれって明るさや暗さのただの「分布」でしょ?
「顔」の露出はヒストグラムの山のどの辺なんだ?
真っ暗な中にポツンと立ってる舞台なんかで、
ちゃんと人物の「顔」の露出が分かるものなんだろうか?
とか考えたんですが、そんなもん分かるわけない・・・(と思うw)
なので撮影後、画像で確認します。
代写を頼んでる奴は外の明るいところで画像確認なんて無理。
ヒストグラム必須・・・てなこと言いますが、露出は僕のほうが合ってるw

デジタル初期、東京のプロの方を招いた「デジタル教室」で、
RAW撮り+ヒストグラムがプロの条件みたいなこと言われたりもしましたが、
その両方共無視してます。プロ失格w
だいたい多くの方(お呼びしたプロも)が

「RAWで撮ってたら失敗してもJPGより救える確率が高い」

と言い、RAW撮りを勧めるんですがそれってどうよ。
そこまでせないかん写真なんて、救わなくてもいいじゃない。
諦めろよ。
それに、失敗した写真を納品するなよ。
失礼だろ。
「失敗しました」とちゃんと誤って撮り直せよ。
お得意さんも迷惑だよ。
と思いますけどねえ。
なんでもそうですが「諦め」って肝心です。
潔く諦めましょうw

珍しいのは「今だけ」のZ50も触ってきました。
小さいですねえ。50-250mmも。
仕事で使うにはちゃっちぃかな・・・という印象でした。
一応お金をもらう立場としては持ってく機材も重要ですからね。
「ママさん」カメラではお金がもらいづらいw

で、レンズメーカーにAPS-Cサイズ用の50-200mmクラスが
ないか探してたんです、昨夜。
ありました。レンズメーカーでなくニコンにw
「55-200mm f/4-5.6G IF-ED ニコンDXフォーマット専用」
で、価格は驚きの13,635円
Amazonへの登録が2007年とのことなのでかなり古いレンズです。
この後継機として手ぶれ補正VR2を搭載したレンズもありましたが
それはちょっと高く4万円前後。
手ぶれ補正はいらない(*)ので安いほうがいいし
レンズ枚数もこっちの方が多くお得感があるw

ということで購入しました。
したがってZ50は買いません。
やっぱりよさこいとか運動会撮るには小さすぎますね。
連射枚数もD500と比べると少ないし。
常時携帯のスナップカメラはDf+28mmにします。



(*)買ったのは3段補正がついてます






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する