FC2ブログ
ルーズな町で良かった♪
最近、めったに使わない筋肉を使ったせいか
寝違えたのか、左肩が痛いです。
それでもお爺さんは山に柴刈り・・・
じゃなかった墓に角材カットに行ってきました。
明日が不燃ゴミの日なので
今日中になんとかしたかったのです。
長さは370センチありました。
バック紙より1mも長い。
フォレスターに入るわけないw

買っておいた金切り鋸でズリズリズリズリ。
アルミといえど角材切るのはけっこう大変と、
ネットで読んでたけど1本数分で切れました。
覚悟してただけに拍子抜けw
8本になったアルミ角材を車に積み込み
無事持って帰ることができました。

朝から力仕事をすると腹が減ります。
朝飯はふだん食べないんだけど、
墓で働いた日はジョイフルです。

20191020a.jpg

ポテトが通常より100円引き。
ここはコーラがペプシなのが嬉しい。


ところで、台風19号時の
災害廃棄物の仮置き場が2時間待ちの車列だそうで

福島県本宮(もとみや)市は本宮運動公園内の一部を 災害廃棄物の仮置き場に指定。午前8時半から午後3時半まで受け入れているが、トラックの列が途切れることはなく、搬入までの待ち時間が2時間以上になることもある。

一方、現時点では細かい分別を求めず受け入れており、灯油が入ったままの暖房器具やガスの抜かれていないスプレー缶といったものが混じり、爆発などの危険性がある。17日朝には家電などが燃えるぼやもあった。

市は「できる範囲での分別と、可燃性のあるものは取り除いてほしい」と呼びかけているが、分別が浸透するまでは時間を要するとみられる。

今後の処分方法も決まっていない。今回の被害による災害廃棄物は数百万トンに達するとみられている。昨年の西日本豪雨の190万トンを上回り、自治体などの枠を超えた広域処理の必要性が指摘されている。

20日は好天となり、本宮市内で被害を受けた住民たちは片付けを急ぎ、軽トラックなどで仮置き場に次々と廃棄物を運んだ。仮置き場では、ショベルカー約10台が廃棄物を積み上げ、大きな山ができていた。

仮置き場に向かう道路では、廃棄物を積んだ軽トラックが長い列を作った。順番を待っていた男性は「もう30分待っている」と疲れた表情で話した。

被災した同市の親類宅の片付けを手伝っている男性(66)は、軽トラックで親類宅と仮置き場を往復する日々だといい、「初日は5回。今日ももう4回目。もうくたくただよ」と話した。


廃棄物を車で運ぶったって普通車では無理だし、
なんでこんなことになってるんだろ?
高知では人力で運べる範囲に仮置場があったんだけどな。
例えば2014年の水害時には自宅の塀沿いとかw
その時はテレビでもなんでも捨ててOKです。
そこにゴミ収集車が来たほうが道も混まなくていいじゃない。
それにこんなときに灯油抜けとかスプレー缶には穴開けろとか、
酷じゃないの?
そのまま流されたストーブとかスプレー缶だってあるんだし。
これが普通で、災害慣れしてる高知だからこそのルーズさなのかな?




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する