FC2ブログ
増税前に
あと一週間ほどで増税です。
駆け込みを・・・というわけでもないんですが、
Profoto A1のバッテリー注文しました。
同時にC1Plusも。
C1Plusの使用できるスマホはiOS11以降を搭載した
iPhone7以降の機種だそうで、僕のSEでは使用できません。
けど、Air Remoteを用い、とりあえずNikonで使ってみます。
電話は小さい方がいいんだけど、いつまでもは使えないから
そのうちiPhone8か11に変えるつもりです。
そうすればB10もスマホで操れます。


今日のAmazonビデオは「おっぱいバレー」。

1979年、北九州。赴任早々、中学の弱小男子バレー部顧問になった新任女性教師、美香子は、やる気ゼロの部員たちに“試合に勝ったらおっぱいを見せる”というあり得ない約束をさせられてしまう。そんな約束に戸惑う美香子をよそに、部員たちはおっぱいが見たい一心で練習に打ち込み、別人のように強くなっていく。ピンチを迎えた美香子先生の運命は…??


綾瀬はるかのおっぱいが見られるのかな・・・?
と期待を胸(オッパイw)に見ましたが、ま、そんなわけありません。
でも、女子バレー部で、試合に勝ったら男先生の
「お沈沈を見せる」なんてのはないですねぇ。
いや?「ビリギャル」で似たようなのがあったかw

で、舞台が1979年だから、街にはまだこんな車も走ってました。

20190924a.jpg

ブルーバード510SSSクーペ。1600ccかな?
1979年当時、僕は1800cc(希少車)のを乗ってました。
最終が1972年だからもちろん中古。
しかも中古で2台、同じのを乗りましたw
2台目は大阪まで買いに行きました。
今見たくネットなんてないからカー雑誌を見て電話し、
今度の日曜に行くから置いといてとお願いするんです。
その頃は飛行機なんて乗ったことないので
交通手段として頭の中にはありません。
あったのは大阪高知特急フェリーといって前の晩に高知を出、
大阪の南港に翌朝着く船旅。
これが一番安くて便利なのです。

で、土曜日、4時から師匠と花札勝負の店の仕事を終え、
タクシーでフェリー乗り場に。
その日は台風が来てたので雨が降っており、
一度家に帰るとメンドイので職場近くで飯食ったりと、
時間をつぶしてからタクシーを拾ったと思います。
船が出るのは9時ころだったかなぁ〜?
そのちょっと前に着くようにタクシーに乗り、
カメラバッグの中の「現金」を確認。
あるあるw
ほどなくしてタクシーは高知港に。

あれ?なんか変だ。暗いぞ。
それに乗客らしい人誰もいないし。

運ちゃんに船に近づいてもらうと立て札があり、
なんか書いてる。

「台風接近に付き本日欠航」

ええ!なんだよ。

「お客さん、どうします?降りますか?」

と運転手さんが聞いてきたけど、
台風の最中、出もしない船の待合で降ろされてもしょうがない。

「〇〇(自宅の住所)まで送ってや」

と行き先変更。

「すみません。これから私、女房を積んでいかないかんがですよ」

「え?じゃあ僕を〇〇まで積んでいけれんということ?」

「そうです。良かったらここで・・・」

降りてくれということか。
台風の最中、そんな薄情な。

「こんな台風の最中ここで降ろされてもタクシーも捕まらんき、
さっき僕が乗ったとこまで積んで行ってや」

と、お願い。
なんで客のオレがお願いせんといかんがよ・・・
とは思ったけど、ここは下出に出ないことにはしょうがない。

「そこまでもちょっと・・・」

相変わらず冷たい運転手。

「ほんなら運転手さんがえいとこまで積んでってや」

と超下出なワタシ。
結局「私はここから東に折れますので」と、
乗ったとこと港の中間点くらいで降ろされましたが、
しっかりとその分のタクシー代も請求されました。
僕やったら「ま、えいわ」にするけどねw
運ちゃんの帰り道やし個人タクシーやし。

田舎は人情に厚いとか言われますが、
そんなもんは人によります。

で、その時の510は他の方の手に渡り、
翌々週、大阪は門真市まで趣き別の510を購入しました。

映画に戻ります。
510の他、だるまセリカやチェリーX1R、スバルR2など、
懐かしい車がいっぱい出てました。
でも時代設定が1979年だと全部生産が終わった車ばかり。
時代を表してるとはいえないかも?

これなんかも。

20190924b.jpg

レンズに「CITIZEN MXV」と書かれてるけど、
これはシャッターなのかな?
機種名はわかりません。
1979年当時、いくら学校の先生が物好きとは言え
この先生若いし、カメラ古すぎない?





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する