FC2ブログ
ヤマハダビットソン
もう10日ほど経ちますが、
ピーター・フォンダが亡くなりましたね。

20171015g.jpg

アメリカの暗部がぁ・・・
とかいろいろと言われてたけど、
中3(多分)の僕にはそんな難しいことは分からず、
ただ映画に出てくるチョッパーがカッコいい。欲しい。
でも中3。バイク乗れない。免許がない。
仕方ないので自転車で作りました。
小学校の同級生が鉄工所やってたのでそこに持ち込み、
溶接し、フロントフォークだけ延長してもらった。
さぁできたと勇んでペダルを踏むと自慢のフォークがポッキリと。
「強度」とかまったく考えてなかったんですね。
ただ「カッコ」だけ。
今も考え浅く、当時と変わらずそのまま生きてますw

で、大人になり結婚もし、仕事も順調である程度金に余裕もできたころ
ヤマハからビラーゴ250が出たのです。
スモールハーレーやんかと思いました。
ハーレー乗れないし、また、スティードとか要車検のバイクだと
車検時に元に戻すのメンドイし、ということで250ccはうってつけ。
しかも身長高いピーターフォンダがハーレーに跨ったのと、
170cmの僕がビラーゴ250に跨った、人対バイクの比率はきっと等しい。
そう信じてのビラーゴ250。命名もヤマハダビットソンw

20170707.jpg

20170707b.jpg

殆どがワンオフ部品なので費用はけっこうかかりました。
ハーレーの883なら買えるほどw
みんなに

「ハーレー買うた方がマシやろ」

と笑われましたが

「ハーレーに乗りたいわけじゃない。チョッパーに乗りたいが。
それにハーレー乗れんし」

と負け惜しみ。


・・・時が経ち

新潟のショップがワイアットとビリーのチョッパーをアメリカで作り、
それを輸入販売するようになりまして、コレ欲しいとなったわけです。

20190825a.jpg

アメリカからこの状態で輸入し、車検も通ってるから
車検時に元に戻す必要もありません。
友達と二人で買いに行こう(*)と計画を立て、
友達は代行運転のバイトを始め、
僕はデザイン学校で写真講師の副職。
お互いにそれを貯金し、買いに行こうと約束したわけですが、
世が不況へと転じ写真講師の給料も生活費へと消え、
友達も子どもが大学進学とかで金が必要となり計画は頓挫。
残念でした。

で、なぜハーレー乗れないか、というと免許がないから。
いわゆる「限定解除」してないからです。
今はハーレー売りたいアメリカからの圧力で
そんなに難しくはないようですが、
昔はむちゃくちゃ厳しかったらしいです。

こかしたバイクを起き上がらせ♪
るところから試験は始まり、それでトロトロしてたら

「何しゆらぁや。そんなことでどうすりゃや」

とかスピーカーから罵声が飛んで来るそうで、
何回も挑んだ経験を持つ大先生は

「人間性を捨てないかん(捨てなくてはならない)」

とぼやいてました。
つまり、どんなに理不尽に罵られても「クソ!」とか
腹立ててたら免許は取れないと言いたいわけです。

でも、免許センターの実技指導員の資格も持つ
バイク屋が言うには

「怒らせるようなことをわざと言うて、
人間性を見ゆうがやき(見てるわけだから)」

とのこと。
そうでしょうね。
少々罵られて頭にくるようなヤツが
ハイパワーの大型バイクに乗ってたら危険極まりない。

鉄腕アトムだからこそ10万馬力を与えても人々は安心していられるわけで、
抜かれたら腹立つという人間性のヤツにフェラーリやポルシェ、
ランボルギーニ・・・いわゆるスーパーカーを与えるのは
鉄人28号の操縦機がPX団に奪われるようなもんやで。
あのときは太陽の活動活発化による電磁波かなにかの影響で
操縦機がちゃんと作動せず事なきを得たけど・・・

あれ?いつのまにか話が車にすり替わってる。

見ていた「イージーライダー」も終わりに近づいたし、
文もまとまらなくなってきたのでこのへんで終わります。
要は車にも限定解除を・・・と言いたかったわけですw

20190825b.jpg



(*)その前に僕は「限定解除」に挑戦しなくちゃいけないけどw




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する