FC2ブログ
30万即金に、師匠、負ける。
山梨の高速道路でワゴン車が全焼したそうで、
写真を見るにワーゲンバスですね。

20190623.jpg

同じ型かどうかは分かりませんが、40年くらい前、
20台半ばに勤めてた「4時から師匠と花札勝負」の師匠が
乗ってました。水色と白のツートンの、キレイな色でした。
ヨーロッパ車は色が綺麗だよね。

ある日、例によって花札をしてると入り口をノックする者あり。
開けると見知らぬ人が立っていた。
ま、客はたいがい「見知らぬ」人なんだけど、客ではなく
「車(ワーゲンバス)を売って欲しい」と師匠に直談判w
手には既に分厚い封筒を持っている。金か?
高知の人間はイラレ(せっかち)が多いと聞くけど
なんぼなんでも早すぎやろw
師匠も「急に言われても困る」とその日は帰ってもらったけど

「どうしょうねや、どうしょうねや」

とその日は気もそぞろ。
多分、僕がかなり勝ったと思う。
かなりといっても5時閉店(10時から)だし、
ひと勝負100円なのでたいした額にはなりません。
で、最終的には売りました。30万で。
買い手が言うにはフロントガラスが平面の、
古い型のでないとダメらしく、探し回ったけど
なかなかなかったとのこと。
たまたま師匠の車をみかけ、持ち主を聞き、
金を持ってやってきたというわけでした。

焼けてる車もフロントガラスが平面みたいだから、
師匠が乗ってたのと同じかもしれない。

古い車は火事に気をつけないとね。
ストリート系の服屋やってた知人が愛車フィアット500で田舎に帰り、
山道をのんびりと走っていると、後ろからクラクションを鳴らしつつ
猛スピードで迫ってきた車が横に並び後ろを指差し

「燃えゆう。燃えゆう」

と。
そういえばきな臭いw
慌てて車を止め外に出、車後部を見ると
エンジンルームから煙が出、赤い炎もチラチラと。
それが一気に燃え広がって車はお陀仏。
ていうか、人間もお陀仏になりかけてました。

今のフィアット500はFFだけど昔の、
いわゆるルパン車は空冷リアエンジン。
なので「ラジエター」は壊れません(*)w



(*)意味わからない方は→コチラ





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する