FC2ブログ
小さな巨人
昨日、後輩Oクンと機材の話なんかしたので気になって、
プロ機材専門店銀一 のサイトを覗いてみました。

カメラとかは銀一では買わないのでストロボですね。
ストロボでもProfoto社。スウェーデンの会社です。
新しいの、出てるかなぁ〜?という軽い気持ちで、です。
僕はProfoto社のストロボが好きなんです。
理由はカッコいいから(笑)
初めて買った大型ストロボもProfoto社のPro2。
1800Wの中古品です。
フリーになる直前だったかな?知り合いの写真屋が、
店を閉めるので買ってというので買いました。
フリーになればどっちみち必要だし、新品買うほど金はなく、
憧れのPro2だしということで、貯金をはたいて買いました。
ちょっと大げさかな?貯金は残ってましたw

次に買ったのは「ブロンカラー」。これはスイスですね。
「4時から師匠と花札勝負」の写真室の元師匠が
「もう辞める。機材いらんか?」とのことなので買いました。
ジナーPが欲しかったけどカメラ類はすでに処分したそうで、
残念だけどストロボ類だけです。600W(多分)と1500W。
引き取りに倉庫に行くと、アルフレックス のソファーが2セット。
1セットは師匠のスタジオに鎮座してたので師匠のでしょうが
「もう1セットは?」と聞きますに「弟の」だそう。
兄弟二人で高級ブランドであるアルフレックスのソファを
放すなんて、なんて金持ちなんだと呆れましたが

「こんなとこに置いとくのもったいないから使わないなら下さい」

と交渉。
ちょうど自宅兼スタジオを建てた時で、ソファーが欲しかったのです。
安月給で働いてきたからくれるかと思ったのに

「3万(5万だったかも?)で売っちゃお」

そんなせこいこと言うなよと思ったけど、
世界のアルフレックスをスタジオの片隅に置いといたら、
スタジオにもハクが付くというものだw、と受諾。
しかしよく考えたら「失敗」したスタジオにあったものを
これから稼ぐぞ〜と張り切るスタジオに置くのもゲンが悪いねw
Pro2もブロンもそうだけど。

次に買ったのがSD(写真電気工業)のSD16とSD24。1600Wと2400Wです。
SDはストロボメーカーではないけど社長がなかなかのアイデアマンで、
ユニークな製品を数多く出してます。
SD16もユニークなストロボでしたが専門メーカーでないところが
ちょい心配で、買うのを躊躇してたんですが、コマフォトで各社ストロボを
テストしたカメラマンがベタ褒めしてて、その方も個人用に購入したとのことで
迷いが吹っ切れ買いました。今も現役です。

次に買ったのがコメット社の1200Wを2機とモノブロック(250W)1機。
電源もヘッドも小型軽量化されたので出写用に買いました。
これも現役です。

しかし全部メーカーが違いバラバラ(笑)
性格が良く現れてます。
そして何年か前に「永遠の里帰り」をしようとProfoto社のD1を購入。
モノブロックが欲しかったのでね。

そして今回、このYouTubeを見てしまいました。
もうダメですw



全部素晴らしい写真ですが、
頭出ししてる、地下鉄車内での写真が特にイイ。
すれ違う地下鉄車両を利用しすれ違いざまに撮ってるんですが、
モデルはすれ違う車両の先頭に、カメラマンはコチラ側車両の先頭。
カメラマンはいいとして、モデル側はライトを仕込んだりしてるのに
地下鉄の運転手はどこにいるんだ?無人電車なのか?
不思議です。

そんなことはどうでも良く、欲しいw
でももっと新しいのが出てるようで、モノブロックです。



軽くてコンパクトであるという理由で
スピードライトを多用しているフォトグラファーは
さらに出力の強い製品を求めていることに気付きました。

まさにそう。
しかもコンパクトにまとまります。

20190425a.jpg

これはB10ではなく最初の動画に出てくるB2ですが、
上が今の僕、下が近未来のワタシw


Profoto B10。
「小さな巨人」だそうです。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
ノートルダム大聖堂が美しい。
2019/04/26(金) 05:45:00 | URL | M #L1ch7n1I[ 編集]
残念だけど
燃えちゃったね。
アベッチは金を出すそうで、
個人の金なら「お好きに」だけど税金だろ?
オレ、キリスト教徒じゃないんだけどな。
2019/04/26(金) 18:42:47 | URL | TAMARA #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する