FC2ブログ
平成31年1月19日3時25分。
「じゃ、そんなもん信じないから日曜でいいよ。
それに家族葬だから友達来ないし」

と言ったけど、やはり「友引」は斎場自体が休みだそうで、
葬式はできても遺体を焼けない。
月曜日はすでに満杯なのです。
火曜水曜とは空き枠がそれぞれひとつしかなく、
すでに撮影が入っててその時間に間に合いそうにない。
喪主が遅刻したら話にならんしw
撮影はイベントなので日を変更するわけにはいかんのです。
だから「友引」の日曜日でも良かったんだけど
仕方ないので木曜日となりました。

迷信を信じない者が増えている現在、なんで友引を休まないかんの。
しかも高知市斎場、焼却炉を新しいのに変えてる最中で、
ひとつづつ交換するため通常より今はマイナスイチの
焼却炉数で回転してる。寒い、葬式の多い時期、
「友引」でもいいよという客は貴重だろうに。
クリスチャンの叔母も「七曜」は関係ないと言ってましたは。
ちなみに僕たちは「仏滅」に結婚しましたが
離婚に至ることもなく仲はいいですよ。
ま、「少数派」の便宜を図ってくれることはありませんね。


父は息を吸い、目を見開いたまま亡くなりました。
死ぬことを「息を引き取る」といいますが、まさにそれ。
人間、命の最後を迎える時、息を吸い込んで死ぬそうで、
息を吐いて死ぬことはないそうです。
父の父、つまり僕の爺ちゃんは
ものスゴイ吸い込み音がしたかと思ったらポックリと。
そんな元気があるならまだまだ生きられたろうにと思いましたw
でも、さすがに親子です。死ぬ時も似たようなもんw

母は20世紀最後の年末に亡くなりました。
そして父は平成最後の年。
これまたさすが、ですねw

20190119.jpg




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する