FC2ブログ
腹回りは大丈夫かい?
今日も画像処理がはかどりません。
ネットで調べごとしてたんです。

今度買った初パタゴニア、気に入ってはいるんですが
あれ着て写真撮るとなるとちょっと大げさなんですよ。
雪のある風景とか、そういうとこ行って撮る分には問題ないんですが、
高知市内で動き回って撮るにはちょっとかさ張るw

20190115a.jpg

左が20年来着てたノースフェイスのジャンパー。
右が今度買ったパタゴニアのパーカー。
どう見たって活動的じゃない。
やっぱカメラマンは「行動派」じゃなきゃなりません。

坂田栄一郎という著名なカメラマンがいるのですが、
大学受験に失敗し、失意にくれてたホテルのプールで
たまたまモデルの撮影に出くわし、その時のカメラマンの
「活動的」な動きにあこがれカメラマンを目指し渡米。
リチャード・アベドンの助手を経て帰国。羽田の空港で
「100万以下の仕事はやらないよ」と宣言したのは有名です。

森山大道は元々はデザイナーだったんですが、
写真を依頼してた岩宮フォトスでのカメラマンの活発さに
触発され速攻スタジオ入り志願w

と、有名所のカメラマンでもその始まりはカメラマンの「活発さ」にあるんですね。
しかし、失意のどん底時にホテルのプール?
カメラマン目指し即渡米?
なんなんだ・・・とお思いでしょうけど、
坂田さんの御尊父さん、大企業の幹部だったんです。

なので、四国のド田舎高知の底辺カメラマンである私も、
「活発」さだけは負けずにいようとジャンパーを物色していたのです♪
で、ふと思ったんです。

昔は「ジャンパー」って言ってたけど最近は聞かないな。
Gパンがジーンズになったけど、そんな感じなのかな?
じゃ、新しい呼び名はなんなんだ?
最近「ブルゾン」という言葉を聞くけど、なんか、
昔呼んでた「ジャンパー」のことをブルゾンって言ってるみたいだけど、
「ジャンパー」=「ブルゾン」なのか?と思ってwikiに打ち込んでみました。
「ブルゾン」って。
そしたらですねえ・・・「ジャンパー」に飛ばされてしまいましたw
なんだ、同じだったんだ。
ブルゾンの方が洒落てるねえと思ったらフランス語だって。
なのでジャンパーのことをフランスでは「ブルゾン」って言ってるんだ。
で、そっちの方がオシャレ感があるので日本では
「ブルゾン」って言うようになったんだな、と納得。

しかしです、しかし。
MA-1 というフライトジャケットがあるでしょ、米空軍の。
それを「ブルゾン」と明記してるショップがあるんだけど
そりゃあおかしいでしょ。だってフランス空軍のジャケットじゃないんだから。
そこは英語で「ジャンパー」って言ってやれよ、と思った次第です。

で、これにしました。

20190115b.jpg

MA-1(笑)
といっても星の数ほどあるんですがそこは本家本元もちろんALPHA社製。
「ボディと同色系のさりげないワッペンデザインがポイント」らしいです。

サイズが気になるんだけど、パタゴニアの経験活かしMにしました。
って、Mしかなかったんですw 僕が最後の一着
袖丈が極端に長く、手が隠れたりしたら「活動的」には
ならないのでそれだけが心配ですが、ま、大丈夫でしょう。
腹回り?もっと心配(笑)






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する