FC2ブログ
名乗れない「巨匠」
今日は幼稚園の発表会の撮影。
リハーサルで撮ります。
本番でストロボぱしゃぱしゃ焚いてたら、
保護者の方にえらい迷惑でしょ。なので。

20181205a.jpg

ストロボ2灯。
以前はストロボ電源部とカメラのX接点をシンクロコードという線で繋ぎ、
そのコードが床を這い回ってたんですが、今では無線で飛ぶようになり、
シャッターを押すと電波がピューンと出てストロボ側に瞬時に
たどり着きピカッと光ります。便利になったもんです。
カメラの上についてるのが発信装置です。

都会ではちゃんとした舞台を借り、照明まで入ってる幼稚園も
あるようですが高知ではまだそこまでいきません。
照明が入るようになればもちろんストロボは使いません。
せっかくの照明をぶち壊すことになりますから。

ライトがそっぽ向いてるのは「光」を均一に当てるためです。
2灯をまっすぐ平行に当てるとどうしても真ん中が明るくなります。
以前、同窓会の撮影で、おじさんの人が

「ライトがヘチ向いちゅうが大丈夫かよ」

と、まだまだ若かった僕を心配してくれたので

「大丈夫。こうすることで光が均等に当たるがですから」

とか講釈たれながら撮ったあと

「ゴメン!撮り直し!」

となったことがありましたw
再撮の理由は忘れましたがフィルム入れなきゃ
シャッターが切れないカメラだったので
フィルムの入れ忘れじゃなかったような・・・

とにかく

「やっぱりいかんやないか」

とおんちゃんが言うとみんな爆笑w
おかげで笑顔がステキな写真に仕上がりました。
怪我の功名w


昼飯はお気に入りの中華屋でサービスランチ。

20181205b.jpg

八宝菜でした。
これにご飯、香の物がついて780円です。
待ってる間に地元のタウン誌読んでました。

20181205c.jpg

「高知イラスト界の巨匠」とか出てたんで、誰だろ?
あの人かな?それともあの方?・・・・・
なーんて考えながら読んだんだけど名前は出てこずw
名乗れないほどの「巨匠」なのか?
カリスマだとか巨匠だとか、大げさなんですよね、何事も。

このタウン誌、以前もこんなこと書いてて呆れたんですが

20181205d.jpg

問題箇所を書き起こしますね。

「パン職人歴8年を誇るオーナーが・・・」

パン屋さんの世界って、
たった8年の職人歴を「誇れる」世界なの?
みんな次から次へと辞めていき、
平均職人歴2〜3年の世界なの?
それなら8年の職人歴は誇れると思うけど、
それは違うと思うよ。

編集の世界はそうかもしれないけれど、
自分だけの世界観で物事をみないように気をつけなくてはね。

カメラマンの世界は?
うーん、どやろ。
ま、言えることは「経験年数」なんて
決して誇れるものじゃないことは確かですね。
いくら長くやってても下手の人は下手だし、
え?まだ1年経ってないの?って上手い人もいます。
でも、場数を踏めば動じなくなるのは確かです。
こんな繊細なワタシでも、緊張するってことがなくなりました。
年をとり、図々しさが増しただけかもしれませんがw

そういえば数年前、娘に聞かれたことがあります

「おとぉは緊張したことないろ?」

「うん。ない」

と答えましたw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する