FC2ブログ
「いる」で済むのに電話が長い
今日は合成が2クラス。
3クラスは無理だった。
父の携帯電話の解約をしてきてほしいと
姉から電話があり、午前中はほぼそれでつぶれた。
解約と言っても当然本人は行けないし、
委任状を書ける状態でもないので、
委任状無しで解約できるかどうかはなはだ
疑問だったけどとにかく行くしかない。


「できますよぉ」ということで
「誓約書」というのを書かされている途中、
別の店員がやってきて医師の「診断書」がいるかもしれない
と担当してくれてる女性に耳打ちした。

「ちょっと待ってくださいね」

ということでどこかに電話をしだした。

「コレコレこういうことで委任状書けない・・・」

などと説明してる。
auの本部に電話してるのだろうか?
しかし、こんなことも知らないのかよw

電話相手の声は聞こえないが件の女性店員

「ハイ、、、ハイ、、、ハイ、、、ハイ・・・」

などと返事してる、
しかし、やけに長い。

「診断書いる、いらない」

を答えてもらったらいいだけやろうに、
僕なら1分もかからない。

やっと電話が終わった。
さてと、どうかな?と思ってるとまた電話をしだした。

「コレコレこういうことで委任状書けない・・・」

などとまた言ってる。
さっきの電話はなんだったんだw
かけた部署が違ったのか?
だったら先方も「◯番にかけなさい」で終わったはずなのに、
なんなんだあの長電話は。
で、また始まった

「ハイ、、、ハイ、、、ハイ、、、ハイ・・・」

しばらくして

「分かりました」

結果は診断書、つまりは「委任状書ける状態ではない」という
医師の証明ががいるそうで、今日のことにはなりませんでした。

しかし、診断書がいるかいらないかを聞くだけなのに、
他になに話してたんだろ?気になるわw


でも、診断書となったら5000円くらいはいるんでしょ?
もったいないから「書けました〜」とか言って、
左手で書いた委任状持っていこうかしら?
公文書偽造になるんやろうか?w





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する