FC2ブログ
筆山ホテル
今日はデンタルクリーニングでした。
ま、歯の掃除ですね、掃除。
掃除といえば汚れてるのか・・・と思うけど
クリーニングと言えばそれほどでもない。
言葉って不思議です。
ちなみに僕の歯の磨き方は上手いらしく、
日に一度(朝です)とはとても思えない・・・
と歯科衛生士の方が驚いてますw

昨夜3時就寝の今朝7時起きだったので眠く、
診察室は適温だしおねえさん綺麗(目だけだけどw)だしで
このまま寝ちゃおかな?と思ったけど
口開けたままなかなか寝れるもんではありません。
でも、猛者を思い出しました。
歯医者で治療中に寝ちゃった猛者を。
クリーニングではありませんよ。
虫歯の治療です。

女友達の息子。確か小2か小3だったな。
お母さんは息子を歯医者に預けたまま買い物に出かけ、
帰ってくると先生が笑ってたそうです。

「こんなの初めて」とw


「思い出した」でまた別のことを思い出しましたw
先日の日記で「息遣いが聞こえてくる云々」と書きましたが、
以前、息遣いが聞こえてくるような文章に出会い、
「まるで後ろに寄り添って、共に旅をしているような錯覚に陥りました・・・」
と、感動の思いを書いた手紙を連載されてた地元紙の編集部に送ると、
転送されて作者の元に届き、詩集が2冊添えられた丁寧な返信が来ました。

20181120.jpg

詩人だったのです。
その中で、以下の詩が一番好きです。

筆山ホテル

赤いタクシーに乗り込んでから
「山へ」
と男は言いました
路面電車の線路を置いてきぼりにして
山は
いくつかの坂と
いくつかの林を抜けたところにあるのでした
この山にも
春には蕨やぜんまいが
やっぱり顔を出すのでしょうか
夏には露草が
ひっそりと花を咲かせているのでしょうか
そんなことを思っていると
街の灯が遠くの方でちかちかしました
きょうはなぜ
「いいわ」
だなんて言ったのかしら

どんなに考えてみても
もうあとの祭りなのでした


この詩集の初版は1982年。
筆山には筆山ホテルと筆山ビレッジがあり、
両方とも古く、筆山ホテルの方は既に廃業してます。
ホテルだけでなく従業員も古く、
その残ってるビレッジの方に若いカップルが行きました。
3年ほど前のことです。
ことが終わり、帰ろうとフロントに電話する(*)と、
電話にでたおばあちゃん

「え?あんたらぁいつの間に来ちゅったぞね」

平和なホテルですw



(*)電話で金額を問い合わせ、従業員が部屋まで取りに来るホテルが高知にはまだいくつかあります。






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する