FC2ブログ
「使わなかったから」と言って、フィルムを返却する大御所の話
R2-D2焙煎機、順調です♪
今日は126gを焙煎レベル3で焼いてみました。
浅煎り「強」です。
このくらいがいいかな?
この前後でいろいろせめてみようと思います。

I 珈琲店の店主が、焙煎終わった豆を試飲し、
「雑味」があるとかないとか言ってて、そのときには
何言ってるんだろ?的なものでしかなかったけど、
自分で焙煎するようになり、その意味を理解できるようになりました。
何事も自分でやってみなくちゃ分からないこともあるし、経験ですねw

撮影で珈琲豆が必要になったんです。
なんの撮影だったか忘れましたがデザイナーが
商品の下に珈琲豆を敷き詰めたいということで始まったから
珈琲関係の撮影だったのかもしれません。

そのころの僕は、I 珈琲店で、挽いた豆を買ってました。
デザイナーに珈琲豆を調達できないか?と言われたので I 珈琲店に相談。
撮影後、生豆なら返却可能だが焙煎した豆はダメとのことなので
デザイナーにその由伝えると金は出すので焙煎豆を用意してくれとのこと。
1キロ、買ってきました。金額にして4000円くらいだったと思います。

で、無事撮影も終わったんだけど、豆代くれないw
「豆代チョウダイ」なんて、キノヨワイ僕にはとてもそんなこと言えないw
撮影料は代理店に直接請求するようになってるので豆代は書けない。
仕方ない、自分で飲むかとなったけど1キロ全部挽いてもらっても
飲み終わるのに何日もかかる。湿気が来るだけだ。
何回かに分けて挽いてもらうのもアリだがメンドイ。
そこでミルを買うことにした。
ここからが始まりです。

20181121a.jpg

「おばあちゃんのミシンみたい」と女子スタの一人が言ったけど、
なかなか柔軟な発想ですw

手動ミルで4人分も挽くと疲れる年頃になったので
電動ミルに切り替え、そのうち焙煎にまで手を出し、今ですw
使ってた手動ミルは女子スタの一人にあげました。
あ、そや、上と同じ新品手動ミルを、珈琲好きの女子スタに
卒業記念としてあげたこともあります。東京行っちゃったんでね。

20181121b.jpg
<R2-D2焙煎機と電動ミル>

でも、焙煎豆を返却できないのは当然ですよね。
生豆は焼くからいいとして、
どういう状況下で撮影されたか分からない焙煎豆を、
他の人に売りつけることはできませんよねえ・・・。

フィルム時代の話です。
ラボに行くと、デパートなんかの撮影もこなし、
手広く仕事してるTスタジオの方が「使わんかったき」と言って、
ISO400のポジフィルムを返却してる場面に遭遇。
ありえんと思いました。

フィルムは「生モノ」ですからね。
第三者から見て、どんな状況下に置かれていたか分からないフィルムを、
いくら使わなかったからといって返す方も返す方だけど、
引き取る方も引き取る方です。
ちゃんと保管してたと言われても気味悪いです。
食わんかったきと言って魚の刺身返します?
もちろん、Tスタジオの方が帰られたあと、
ラボにはクレームを入れときましたけど、
その後も繰り返されていたかどうかは知りません。

僕なんかもISO400のポジフィルムは滅多に使わなかったけど、
急に入り用になったら困るので常に買い置きしてました。
使わずに処分することが多かったけどねw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する