FC2ブログ
暗室と暗闇
昨日の記事中、オリジナルプリントの説明がちょっとおかしかったようです。
撮影者がプリントしたものを「オリジナルプリント」、
撮影者以外の、撮影者が認めた者がプリントしたものを「ヴィンテージプリント」と
記憶してたんですが、念のために確認したところ以下のようです。

写真家が自分の作品として認めたプリントのこと。写真家自身が認めたものであれば、本人以外がプリントしたものでもオリジナル・プリントと呼ぶ。例えばアンリ・カルティエ=ブレッソンの場合、プリントはプリンターのピエール・ガスマンが請け負って制作しており、ガスマンのプリントにカルティエ=ブレッソンがサインを入れたものが、オリジナル・プリントとして流通している。また、オリジナル・プリントのうち、元になるフィルムやデータが撮影されてから間もないうちに制作されたプリントは「ヴィンテージ・プリント」と呼ばれるのに対して、作家の没後に著作権者の許可を得て制作された、作家自身の意図に沿うようプリントされたプリントには「エステート・プリント」という呼び名が用いられる。1980年代以降、日本でも美術館に写真が収蔵されるようになり、写真専門のコマーシャル・ギャラリーも誕生したことから、オリジナル・プリントの制作に対する認識が高まった。年がたつにつれて作品としての価値が損なわれることがないよう、退色や変色を防ぐ処理を行なって作られたプリントを「アーカイヴァル・プリント」と呼び、プリント中に残留した薬品を除去する、銀ではなく、金やセレニウムを用いた印画を制作する、現像後のプリントを酸化や紫外線から守るケースに保存する、といった工夫が施されている。

著者: 冨山由紀子



ヴィンテージがオリジナルより格下なのはおかしいな?
とは思ってましたけど、記憶してたのと全然違うし(笑)
オリジナル、ヴィンテージの他にエステートなんてのもあるんですね。
初めて知りました。
でも、撮影者没後の著作権者なんて、意味が分かりません。

著作権なんてものは「作家」の生活を守るために
できたようなものだから、その本人が死んでしまったら
生活もクソもなく、著作権自体が消滅するのが筋だろうに。
これも「権利商売」なんでしょう。
そういう方には写真の芸術性と希少性を高め「高額」にする必要がありますから、
いろんな名称をつけて「価値」を高めなくてはならないんでしょうね。

だいたい「著作権」なんてものは「創造物」にしか認められてなく
「事実」に著作権はないわけです。
現実をそのまま撮った写真が「創造物」なのかなあ・・・と思っちゃうわけです。
なので、新聞社などが自分とこの写真に「著作権」を主張することは
「え?あの写真事実じゃないの?カメラマンが作ったの?珊瑚事件 みたいなもの?」
なーんて、意地悪く思っちゃいます(笑)
そりゃ創造性豊かな写真は違いますよ。
すくなくとも僕の写真に「著作権」はありません。
すべて「事実」ですから。
ただし、人物が写ったものには「肖像権」はあります。

右に(スマホは下方)リンクしてる「岩下俊三のブログ」の岩下さんも
記事の著作権を放棄してます。その理由が素晴らしい。
僕みたいに四の五の言わず、ただ「私有財産の否定」。
こりゃ日本共産党、一本取られましたねw




えー、こ難しい話はこのくらいにしましょう・・・
念願の暗室は自宅及びスタジオの新築で実現しまして、
お座敷暗室から苦節15年くらいかな?
そんなに苦労したわけでもないですがw

で、初めて暗室と「呼べる」ものを持ったのが確か高2のとき。
暗室セットを買うのに高知では有名なアマチュアカメラマンの方に
キタムラカメラ本店を紹介していただきました。

その方の家には立派な「暗室」がありましたけど、
僕なんかのは自室の雨戸を閉めての急こしらえの暗室なわけです。
当然水も来てません。
バイトで貯めたなけなしの金をはたくわけですから
暗室カーテンまでは手が回りませんでした。
昼間だとどこからか光が漏れてきて薄ぼんやりと明るいわけで、
夜しかできない暗室なんですけど、それでも嬉しいもんです。

ある日、紹介していただいた方の息子さん(小学生)がウチに遊びにきました。
僕の部屋で遊んでいると

「お兄ちゃんの暗室はどこ?」

と聞きますので、
できたばかりの暗室、少し得意な気分で雨戸を閉め、暗くなったところで

「ここだよ」

と言うと

「これは暗室じゃないよ。ただの暗闇だよ」

泣きたい気分・・・



20170625.jpg
<待つ女/本文とは全く関係ありません>





←クリックお願いします(m_m)

コメント
この記事へのコメント
早く会いたいですね
2017/06/25(日) 22:19:45 | URL | みゆ #-[ 編集]
うん、
早く生活綴方写真を撮りたいね♪
2017/06/25(日) 22:56:00 | URL | TAMARA #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック