FC2ブログ
オリジナルプリントですよ
昔、ウエディングの写真を頼まれたらモノクロで撮り、手焼き。
クリヤファイル見開きの片側に6切に伸ばした写真を収め、
反対側に紙を適当にカットして張り、それに歌詞を書いたりしてました。
歌詞はビートルズやピンクフロイドが多かったです。
そりゃ「愛」ある歌に決まってます。
失恋や別れの歌なんかは載せません。
出会ってから結ばれる過程的な歌詞、ですね。
必ず使ったのはビートルズのアクロス・ザ・ユニバースと
ピンク・フロイドの「あなたがここにいてほしい」。
対訳は岩谷宏さんのが多かったです。

でも、今はフォトショップなんかで簡単に、
写真の中に文字を入れ込めるのでいいですね。
で、写真集なんかも一冊からできちゃったりするんで便利です。
たまに作ってますよ。

20170624a.jpg

倖田來未好きの女の子のCD写真集です。
仮の名「kuu」になりきって撮影しました。
「本」にすると家族に見られるかもしれないのでCDにw
パッケージは見られても無難な写真で、が希望w
限定1枚だけどいつでもすぐに追加作成できます。

20170624b.jpg

東京に旅立つ女の子の高知での記念「もしも明日が晴れなら」。
限定2冊ですw

限定一部で、オリジナルプリントで作ってた時と比べると
プリント(印刷)のクオリティでは負けますが、
デザイン面で自由にできるのがいいですね。
同じ品質のが何冊でもできるのも強みです。

オリジナルプリントというのは撮影者自らが
プリントした写真のことで、通常値段が高いです。
目玉が飛び出そうになるくらい高いのもあります。
高いといってもそりゃ名のある写真家の場合で、
なんでもそうですが「欲しい」人がいなけりゃダメなわけで、
いくら「オリジナル」と銘打ってもしゃーないものはしゃーないですね。
おまえのは?ですって?
後ほど明かしますw


で、昔々あるところに、TAMARAじいさん・・・
おっとそのころはまだ若かったのでTAMARAさんとしときましょう。
その、TAMARAさんというカメラマンが住んでいました。
TAMARAさんの自慢はやっと手に入れた暗室で、
流しに大全紙のバットが3枚並び、
他に水洗専用の流しも備え付けてありました。
大全紙のバットが3枚並ぶということは、
身長171cmのTAMARAさんが流しで寝られる程の広さです。
TAMARAさんがやっと手に入れたというくらいだから、
カメラマンといえども暗室を持ってない人は多く、
あったとしてもお座敷暗室に毛が生えた程度・・・
というのが高知のプロの現状でした。
「白黒写真」という一点において、
プロよりもハイアマチュアのほうが、
設備に限らず、テクニック的にも上だったと思います。

で、そんな状況だからプロ・アマ問わず、暗室設備のないカメラマンが
TAMARAさんの暗室を利用することもちょくちょくあり、
K岡という若いカメラマンからも、暗室を貸して欲しいと電話がありました。
知人の子どもの七五三を、先方の希望でモノクロで撮ったとのこと。
たまに撮影を手伝ってもらったりしてたK岡くんだから二つ返事でOKです。

約束の日、K岡くんがやって来ました。
これがあれであれがどうのこうのと機材その他簡単な説明をし、
ほんなら頑張りやと暗室を後にするTAMARAさんにK岡くんが

「焼きを教えてください」

・・・と。
プリントに関しては、高知でも唯一尊敬できるカメラマンである
T築さんにも褒められたことのあるTAMARAさん。
教えてくださいと言われれば悪い気はしませんw
ほんならということで暗室に一緒に入り

「とりあえず1枚焼いてみいや。どこをどうするかはそれからよ」

と。
驚いたのはその後。
何をどうしたらイイのか全く知らない。
プリント作業は初めてとのこと。
僕たちの時代はモノクロから始まったのに、
若い世代は違うんやなあ・・・と驚きながらも
とりあえずイチから教え、何枚かのプリントを仕上げて無事終了。
良かったね、ということでこれで終わってしまえばなんのことはない。
驚くのはこれから後です。

で、K岡くんが

「いくらくらい貰ったらいいでしょうね」

と聞いてきた。
ギャラのことらしい。
んなもん自分で決めろよと思いつつ

「撮影料にプラスしてプリント代もろうたらえいがやない?」

と僕、あ、違った、TAMARAさんw

「TAMARAさんやったらいくらくらい貰います?」

「まあ、僕やったら撮影料15000円にプリント代が1枚1000円かな」

(TAMARAさん、良心的値段!w)

「プリント代1000円って安すぎません?」

「え?そんなもんやお。ラボに出したってそんなにせんし、安くはないやろ。なんで?」



「だって、オリジナルプリントですよ」



ひょえーーーーーーーーーーーーー


オマエなあ・・・と戒めたけど、
実際いくらもらったかは聞いてないですw







←クリックお願いします(m_m)

コメント
この記事へのコメント
プリント原価
今だと、バライタ大四切1枚が、380円くらいするので、5枚焼き直しで仕上げても、1900円かかる。細かいけれど、作業代、薬液代、水道代、電気代とか考えると、いくら請求するのかな?
2017/06/25(日) 08:18:55 | URL | M #-[ 編集]
お客さんにとって
焼き直すということはただ「ヘタ」でしかないわけだから、それを理由に価格設定はしません。ただ、ワンオフ物だから通常のプリント代よか若干高いです、程度には言いますね。

したがって今だと2000円くらいかな?それでも数カット仕上げたら結構高くなるよね。なので、六つ切りで焼いて1500円!
2017/06/25(日) 15:50:36 | URL | TAMARA #NqNw5XB.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック