FC2ブログ
あんた、もっと早ぉ撮らんと・・・
明日の運動会は早々と順延。
主任の先生から電話がありました。

重なったので代わりの者が行きます。

と伝えると。

え〜
TAMARAさんの方がえい。

そりゃそう言われるとうれしいけどそうもいきません。
もうひとつの姉妹園は人数も多いし運動場も広く大変なんです。
1クラス30人として、それが2クラスあれば、親子競技なんか
フィルム時代は撮っても撮っても人が湧いてくるようで、
フィルムの残り枚数を考えながら撮るのが大変でした。
もちろんカメラは2台体制。最盛期には3クラスあり、
親子競技は一組づつ撮るので途中でフィルム交換必須です。

主任の先生、以前はそんなこと言ってなかったんですけどね。
「代わりが行きます」と言っても「分かりました」程度w
自分の子供が入園してから「ええー」とか、大げさになりましたw
なんでも私のほうが子どもの「表情」がいいらしいのです。
フリーになる前の写真屋に勤めてたときにも、
婚礼のスナップなんかは指名で電話がかかってき、
理由はやっぱり「表情」。

よく分からんのですよね。
1対1で撮るポートレイトとかだったら分かるんだけど、
スナップですよ。こちらがこうしてああしてと指示を出すわけでなく、
相手がしてることを「勝手」に撮るだけの。
「表情」がいいのは僕の腕ではなく、被写体のおかげです。
それをこっちは撮ってるだけ。
特に幼稚園の運動会なんて、いい表情を待ってるヒマはない。
次から次へと撮っていかないと全員撮りきれません。
表情が良かったとしても「たまたま」です。
幼稚園の撮影で一番大事なことは「全員」写すこと。
シャッターチャンスはその次です。


私の幼稚園運動会スナップデビューは惨憺たるものでした。
「4時から師匠と花札勝負」の写真室に勤めてた頃、
師匠が身内の婚礼で東京に行くことになりまして、
行きゃあいいんだけどあいにく幼稚園の運動会と重なったんですよね。
で、「お前が撮れ」と。
はい分かりましたなんだけど店のカメラはニコンF。
ちょっとフィルム交換がメンドイので使い慣れた自分のF2で撮ることにし、
当時自分は28mmと500mmのレンズしか持ってなかったもんで
店の35mmを借りました。
師匠は「運動会のスナップは35mm1本でえい」という考えでしたし、
ズームレンズなんて持ってませんでした。

ま、こんなことは関係ありません。
さて、本番です。

秋晴れのもと、絶好の運動会日和でした。
入場行進やかけっこなんかはなんなくこなしたんだけど
フィールド内でのダンスとなりました。
ダンスというかお遊戯ですかね、幼稚園だから・・・

入場が終わりフィールド内に輪が3つか4つできました。
その時です。フィールド内に保護者が「乱入」し、
子どもたちの輪を取り囲み、二重の「輪」が3つか4つ。
なんと、保護者立ち入りOKだったんです(・o・)

子どもたちは踊るには踊るんですがバラバラw
顔もあっち向いたりそっち向いたり、ろくに前を向きません。
周りでは「保護者」が撮っている。
自分の子どもだけを「狙い撃ち」に撮ってる保護者に
「負けない」写真を撮るには、ファインダー内の3〜4人がちゃんと
前を向いてるとこを撮らねばとは思うんだけど、
前記のごとくそうはいかない。
時間だけは無情に過ぎていく・・・
焦りながら撮ってると、園長(*)が近寄ってき

「あんた、もっと早ぉ撮らんと(ダンス)終わるぞね」

小声で呟きました。

シャッターチャンスは二の次・・・このときの教訓です (^o^)v




もちろん、半分くらいしか撮れてません



(*)園長は師匠のおばでした。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する