FC2ブログ
過信もほどほどに・・・の巻
妻はまだなにも言いません。
台風前夜w
てか、「代車」だと思ってるのかもしれません。

昔、車がぶち壊れ、
新車がすぐには間に合わず、2週間くらい
代車に乗ってたことがあります。
「何に乗りたい?」と聞かれたので「GTB」と。
「できたらマッキントッシュのステレオがついたヤツ」
を希望しましたがそこまではかなわずw

代車で来たレガシィGTBはミッション車。
ぶち壊れたレガシィグランドワゴンで
初めてオートマに乗ったわけですが、
既にミッションの感覚なんて忘れてる。
スピードもでるし、最初は面白かったんだけど
最後の方はもうしんどかったです。

20180915.jpg

写真は日没後の薄明かりの残るうちに撮り、
フォトショップで月夜の写真風に加工しました。
松の上に見えてるのはおっ月様こんにちは、です。

この写真の撮影日は2004年7月28日。
ということは、このあと乗ることになる
フォレスターはその年から2008年までの
4年くらい乗ったってことになりますね。
だいたい10万キロで変えてるので1年約2.5万キロ。
まぁまぁの仕事量こなしてたみたいです。
車の走行距離で仕事量が分かるカメラマンなんですw
高知県は東西に長いので大変です。
香川県だともっと楽だったろうに、と思いますw

20180915c.jpg


敬愛するカメラマンのT築さんは、室戸岬で朝日のだるまを、
宿毛でだるま夕日を撮ったことがあるそうです。
もちろん同じ日に(・o・)
今から少なくても40年は前のことだから道路事情も悪く、
移動だけで大変だったことでしょう。
室戸→宿毛じゃないですからね。
高知→室戸→宿毛→高知ですからね。

僕が東へ西へと仕事してた30年ほど前、
高知→室戸が2時間、高知→宿毛は4時間ほどだったので、
当時、宿毛→室戸間は車で6時間以上はかかったと思います。
「だるま」になるのは冬ですから、日照時間は短く、
しかも4×5での撮影。飯食う暇もなかったことでしょう。


実は、フィルムでの一発合成撮影のやり方はT築さんに教わったんです。

合成撮影も過去の話→コチラ
その種明かし→コチラ

「教わった」特殊テクだということもあり、
僕は自分の年賀状撮影にとどめたんですが、
同時に習った、若い衆から「大先生」と慕われるN島くんは
こともあろうに仕事に使い大失敗。
僕はT築さんの教えのとおりに4×5で撮って、ま、成功かな?
という上がりだったけどN島はハッセル。
フィルムパックを一旦外してつけ直すときにズレちゃったんですね(*)。
なので被写体の周りに黒い「影」が出た。
某タウン誌の表紙で撮ってたんだけど、それを見たとき
まさかこの「合成撮影」テクニックを使用したとは思わず、
ブツの周りに黒い影が出た、変な写真やなあ・・・と思いました。
あとで聞いてビックリ。ハッセルでいくわけないやろが。
過信もほどほどにしとかにゃいけませんw

・・・というか、失敗と分かってるのによく使ったわ。





(*)当たり前なんだけどw




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する