FC2ブログ
イルカと泳ぐ
今日も忙しいので手抜きw
秘蔵w DVDから「ドルフィン・グライド」を。
出張中の方はこれ見て癒やされて下さい。

クリスタル・ボイジャーのジョージ・グリノーが、
普段から撮りためていた「イルカ」の映像を
劇場用に編集した作品です。

この方、カメラといいボートといい、
何からなにまで自分流に改造してしまう・・・
といった「DO IT YOURSELF」的人生を歩んでる人で、
僕の好きなタイプの人間です。
水中ハウジングは改造でなく一から自作だしw
まずはその映像を。


<ドルフィン・グライド(本編>


初っ端から泣かせてくれるでしょう?
感動モノの映像ですよね。
で、本編は21分と短いのですが、
メイキング映像が26分付いてます。
本編よかメイキング映像が長いという珍しい作品ですw
本編があまりにも短いためか、
劇場ではメイキング映像も同時に上映されたようです。


<メイキング映像>


ジョージ・グリノーがフィルムを
確認するシーンがありましたが、
ルーペを使わずニッコールレンズで
確認するあたり笑わせてくれます。
標準レンズかな?
キヤノンではこうはいきませんね。
なぜならボディから外すと最小絞りになっちまって
とてもやないけど暗くてルーペの変わりはできない。



昔、クジラの撮影に行ったけどクジラは現れず、
イルカの大群に遭遇したことがあります。
船長の長岡さんがイルカとランデブーするように船を操ってくれ、
クジラは見れなかったけどいい想い出です。
「息子(4代目朝潮)が買ってくれた船」と言ってました。

その日は快晴で、文字通りの「青い海青い空」でした。
けど、元捕鯨船砲手の長岡さんが言うには
そんな日にはクジラは出ないそうで、
今にも雨が降りそうなどんよりとした日に現れる確率が高いそうです。
なので最初から半分諦め、みんなビール片手に遊山気分・・・海だけどw
車の運転は僕ではなくデザイン会社のスタッフだったしね。
クジラの写真が撮れると決まってるわけではないので、
諸費用はデザイン会社が持ち、撮れたらお互いが使用権を持つ
という条件で仕事を引き受けてました。なのでこっちも気楽w
僕たち関係者以外は同船してなかったし、船酔いする者もいず、
ワイワイワイワイと、楽しい初夏でした。


桂浜の西方に白◯というレストランがあったのですが、
キャッチコピーが「青い海、青い空。今にも鯨が現れそうな・・・」。
コピーが災いしたのかほどなく潰れました・・・




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する