FC2ブログ
準備万端整えて・・・
昨日、シャボン玉石けんの「台所用せっけん液体タイプ」と
「洗濯用粉石けん」をヨドバシカメラに注文しました。
電気屋がカメラを売り、カメラ屋が日用雑貨を売る変な時代ですが、
Amazonよりヨドバシのほうが配達日が当てになってて予定が立てやすいのです。
Amazonなんて、配達予定日が一週間も幅があるのもあるしね。
大概はすぐに来るんだけど、来ないかもしれない
可能性があるんだったら予定が立てられない。
で、サイトでの確認では「台所用せっけん液体タイプ」が明日、
「洗濯用粉石けん」が明後日の配達予定でした。

出荷メールが来てたので郵便局のサイトで13時ころ確認すると、
「台所用せっけん液体タイプ」 は今日の2時ころ着いて配達予定日は明日。
「洗濯用粉石けん」は今日の12時すぎに着いていて、配達予定日は明後日。

ん?です。
着いてるなら今日持って来てとは言わないけど、
明日一緒に持ってくりゃいいじゃん。
その方が配達員も一度で済むし、僕だって
配達されるのを今か今か(*1)と2日も待たなくて済む。
電話しよっと、電話しました。

できません

ですと。
理由は配達日「指定」の荷物だから。
メールでは配達「希望日」となってるけど、
ヨドバシは郵便局に対し配達日を「指定」しているらしい。
希望日だってこっちが希望したわけじゃない。

別に僕が明後日を指定したわけやなく、
ヨドバシが勝手にそうしたがやき別にえいやいか。
配達員の方だって明日だけで済んだら楽やいか。
大変ながやろ?宅配業界は。

と言ってみたけど

配達するまでは荷物は送り主の物ですので、
送り主が明後日に「指定」している以上明日の配達はできません。

アタマカタイ。

てことは、確認はしてないけど取扱局に引き取りに行っても
渡してくれないってことだよね?今日の時点では荷物は
まだ「僕」のものでなく、ヨドバシカメラの物だから。

ま、何かあったときに困るってことやろうけど、
そんなんでよくキズナきずな絆・・・なんて言いますわ。
「絆」ってのはお互いに「信頼」してなきゃ生れないでしょうに。

やっぱ宅配業者はヤマトが一番やわ。
融通きくし、来る時間はアテになってるし♪


と、気分の悪い夜ですけど、みなさんはいかがですか?
こんなときは素敵な写真集を見て落ち着きましょう♪

昔、神田の古本屋さんでこんな本を買いました。

20170926.jpg

若林のぶゆきという方が、1955年から1961年(作家が16歳から21歳)
にかけて、横須賀や東京、横浜といった地域の赤線を歩き回り、
たまには怒鳴られもしながらほとんど隠し撮りで撮った写真集です。

撮影済みフィルムを取り上げられたことがあり、それが悔しかったので
「フィルムを出せ」と言われたら背を向けてフィルムを巻き上げ、
一瞬のうちにそのフィルムと新品フィルムとを差し替える練習をし、
実際の現場では相手の目の前で差し替えたフィルムをパトローネから
引き出し感光させて「これでいいか?」と難を逃れた・・・
みたいなことが書かれてました。相手に渡し、それを現像されたら
「何も写ってないやないか。あのヤロウ」ってなりますからね。

紙はわら半紙で、決して美しい写真集ではないけれど、
その圧倒的なリアリティにドキドキしながらページをめくりました。

元値100円の本に、まんだらけ通販では70,200円の
値が付けられたこともあるみたいです。


来年1月31日深夜に皆既月食がありますね。
僕はこんなコンパスを作り、いつもだいたいの検討をつけてます。
2012年6月4日の、日没直後の部分月食を例としてあげてみます。
古いですねw

で、僕は「ブルー」よりもピンク、しかも「天神ピンク」がライフワークなので、
日没直後の月食だと、ラブホ街(飛び飛びで3軒しかないけどw)には
残照が差し込みホテルのすぐ上に欠けた月が・・・という、
これ以上にない素晴らしい写真が撮れる・・・はず。
まるでアンセル・アダムスのような・・・。


食開始/18:59
最大食/20:03
食終了/21:07

月出方位角/117度
月没方位角/244度
日没方位角/297度

以上のデータから作ったのが以下の作戦地図。

20170926a.jpg

天神橋の北の方からホテル街(川の南側沿い)に向け撮影するとして、
①が月の出の方角です。
地図には載ってませんがその方角にはキャッスルというホテルがあり、
「塔」が建ってるんです。その塔と月がうまく絡めば「絵」になるんですが。
②が月が沈む方角。
③は日没の方角です。
ホテル街を残照が綺麗に照らす・・・はずです


月食データはじめ地図や分度器まで
全てネット上に転がってます。
それらを使って作戦地図を作れるんですから
便利な世の中になったもんです。

ではその作り方w

まずWeb上に提供してくれてる地図を開き、
そのモニターをPCのカメラ機能で撮る。
それをフォトショップで開き余分な部分をカット。
撮影地点でガイド線が交わるようにしておく。
(ガイド線は画像として残らないので写ってない)

20170926b.jpg

分度器をダウンロードし、
ガイド線が交わった地点にその中心を重ねる。
地図は基本上が北なので
分度器の0度が真上に来るようにしておくと便利。

20170926c.jpg

新規レイヤー上に
月の出ほかの方角をひく。

20170926d.jpg

必要とあれば方角に数字を打ち込み
分度器を消去。

20170926a.jpg

地図とは別のレイヤーに方位を記入したため動かせます。
天神橋の南で撮ればどんな具合かな?

20170926f.jpg

ホテルベルの方角からお月様が出てくることが分かります。
さあ、どこで撮りましょうか?

というふうになかなか便利だし、
その日のことを考えただけで楽しいですよ。
さて、結局2012年6月4日は作戦通り上手くいったのでしょうか?

結果は、雨やったです(笑)。
人が準備万端整えたときはいつもこんなもんです。
リング日食の時もそうだったし。



(*1)郵便局は取扱局が遠くて、しかも配達員によって道順が違うらしく、
8時過ぎに来る人もおりゃ11時半くらいになる人もいたりと、困りモノなんです。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック