FC2ブログ
「自動ドアにぶつかり出血した事件」
20170924.jpg

今日の撮影ではないですが、
追手筋という、日曜市のたつ通りに何か建ってます。
文庫本みたいな、冴えない色使いのこの建物は、
そうです、図書館ですw

なんか、県立と市立が一緒になるみたいで、
プラネタリウムも備わるそうです。
どんなにいい設備がそなわろうとも、
プラネタリュウムも解説員次第ですね。

昔は仕事や会なんかであっちこっちしましたが、
プラネタリュウムがあれば時間の都合さえつけば必ず行きました。
そんな中で、設備は立派だけど話の内容が「神話」中心、
てなとこがあって愕然としたことがあります。
とっつきやすくするために多少神話が混ざってもいいけど、
科学を学習する場で神話ばかり聞かされてもなあ・・・
という思いで館を後にしました。
それに比べ、高知のプラネタリュウムは良かったw
誰が解説するんだろう?今から楽しみです。

けど、今、高知市には図書館を始め市役所本庁舎、
消防本庁舎、消防北庁舎、消防訓練所といっぱいできてます。
日赤も移転するらしいし、高知市って金あるんだね。
ゴミ有料化の話がしょちゅう出るけど、する必要ないみたいw


さてさて、昨夜は楽しかったですよ。
みんな40半ば、この住みづらい世の中で、懸命に生きてます。
親の後を継いで農業や自営業をやってるヤツとか、
3人の子を産んで離婚したばかりとか、10才年下の男性と結婚したとか、
かたや45才男が20才の女の子と先月結婚したとか、驚く話もありました。
45才男、義理の母が4つ上、義父が5つ上で、メチャクチャ話が合うそうですw

そいつがまた物覚えがよくくだらん事を覚えてて、
僕が自動ドアにぶつかり顔面出血した、人が忘れてたことまで覚えてましたw
全く胸糞悪い事件でした。

その日は僕たち講師陣も含めた職員会議だったんです。
当時、その学校には、グラフィックデザイン科・まんが科の他に
建築デザイン科というのがありまして、この建築デザイン科にだけ
専任の教師がいなく、全員講師で回してたんです。
その日の会議に建築の講師が何人来てたのか忘れましたが、
一人の女性講師が

授業中生徒が騒がしい。なんとかしてくれないか。

と発言したわけです。
なんとか言われても、職員も困るろ。おまんがしっかりしろよ。
と僕なんかは思うわけで、でも、なんとかしてくれと直訴された
学校側職員はそうもいかず、いろいろなだめたりしてました。
それでもその女性講師は納得せず、時間は延々と過ぎるばかり。
職員会議でも僕たち講師は時間給が出るのでいいけど、
職員の方たちはどうだったんでしょうねえ。

で、金がでるからいいってものでもないし、
あまりに時間ばかり過ぎ、なんら解決に向かわないしで、
しびれを切らした僕は挙手後、こう言いました。

僕もね、講師なんて生れて初めてやってるし、騒がしい生徒はいますよ。
でも、そんな生徒が「ん?TAMARAのヤツ、何言ってるんだ?」と、
振り向いてくれるような授業を目指してます。できてないけど・・・

場がシーンと静まり返り、その女性講師も口は挟まず、
司会役の先生が「この辺で・・・」と閉めてくれました。

これで終われば次の授業で

「オレのひと言でヒステリック講師が黙った」

とか自慢wできたわけですが、
なかなか世の中そうはなってなく・・・

お開きになり、僕もいいかげん腹が立ってたので颯爽と部屋を飛び出し、
駐車場の有る裏口に向かったわけです。
で、いつもは人の気配を感じて開くはずの自動ドアが開かず・・・
ガッツ〜ん。夜間なので自動ドアのスイッチは切られてたのです。

「TAMARA先生!大丈夫ですか」

まっ先に駆けつけてきたのが例の女性講師w

くっそう〜

と思ったものの

「血が出てますよ」

とか言われ、手当までされてしまいました(笑)
僕もこのままですんだら悔しいので

「掃除が行き届いてますね。ガラスがあるのが全く分からなかった」

とか、負け惜しみを言った覚えがあります。

これだともう、笑い話にするしかないでしょw
誰も僕が言った「カッコいい」ひと言(*1)は覚えていず、
「ワイアット(*2)自動ドアにぶつかり出血した事件」とだけにされてますw



(*1)
後日、職員の方が「私達職員は、机の下で手を叩いてました」と言ってたw

(*2)
ワイアットはイージーライダーでのピーター・フォンダの役柄。
どういうわけか生徒は僕のことを「ワイアット」と呼んでた。
てか、呼ばせてたという話もあるw



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック