FC2ブログ
長すぎやろ
まだまだ昼間は暑いです。
暑いけど、いくら素麺があまってるからといって
冷たい素麺って気にはなれず、昼は温麺です。

20170925a.jpg

今日、アシスタントで来てもらった子に

「ウチの子に、いらんこと教えんといてくれる」

と怒られましたw
日本語訳だと

私の子どもに、くだらない事教えないで欲しい

となります。
なんのことか分からないので聞くと。

「目玉のおやじ」

とひと言。
そういえば以前、その子が子ども連れで遊びに来てた時、
子どもが、耳掃除をしてる僕の側にやってきて

「あ、目玉のおやじや」

と、目ざとく言うんで、僕が目玉のおやじの
ある秘密を教えてあげたことがあります。
子どもってのは覚えたことはすぐ披露したくなるものです。
特に、友達の前なんかでは得意気に。
で、保育園で、男の子の間で「目玉のおやじ〇×〇×ながい」
という言葉が呪文のように広がってるそうで、
まあ、あまり褒められた言葉でもないのでと、
元を探ればその子の子ども・・・だったという次第。


では、当日の再現ですw

「あ、目玉のおやじや」

「よぉ知っちゅうねえ。けど、目玉のおやじの秘密知らんろ」

「知らん」

「知りたい?」

「うん」

「教えちゃおか」

「教えて」

子どもは、少し焦らすくらいにするとよくなつきますw

「これ、よく見て」

20170925b.jpg

「ほら、分かる?」

「わからん」

「真ん中は何?Hクンもあるろ」

「チンチン」

「そう。見てみいや、目玉のおやじのチンチン」

「ながい」

「そうよ。目玉のおやじのチンチンは長いがやき」

と、「秘密」を教えたけど、子どもは助詞を省きますので

「目玉のおやじチンチンながい」

になったのです。
なかなかリズムがイイw

男の子たちが園内を

「目玉のおやじチンチンながい」
「目玉のおやじチンチンながい」

と言いながら行進してたそうで、
そりゃ先生も頭を悩ますことでしょうw

この目玉のおやじ、
実は耳堀りです。長いわけです。

20170925c.jpg

僕は「目玉おやじ」だと思ってたんですが、
正式には「目玉のおやじ」だそうで・・・




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック