FC2ブログ
自由である、ということが男の魅力の前提条件だ。
岡本太郎さんが好きです。
大阪万博で太陽の塔の実物も見たし、
フィギュアも2体持ってます(笑)

20170828a.jpg

どんな人間であろうと、
ひたむきに、
いまを生きている姿は
切なく美しい。

わたくし、よく言われてたの。
お前さんは頭もよくないし、
センスがいいわけでもないけど、
本当のことしかいわないからいいよって。

弱くたっていい。
そういう自分のまま、貫きとおすんだ、
と覚悟を決めるのよ。

男は力がなければいけない。
私はなにも威張っていろとか、
暴力的であれと言っているのではない。
静かで、ふだんはおとなしくても、
存在感がある、という男に女は弱い。



岡本太郎&岡本敏子「愛する言葉」から
敏子さんのメッセージの抜粋(タイトルも)です。

20170828b.jpg


太郎さん、敏子さんの言葉に浸ると、
あまりにも小さな自分がアホらしく思えるけど、

その小さなままの自分を恥じることなんてないじゃない。
自分は自分。
その小ささを貫けばいいんだよ。

って気づかせてくれ、悩みも吹き飛びます。

昔、

「グラスの底に顔があったっていいじゃないか」

と、ロバート・ブラウンの「オマケ」として「顔のグラス」が付いてました。
グラスの底に顔がありウイスキーを飲み干すと
その顔が表れるというものでしたが、
芸術家がタダで配るオマケをデザインするってことは
当時としてはかなりショッキングなことで、
画商などからは

「価値を下げるようなことはするな」

などとかなり文句を言われたそうです。
でもそこはやはりタロウさん

「タダなんて、なおいいじゃないか」

と、涼しい顔(*)だったようで、
タロウさんって、やっぱ素敵ですね。



(*)実際はあの、目をひん向いた暑苦しい顔で語ったんだろうけど・・・w





←クリックお願いします(m_m)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する