FC2ブログ
いい機材は美しい♪
「オレはハートで写真を撮るんだ」

と言って胸の辺りにカメラを構え、
ノーファインダーで写真を撮ってた先輩がいて

「じゃ、僕はナニで写真を撮りますワ」

と先輩を茶化したってのは前に書きました が、
ストラップはどうしたんだ?って話になりますね。
当時そんな長いストラップはありませんでしたから。

なけりゃ自分で作る以外ありません。
幸い「紐」でいいわけですから自分でもどうにかなります♪
その辺で適当な紐を買って来てそれを三つ編み(*1)にし、
へそ下10cmくらいにカメラが位置するようにストラップを作り

「ジミー・ペイジだぁ」

と言ってカメラを構えてました。
先輩はさしずめ田端義夫w

でも、歩く度にナニが刺激を受け、
実用には不向きですぐにやめました(笑)

なけりゃ自分で作りゃいいワ

ってのが自分のライフスタイルです。
そうは言っても見てくれはともかく、
紙や木材なら素人細工でもなんとかなるものはなるんですが、
こと金属ともなるとそれなりの設備や経験、
技術がなければなんともなりません。
だから鉄工所なんかの仕事にはギャラが安くても喜んで行きましたね。
そこの誰かと仲良くなってりゃいいことあるからです。
バイクのワンオフ部品なんか、けっこう作ってもらいました。

で、カメラの機材って、けっこうそういう

「(自分が使うのに)市販にいいのがなかったので自分で作った」

のが事の起こりのメーカーって多いですよね。
バッグメーカーしかり、三脚メーカーしかり。
バッグだとテンバは山岳カメラマン、
ドンケは報道カメラマンだったと思います。
ストラップのブラックラピッドはウエディングでしたね。
変わったところではバッグのクランプラーは、
自転車で書類なんかを運ぶメッセンジャーだったとか。
メッセンジャーバッグにいいのがなかったので自分で作って
使ってたところ、それを見たカメラマンに広がっていったようです。

で、以前、サイト見てた ら「こりゃいいワ」ってのがありまして、
そこもそういったメーカーでした。雲台作ってるとこです。

雲台といってもお分かりにならないかもしれませんが
三脚の上部にくっついてるアレです。
普通、三脚と雲台が一体となってますので
三脚といえば雲台も含めてるのが一般的になってますけど、
実際は別なんです。とりあえず写真をどうぞ。

20170816.jpg

カッコイイでしょ?
カッコイイ以上に、コレ、優れものなんですよ。
通常すべりを良くするためにボール部分にグリス等を塗ってるんですが
コレはその必要がないんです。
だからベトベトしないしボール部分に埃がくっついて動きが悪くなる事もない。
技術的進歩なんでしょうか?それとも素材の改良か?

そんなことよりデザインですよ、デザイン。
コレって、天体望遠鏡のヨーク型赤道儀に似てません?

20170816b.jpg

写真で、白い骨組みの部分が望遠鏡です。
それを支えてるのが架台。架台の先は天の北極(*2)を向き、
その角度は望遠鏡を据え付けている地域の緯度と同じ。
なので、カメラの雲台の方は、さしずめ緯度45度の地域用ですねw

20170816c.jpg

この日の撮影は幼稚園児の集合写真。
カメラはニコンDfに24-70mmF2.8。
Dfにばっちり似合ってます。
雲台と三脚の間にはスリックのレベリングユニットを入れ、
水平出しが簡単にできるようにしてあります。
パノラマ撮影なんかの時は水平出しをきちんとせないかんですからね。

カメラのアクセサリーシューに差し込んでるのはProfoto社のAir Sync。
シャッターを切ると、ヒョローンと電波が飛んでいき、
光速で受信部に達しそれに繋いだストロボが光ります(*3)。

20170816e.jpg
<受信部。設定を変えれば発信もできる>

20170816d.jpg


外での撮影なのでAC電源用のライトは使えず、
クリップオンストロボを3台使って各ストロボの出力を絞り、
ある程度の連写ができるようにしてあります。
ひとつにはニッシンの外部電源を繋いで出力1/2。
あとの2つは単3形エネループで出力1/4です。
あくまでも「補助光」なのでこのくらいの出力でいいです。
あまり強く当てると不自然になりますからね。
ニコンのSB80-DXがシンプルで使いやすいんですが、
製造中止品なので壊れたらヤフオクで仕入れていますw
壊れたといっても海に落下したとか、です(笑)

ある時期以降のストロボは消防法かなんだか知らないけれど、
連写し、高温になったら安全装置が働き光らなくなるんで困ったもんです。
この頃のは消防法改悪前なので壊れるまで光りますw
息子にあげたSB-800(*4)なんか、発光部前のパネルが溶け、泡吹いてます(笑)
それでも壊れないのに、消防法っていったいなによw


PS:今日はなんか、写真サイトらしい記事でした(笑)



(*1)最近は四つ編みもできるようになり、ニコンS3オリンピックは四つ編みで作りました。
(*2)南半球の場合は南極
(*3)別売りの専用コードを使えば、カメラのシャッターを切ることもできます。
(*4)D500を買ったときSB-5000も買ったので、SB-800は息子にあげた。





←クリックお願いします(m_m)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する