上には上がいる
先日、フランス帰りのTクンのことを書きましたが、
高知にはイニシャル「T」がたくさんいまして、
ただ「T」と書いただけでは誰のことだか分かりません。
私もTですし、全国的に有名な「波」のTさんもいます。
最近ではなんとかブルーのTとして、同業者だけでなく
一般の方々にもその名を知られているようです。
ま、僕はあんまり好きではありませんがw

で、今日の主役某「T」さん。
大先輩で、僕が敬愛するカメラマンの一人ですが、
その方に昔聞いた話で印象に残ってるのが
だるま太陽を撮る必要が生じ、朝日を室戸で、
夕陽を宿毛で撮るために一日でその距離を移動した・・・
そうで、昔のことで道も整備されてなく、
なかなか大変だったらしい。 てか、今でも大変ですw
だるま太陽は冬場なので日の出日没間も短いしね。
その距離って何キロ?ってことですが、
室戸岬−足摺岬間が240km(*)なので
宿毛も同じくらいじゃないかな?

朝室戸行って日没までに宿毛に立つ・・・
それがどんなに大変かは、高知-室戸間を往復しただけで、
今日は良く働いたとビールが美味い私が保証します。
高知-宿毛間ならもっと満足しますw
下戸の私でも2杯飲みます♪
高知-室戸-宿毛-高知だと酔いつぶれますw
てか、きっとどこかで寝てますw

でも、こんなことで驚いてはいけません。
世の中にはものすごい猛者がいまして、
Tさんの経験なんて、武勇伝でもなんでもありゃしない。
あ、いえ、Tさんが武勇伝風に語ったわけではありませんよ。
そんな事は絶対しない方です。
僕が猛者だなあと思っただけですから。

で、話を戻しまして、
1日250~300キロ走破を毎日休みなく、しかも3年間。
それだけで驚いちゃいけません。
そんな方が7人もおいでる代議士の事務所があるのです。

鈴木俊一五輪担当相(衆院岩手2区)が代表を務める 資金管理団体「清鈴会」が、2013~15年の3年間にガソリン代を計1412万円支出したと政治資金収支報告書に記載していたことが9日、分かった。

 鈴木氏の事務所は「7人が政治活動に車を使用した」と説明しているが、高額過ぎるのではないかとの見方も出ている。

 報告書や事務所への取材によると、ガソリン代の支出額は13年が491万円、14年が382万円、15年が539万円だった。15年1月には1回分の支払いが174万円に上るケースもあった。

 同事務所は「岩手県は土地が広く、当時7人が車を1台ずつ使用して各地を回った。1人が1日250~300キロは走っている」と説明した。

 ガソリン代をめぐっては、民進党の山尾志桜里衆院議員が代表を務める政党支部が12年に429万円を計上したとして問題視され、調査の結果、元秘書が不正に請求していたことが判明した。 



今日のお話は、
上には上がいるってお話でしたw



(*)実際は自宅からの移動なので往復、つまりは480キロになりますねw
高知は東西に長いので大変です。







←クリックお願いします(m_m)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する