fc2ブログ
勘違いしてた
食品関係の仕事をしてる友達に頼んでおいた
珈琲豆が入荷したと連絡があったので取りに行ってました。

20200620a.jpg

グアテマラとマンデリンを主に飲んでますが
双方ともに1キロ1,000円。
焙煎豆は100g450円くらいしてたのでかなり安上がりです。

焙煎は温風式のでおこなってます。

20181114a.jpg

1年半ほど前にAmazonで39,800円で購入したのですが
今は59,800円
なかなか手が出しづらい値段になってしまいました。


で、アベノマスクが事務所にも来た話をすると、
友人の妻が

「1世帯につき1袋やき事務所にも来たがやろ」

とのこと。
しかも、いろいろ話してると1袋に2枚入りだと言う。
つまり1世帯につき2枚。

「え?1人につき2枚じゃないの?取りあえずは1枚やけど」と僕。

「違うぜ。1軒につき2枚。知らんかったの?」

「知らんかった。ウチは3枚で、妻と娘が取り出した後かと
思いゆったけど娘だけしか取ってなかったがや」

「あれだけテレビや新聞でやりゆうに」

「見んしね」

「興味もないろ?」

「ない」

そうなんです。あのアインシュタインでさえ
辞書を引けば分かるようなことに自分の頭を使いたくない、
と言ってるのに、どうでもいいようなことに耳を傾けていれば、
僕の少ない脳みはすぐにオーバーフローしてしまうんで、
極力素通りするようにしてるんです。


ということで、今まで書いてきた1人2枚(とりあえず1枚)は間違いです。
喫茶で聞いたばぁさん達の話のほうが正確だったわけですw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ



マスクしてねぇし。
画像処理は「お誕生会」に移りました。
室内なので濃度処理はもちろん色補正もしなくちゃなりません。
自然光をメインに、クリップオンストロボの天井バウンス光を
補助光として撮ってるんですが、天井や壁が若干黄色く、
外光がたんまり入ってきてるとはいえ黄色に転ぶ。
・・・それが今夜の主題ではありません。

誕生会はホールで行うクラスと各教室でするクラスがあり
あっちこっち移動して撮らねばならず、
時間差で進行してくれてたとはいえ大忙しでした。
で、処理してて気づいたんです。
子どものすぐ横で、一人の先生マスクしてねえし。
いや、してるけど、あごマスクw
歌っるのでマスクが邪魔とはいえクレーマー保護者がいたりしたら
ヤバイだろうと園に確認したら「トリミングして」だってさ(笑)
全国には下の写真のような学校もあるようだし、園長も大変です。

20200619a.jpg


昨夜、日記書き終わってからブログのはしごをすると、
食洗機にゴキブリの死骸が・・・という記事があった。
ヤバイよねえ。ゴキブリは苦手ですねえ。
でも東京に行くまで、つまりは高校までは平気だった。
で、東京は国立の下宿で出ましたゴキちゃん。

「ふっふ。東京にもゴキブリいるんだな。
だがご愁傷様。やっつけてやる」

と傍らにあった新聞紙だか週刊誌を丸めゴキブリにソロ〜リと近づく。
「覚悟しろ」とばかり右手を振り上げた瞬間、ゴキブリが飛んできた。
僕の顔に向けまっしぐら。最短距離の飛行w
ごきぶりって飛べるんだって初めて知りました。
それからゴキブリは苦手になりました。

下宿の建物は古く、ねずみもよく出ました。
深夜、なんかゴソゴソと音がする。
なんやろ?と月明かりのもと音のする方に顔を向けると、
ネズミが僕を見つめていたw
それを下宿のおばさんに報告すると

あら縁起が良い

みたいなこと言うんですよ。
1972年、ねずみ年だったんです。

下宿の方には大変良くしていただきました。
豊田で叔母が花屋をやってたので年末はバイトに駆り出され、
メンドイので正月は帰省せず。
いまみたくコンビニがあるわけでもなく、どこも閉まってる。
まいったなあと思ってたら下宿(*1)のおばちゃんが

「なにか食べた?」

と聞いてくれるので

「いえ。どこも閉まってました。
正月はどこも休みだなんて初めて知りました」

と僕。

「じゃあ一緒に食べる?」

おせち料理をゴチになりました。
おじさん(*2)が、実家のある奥多摩に帰るというので
連れてってもらったり、楽しい正月でした。


17年前に東京に行った時、ネットで知り合った写真仲間が
国立まで車で連れてってくれ、かつて過ごした下宿屋周辺を流してたら
見覚えのあるおじさん発見。声をかけるとやはりそうでした。

20180422b.jpg
<30年ぶりです!>

「お兄ちゃんお兄ちゃん」と慕ってくれた、当時小学生だった
娘さんは心臓が悪かったらしく、若くして亡くなり、
そのあとすぐ奥さんも亡くしたそうで、今はひとり暮らしだとか。

成人式で着物を着た娘さんの写真を見せてもらいました。
人懐っこい笑顔で僕の部屋に入り浸ってた少女は、
憂いを帯びてはいるけど優しい微笑みを持つ美しい女性に、
写真の中で成長してました。


<奇しくも1972年>



(*1)下宿と言っても賄い付きではありませんでした。

(*2)婿養子でした




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


また来た
アベノマスクがまた来ました。
といっても自宅への、後送分3枚ではなく
事務所に2枚。

20200618a.jpg
自宅に届いたの とは少し違います>

ここには住民票もないのになんで?
後々のトラブルを避け、人が住んでる
とみなせば配達してるんでしょうか?
よく分かりませんねえ。
ブログを読んでると4人家族やのに
2枚しか配布されなかったとこもあるようで、

「マスク、家1軒で2枚やと」

と、喫茶店で聞いたおばぁさんの話 (*)もまんざら嘘ではないような。

マスクより「給付金」のほうがイイ♪


京都の寺前巌さんが亡くなったそうです。
共産党は絶対無理と言われた小選挙区で、高知の
山原さんと全国でたった2人だけ、勝ち上がった方です。
政治家の質を劣化させたと言われる小選挙区制ですが、

「小選挙区制は失敗だったのではないか?」

と聞かれた小沢一郎が

「政権交代2度したじゃないですか。
中選挙区制のもとではできなかった
(だから間違ってない)」

と答えた時にはびっくらこきました。
この人にとっては政治家が劣化しようとも
政権交代さえできればいいみたいです。
つまり、挙手要員さえいればいいってことでしょう。
僕は公平でさえあれば政権党なんてどこでもいいです。
極端なことを言えば「王様」の治世だってかまいません。


今日から本格的に画像処理にかかりました。
本日の成果は333枚。
日中戸外での撮影だからほとんどが濃度処理だけです。
ホワイトバランスは「オート」で撮ってるんで、
雲が出ても日陰に入っても、優秀な
ニコンD500がちゃんと補正してくれますw



(*)確認したら「一軒で1枚」と書いてました。
「一軒で2枚」の間違いです。訂正してます。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


孤立無援のタロウ
今日は幼稚園の「運動会ごっこ」の撮影。
今月初旬に撮った園の姉妹園です。
ここの園長は中高の同級生で写真が趣味。

「今日みたいな日に逆光で撮ったら顔が暗くなりません?」

と聞くので

「なりますね」と僕。

「顔に露出合わせたら周りが真っ白になるし」

「そうですねえ」

「ストロボ使います?」

「使いません」

同級生でも一応仕事の場なのでお互い敬語ですw
同じクラスになったこともなく、それほど親しくもなかったし。

「今日みたいな日なら露出補正はどのくらいで撮ります?」

「露出はマニュアルで撮りゆうき(補正は分からん)」

「マニュアルで(と少し驚くw)。
今ならどのくらいで撮ります?」

「ISO400で逆光だと基本露出は500の8(*1)。
地面からの照り返しを考慮したら800の8で撮るかな?
太陽の状態(*2)で調整するけど」

僕から敬語は徐々に離れていきますが
さすがに「園長」、敬語は続きますw
しかし園長、うまく撮れたかな?


河井夫妻、迷惑かけたので「離党」だそうです。
国民に迷惑かけたと思ったんなら議員辞めるとなるんだろうけど、
彼らの脳裏に「国民」はいないんだ。

とか思ってたら今度は立憲の須藤元気が離党ですと。
消費税減税を打ち出せない立憲に見切りをつけたようです。
比例なんだから議員辞職が筋だという声もありますが、
こればっかりはどうなんでしょ?彼が無名だったらまだしも、
有名な彼の名前を立憲が票集めに利用したということはないのかな?


さてさて今度の都知事選、僕は投票権はありませんが、
もしあれば山本太郎。
公約をまったく守っていない(*3)小池百合子など論外で、
「予算の組み替え」しか言えない宇都宮さんより、
東京オリパラ中止をはじめ、「金」を作る実現性が高いから
政策で太郎推しです。

岩下俊三氏が、ブログ読者の質問に、このように答えています。

8. 岩下俊三 2020年06月17日 12:07
K.Kamata さま
山本太郎はほんとは消費税なんかなくせという主張ですが、妥協してせめて5%に下げるという「合意」を立憲に対案したし、彼の師である剛腕(小沢)氏もペンギン男(枝野)にとりなしたのですが結局NGだったのです。旧民党OB(たとえばノブタら)に気を使い石頭護憲派爺たちに気を使い枝野は「自分の信念」を歪めたのです。

ペンギンがそうなら「無名」玉木は連合に気を使い自由投票つまり自民党とおなじになったのです。だから山本は孤立無援なんです。

消費税5%がしたがって本当の争点なのです。






(*1)1/500秒F8のこと。フィルムの箱にそう書いてます。

(*3)雲に入ったり、その雲が厚いかどうか・・・とか。

(*3)絶対的な人気で議会も多数派。
これで公約を守れないなんて、実現する気がないとしか思えない。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


なかなか良かった
今日のAmazonビデオは「Love Letter」 。
中山美穂の一人二役です。

神戸に住む渡辺博子は、山で遭難した婚約者の藤井樹の三回忌の帰り道、彼の母・安代に誘われ、彼の中学時代の卒業アルバムを見せてもらう。忘れられない彼への思いから、そのアルバムに載っていた、彼が昔住んでいたという小樽の住所へとあてもなく手紙を出す。すると数日後、来るはずのない返事がきた。その手紙の主は、亡くなった婚約者の藤井樹と同姓同名で、彼と同級生だった、女性の藤井樹。やがて博子と樹の奇妙な文通が始まる。


主役は渡辺博子の中山美穂だと思いながら観てたんですが、
最後の最後に「え?」となります。
でも、それを匂わすシーンはずいぶん前に出てくるんですけどね。

柏原崇の酒井美紀への愛は、白線流し同様結ばれませんでしたが、
最後の最後に気づいてもらえ良かったです。その時は中山美穂になってたけどw







←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


裏切りの人生
都知事選に山本太郎さんも立候補表明しましたね。
宇都宮さんとはオリンピックと財政面での違いがあるようです。
その宇都宮さんを、前回小池さんに期待した
築地女将さん会のメンバーも応援してるとのことで

 「小池さんが都知事になった時は期待していたが、裏切られた

らしい。
いやいやいや・・・
小池百合子の来し方を見れば分かるだろうに。
政治家になってからの彼女の人生、裏切りの人生じゃないか。
一句浮かびましたw

来し方(こしかた)を
見ずに期待し応援し
百合子に吸はれし女将の心

パクリ失礼w (*1)



ウチにもやっと来ました♪
例の10万円申込書。

20200615a.jpg

巷の噂では、よく考えないでチェックを入れてたら
「給付金いりません」になってしまう・・・とのことだったけど、
高知のは作り変えたのかそんなことはありませんでした。
政府作のより分かりやすかったです。
国の役人はホンマ意地クソ悪しですね。

20200615b.jpg

しかし世の中には酷い人もいます。

「公務員は受け取るな」

なんて言う人がいます。
友達にもいます。

「なんで?」と聞くと

「給料減ってないから」だって。

「じゃ、お前のお母さん年金生活者やけど年金減ってないき辞退するのか?
孫は小学生で働いてないし、ということは給料関係ないから辞退するのか?
子供はコロナで給料減るような仕事やないき辞退するのか?」

と言うと答えがありませんw
こいつ、公務員は羨ましいとかよく言うんですよ

「だったら共産党に政権とらせてみんなが公務員になったらえいやか(*2)」

には

「それはイヤ」

なんだそうです(笑)
人の給料減らしたって自分の給料が上がるわけじゃない。
自分の仕事がうまくいかないからって人を羨むなってことですよね。


さて、この10万円給付金で何買いましょ?
iPhoneSE変えようかな?それでも余る・・・
ちなみに私、持続化給付金は「辞退」してます。
理由は手続きがメンドクサイw


<若い!>



(*1)
不来方(こずかた)の
お城の草に寝ころびて
空に吸はれし十五の心

(*2)共産党はこんなこと言ってませんよ、念の為w



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ

(美味しさ)めちゃめちゃアップ
20200614a.jpg

初っ端から美味しそうにないカレーだけど晩飯です。
情熱大陸で紹介されたカレー料理人「えりつぃん」さんのレシピ。



動画のも美味しそうには仕上がってないけど、
予想を超えて美味しかった。


情熱大陸って年に4回くらいの特殊な番組だと思ってました。
以前、高田純次のを同じくYouTubeで観たとき、
飲み屋のねぇちゃんに

「情熱大陸に出るって凄い」

とか騒がれてたもんで、すっごくレアな番組だと思ってたけど、
友達の嫁さんに聞いたら「毎週」だって。
出てくれる人見つけるの大変やなあ・・・クラスやないかw

その情熱大陸で「なぜエロ話(下ネタ)ばかりするのか?」
という記者の問いに

年取って嫌われること知ってる?
イチに自慢話(真顔)
二番目に昔話(真顔)
だったら下ネタしかないじゃないー(大笑)

とか言ってたのがウケましたw
高田純次、好きです♪


「(写真撮るのは)反射神経なんですよ。
その場でいろいろ考えてもよく分かんない時もありますからね。
ダメだったら使わなかったらいいんだし」

と情熱大陸で語ってたのは写真家の「金村修」。
で、彼、フィルムで撮ってて

「ネガ見てる時はいいんですよ、バーっと見てると。
あ、すごい天才だな、みたいな。
で、ベタ焼き見るじゃないですか、
あ、ちょっと天才じゃないかな?みたいなね。
選ぶじゃないですか、
プリントするじゃないですか、
どうかしてるんじゃないかな、みたいな」

暗室でよく落ち込みましたw


しかしえりつぃんさん、笑い声がいいですね。
説明も分かりやすい。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


正解は「消しゴム」
今日はまず訂正から入りますw
昨日の日記で、5月に観たAmazonビデオは
「不思議な彼女」と書きましたが間違いでした。
「あやしい彼女」です。
タイトル名とか人の名前とかを覚えるのが苦手です。
てか、覚える気がないみたいですw

先日友人の店に行ったとき、彼の妻に
「最近は何観た?」と聞かれたので
「5月はあやしい彼女」だけと答えられたんですが、
主役の多部未華子が出てこなかったw
「あやしい彼女」の元ネタが韓国映画なので、

「韓国映画といえばあれも良かったよ。
あれ、あれ、あれ・・・頭の中の鉛筆」

と僕が言うと

「消しゴムやろ」

と即訂正が入った。

「あ、そうそう。消しゴム。あんたも観たが?」

「観てない」

「観てないのによぉ知っちゅうね。僕は3回も観たに」

「話題になったきね。それに、記憶を無くしていく映画やのに
鉛筆で書き込んでどうする(笑)」

そういやそうですw
僕は「頭の中」までは覚えてたけど、それに筆記用具が
続いてた記憶があったので即興で「鉛筆」と言ったけど
正解は「消しゴム」だったのだ。


今日のAmazonビデオは「青春の殺人者」と「四月の永い夢」。
「四月の永い夢」は国立市が舞台でした。
学生時代、最初の一年国立に住んでいて、
天地真理が恩師を訪ねて音大に来てるかもしれないと
妄想し、音大に行ってみたけど会えなかったw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


久しぶりにAmazonビデオ
食後のバナナも1年半近く続けるとちょい飽きたし、
なんといってもこの時期、すぐにへにゃってしまい
美味しくなくなる。熟したバナナは嫌いなんです。

なので、今日は小夏とアメリカンチェリーを買ってきました。

20200612b.jpg

アメリカンチェリーは好きなんだけど高い。
少ししか入ってないのに税抜き300円。
2日くらいで食べないともったいないw

キャンプ動画も見飽きたし、
今日は久しぶりにAmazonビデオを観た。
結局5月は「あやしい彼女」一本だけだった。
今日は「サード」。永島敏行主演です。
映画の冒頭、各役名の字幕が出、それがちょうど9人いたから
てっきり少年院内でのソフトボールの話かと思ったら全然違った。
役名のほか年齢、あだ名、収容容疑の字幕も出、
これは絶対観る上で必要になるはずだと
メモしたんだけど、まったくその必要はなかったw

脚本は寺山修司なのでなかなか良かったです。
森下愛子も出てた。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


うん、寂しくはないね。
今日は撮影のため東へ。
「あのホテルで撮りたい」という
ワガママ嬢さんを後ろに乗せ、出発です。

20200612a.jpg

アノホテル」は外光が入る部屋があったり、
比較的新しいこともあり人気なんです。
その「アノホテル」に着くと工事中でした。
隣接する「リバーサイドホテル」を買い取って繋げてるようです。
多分工事はコロナ前に始めてるんでしょうがコロナ後の世界、
ラブホ業界はどうなるんでしょうか?
スケベ後をたたず・・・で安泰なんでしょうかねえ?


写真のような丸い浴槽をずーっと昔に撮影したことがあります。
リラクゼーションっていうんでしょうか?
マッサージとかいろいろしてくれ、くつろげる女性専用のハウス。
そういうのの第一号みたいなのが高知にもできまして、
それの撮影で、オーナーの自慢がまーるい浴槽。
もちろん泡が出たり色が変わったりと家にはないタイプw
「ラブホみたいですね」とは決して言ってはなりません。

たしかモデルも使ったと思うけど、主役の「湯船」がちょい負けてるw
なので、モデルだけでなく、湯船にも目が流れるように端っこに花を置いた。
もちろんオーナーには了承済み。それで写真の撮影は終了。

次はビデオです。
ビデオは時間がかかるので大概の場合後回しですw
このときは知らない業者だったな。
その、知らない「若者」が「ちょっと寂しいですねえ」と言い出した。

ナヌ?オレの設定が気に入らないのか?

とは思ったが、若い感性も取り入れなきゃいけない。
なので黙って見ていた。写真はもう終わってるしね。

頑張るワカモノ。設定やっと終わった。

デザイナーのイトーチャンと顔を見合わせて苦笑い。
どこから湯船に浸かるのよ?
まーるい湯船ぐるりに鉢植えの花を置いていた。

うん、寂しくはないね。



広辞苑によれば、湯船はもともと
「江戸時代に船内に浴槽を設置して、料金を取って入浴させた小船」
つまりは船の上の銭湯を「湯船」と呼んでいたそうです。
それが現在は浴槽と同じ意味で用いられているんだそうです。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ