FC2ブログ
原稿なしで3時間
エダノンの、内閣不信任案賛成演説、えらく評判がいいので
今日は朝イチから見てました。もちろんYouTubeで。
午前中いっぱいかかりました。
なんと3時間(笑)
3時間の演説にしちゃあえらく「薄い」原稿の束だなと思ったら、
菅野メルマガによると

原稿なしで、手元の紙には章立てしか書いてない

そうで、2度ビックリ。
中学校の教材に使ってほしい、いい演説でした。
まだの方は是非に。

昔話です。
質問を始めようと原稿を取り出した不破さんの顔色が変わりました。
変わったと言うか、ハッとした感じかな。
持病の、心臓の具合でも悪いのかな?と心配していると
その「原稿」をしまい、何も見ずに質問をはじめました。
結局、原稿なしで質問は終わるわけですが、
あとから聞いた話によると「原稿」を間違えて持っていってしまったそうで、
それでも完璧にこなすんだから、枝野さんといい不破さんといい、
どんな頭の構造なんやろw

僕もね、何度か演説の真似事みたいなことはしましたが、
諳んじることなんてとてもとても。
全てを原稿に書き、それを見ながら喋ってました。
でも、誰かさん用の原稿とは違い「水を飲む」なんてことは書いてないし、
自分で書いた原稿だからルビももちろんありません。

20180721.jpg

「5分」とか区切られてたので、声を出して練習し、時間配分もうまくしましたw
みんながちゃんと聞いてくれるし、けっこう面白くてくせになりますw

第75回メーデーおめでとうございます。
私は高知〇〇副会長のTAMARAと申します。仕事はカメラマンをしています。平和な日本で、平和な写真を撮っているわけですが、こんな私から見ますと、先だってイラクで拘束された方々がひじょうに眩い。自らが信じる道を歩いた人達は、たとえその道が私と正反していようとも、私には眩く見えます。しかし、世間は「自己責任」論者がはびこり、しかも、一部マスコミがそれをたきつけているのが現状です。でも、もし今回拉致された方々が、私と同じフリーな立場ではなく、そのたきつけ側一部マスコミ人であったならどうだったでしょう?

13年前にタイムスリップをお願いします。
1991年6月、雲仙普賢岳の噴火災害で、読売新聞社のカメラマンが亡くなりました。当時、火砕流は「頻発」しており、火山の専門家からの「警告」も出ていました。また、行政の「避難勧告」も発せられていました。そんな中、危険地帯に自ら飛び込んでいった新聞社のカメラマンと、彼が乗っていたタクシー運転手が、発生した大火砕流によって死亡したのです。そして、彼らの遺体を収容するために、火砕流が頻発する危険な中を、自衛隊員が命がけで現場に入りました。遺体の収容作業中にも大規模な火砕流が発生し、自衛隊員たちがあやわ、という場面もありました。この時、読売新聞社は「避難勧告が発せられているのに危険地帯に飛び込んでいったカメラマンの自己責任ですから、税金による遺体収容はしなくてかまいません」などとは言いませんでした。それどころか、彼が撮った最後の写真を大きく掲載し、英雄的扱いをしました。同社が主張している今回の「自己責任」論とはエライ違いです。

今回、イラクの人達のために、真に役立っていた5人の方を、そこまで罵倒するのはなぜなのか?

先日、柏村という自民党の議員が「反日分子」という言葉を使って5人を攻撃しました。でも政府は「自衛隊も拉致された人々と同じように人道支援で赴いているんだ」という声明を、拉致実行犯に向けてだしています。それなのに「反日分子」なんてよく言うと思います。5人が反日分子なら、自衛隊自身も反日分子だということになります。同じ目的なんですからね。でもそうとは言わない。5人が人道支援のためにイラク入りしてたのは明確な事実ですから、彼らを「反日分子」だと言うのは、自衛隊イラク派兵が人道支援や復興支援目的ではなく「アメリカ支援」だということを、身内の議員が白状したようなものじゃないですか。

さて、消費税が4月から総額方式となりました。免税点も3000万から1000万に下げられました。免税点引き下げの理由としてあげられたのが「益税」です。お客さんから預かった消費税を、業者が懐に入れている・・・とさんざん宣伝されました。はたしてそうでしょうか?我々〇〇は中小零細業者の集まりです。そんな我々は消費税そのものに反対し、署名をはじめ様々な運動を行ってきました。もし、本当に「益税」があり、そういった不労所得みたいなものがあるのなら、誰も好きこのんで街頭で署名集めなどしません。それよか「消費税を最低でも20%に」という署名を集めます。その方が「益税」で儲かるわけですから。昨年、我々が調査した結果では、消費税を価格に全面的に転嫁できていない業者が、ここ高知では7割以上もいることがわかりました。転嫁できないということは、仕入れには当然消費税はかかってくるわけですから、課税業者であろうがなかろうが、その分自分がかぶっているということです。益税ではなく消費税は我々零細業者にとっては「損税」なんです。

そんなに益税があると思うのなら、消費税を我々業者が預かるというシステムをこそ見直したらいいのにと、私個人は思います。たとえば、売り場のレジの横に税務署員が立ち、お客さんが1000円の買い物をしたら「代金はそちらの店主に、消費税分50円は私にお渡しください」とやればいいんです。そうすれば益税なんか発生のしようがない。また、我々業者が信用できないという消費者がいらしたら、その方ご自身が直接国に支払うというのはどうでしょうか?「私は年間300万円の買い物をしました、よって消費税15万円を負担します」と、年に1度自己申告すればいいんです。我々に向かって「益税益税」と言っている、その本人さんが税金をごまかすことはないでしょうからね。

この2つが、現実的でないのは承知のうえです。でも、国の代行を当然のごとく無料でさせられ、そのあげく「税金泥棒」扱いされる我々の気持ち、分かりますか?会社の経理担当の方もそうでしょう?源泉徴収と年末調整。その両方を事業所が実務代行させられている国は、世界中で日本だけですよね。しかも年末調整については、今日の税制の下敷きになっている「シャウプ勧告」が「できるだけ早く税務署にその主体を戻すことが望ましい」と指摘した経緯があったにもかかわらずです。こんなアホなシステムはさっさとやめて欲しい。やめないのなら、押しつけといて「疑う」身勝手さだけは勘弁してほしい。 

「自己責任」論と「益税」攻撃。いずれも弱い者イジメで、本質をはぐらかし、国民を分断するのがネライではないでしょうか?我々〇〇の最終ステージは税務行政の民主化です。それは我々だけの力でできるものではなく、みなさん方の力をお借りしなければ不可能です。少しでも住み良い日本にするために、こういった策動に負けず、連帯し、共に頑張りましょう。


20180721b.jpg





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


観音様には手を合わそう
今日は撮像素子の掃除をしてもらいに行ってきました。
メーカーみたく、無菌室のような部屋での本格的な掃除ではなく、
普通の部屋での掃除なので仕上がりは「そこそこ」です。
多少ゴミは残っても、小さな、目立たないようなゴミならそこで
OKを出さないと、それらをとってるうちに新たな、
より大きなゴミが侵入したらアウトですw

でも、自分でするよか数倍マシです。
ニコンからもキットは出てますが毎日毎日使うわけでもなく、
クリーニング液なんかも蒸発してすぐに濃度が上がり、
粘り気が出て使い物にならなくなるんじゃないかな?
と修理屋さんも言ってたので僕にはムリです。
修理屋さんが使う「水」は、水道水なんかではなく
薬局で買った「水」を使い、専用の容器に小出しに出して
使うのだけど10日も経てばもう使い物にならないらしい。

また、ローパスレスのD500なんかはゴミがどこにあるか
分かりづらいそうだし、直接素子に触れるわけで、
そのあたりも素人には恐ろしいですね。


で、今回、どこまで片付いてるか それもまた楽しみのひとつだったんですが、
どこが?って感じで、前よりひどいやんか状態でしたw
ま、それでも片付けたそうだから、片付ける前は
前に僕が行ったときよりさらにひどい状態になってたんでしょう。

20180720.jpg

作業場は写真の部分だけでなく、部屋全体が同じような状態で、
となりの倉庫も同様。しかも、他に借りた部屋も同様だそうで、

「どこに何があるか分かるがかえ」と聞きますに

「わかる時もわからん時もある」そうで、

ニコンF2と書いた箱があったのでこっそり忍び込んで・・・w

なんでこんなにドンドコドンドコ増えるのかといいますと、
廃業した写真屋さんが「処分して」と持ってくるからだそうです。
以前は

片付けて、ちゃんと展示し、
珈琲飲みながらカメラ談義ができる場をこしらえたい

と言ってましたが、最近は言わなくなりました。
片付けるの諦めたか(笑)


掃除を終えたら「珈琲でも飲んでいかんか」と誘われたので隣の喫茶に。
修理屋という職業柄、いろんな写真屋さんと付き合いがあったので、
その方たちの動静を聞いたり、業界の昔話を聞くのは面白い。

キヤノンはカメラ好きの産婦人科の先生(御手洗氏)が起こした会社で、
初期にはニコンの技術人が教えに行ってた。
そのころニコンはカメラは作っていず、レンズだけだった。

と話してくれ、

産婦人科の先生が作った会社やき「観音 =キヤノン」と付けたがやろか?

と聞きますに

それは知らん。

そうですw

なお、wikiで調べて見るに、初代社長は確かに御手洗氏ですが、
別に氏が中心となって作ったわけではなさそうです。
てか

(ニコンで)腕が悪くて困り者であった旋盤工の加藤が
最初期の従業員であった。

という下りが面白かったw

産婦人科医の御手洗氏が中心となって作り、産婦人科医だったからこそ
「観音=キヤノン」と名付けた・・・というストーリーの方が楽しいですね。






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ

ボーカル変わった?・・・2
熱いです。
暑い時はギンギンのロックでも聞いて暑さを吹き飛ばしましょう。
ということで朝一番はコレ。



やっぱりボーカルはオジーがいいです。
でも、自分で作ったバンド から解雇されるって、
よほどの酒浸りだったんだろうか・・・?

続けて流してたらこんなのが・・・



おお、懐かしいイントロ、美人姉妹のグループだ・・・
って、妹の後ろにいるのは誰?
何も持ってないぞ。
ボーカル?
まさかね・・・
あらあら歌いだした。
ボーカル変わったの?



ピックを投げ捨て(2分25秒あたり)、
新しいのと替えるあたりカッコイイよね。

結局ボーカルは変わってなかったけど、
40年も経てば女性は変わるもんだねぇ。
人のことは言えないけどw

20180719a.jpg
<左肩にかけてるのはニコンF2+28mmF3.5>

▽ ▽ ▽ (40数年後) ▽ ▽ ▽

20180719b.jpg
<手に持ってるのはニコンDf+85mmF1.8>

両方友達に撮ってもらったんだけど「腕」の差が出てるかな?(笑)


変わったといえば山本太郎が素晴らしくなりました。
メロリンQやってたとは思えないw



「魂の叫び」ですね。
山本太郎見てたらこの方思い出します。



「熱い」思いに同じものを感じます。
このあとだったと思うけど、振り上げた新聞の束を机に叩きつけたら
置いてあった原稿がひらりと滑り落ち机向こうの床の上に。
一瞬焦ったかに見えた山原さんでしたが

「原稿なんてどうでもいいんだ」

となお怒りはおさまらず、右拳を振り上げ
公約を破った政府追及の手を緩めませんでした。

で、しばらく後、この原稿を書いた秘書さんが、
近所の高知の秘書宅に泊まりに来た時

「オレの書いた原稿、どうでもいいんだって言われちゃったよ」

と笑ってましたw

下の写真、どこかにないかと探してたらYouTubeにありました。
水たまりをおんぶしてもらうような軟な国会議員ではありません。
胸まで濁流に浸かりながら県民の元に・・・

20180719c.jpg
<写真右が山原さん>

まぁ、山原さんに限らず、昔の政治家は「熱」かったですね。
菅野完氏が、山本太郎を

「30年前の自民党政治家みたいだ」

と評してましたが、あの方、ホンマに例え方がうまいです。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


百葉箱ってもう使われてないんだ
今日は、マンデラさんの生誕100周年記念だそうで、
ゲバラは90年かな?6月14日だけど。
ま、今日の日記にはまったく関係ないですが・・・

20180718.jpg


暑いです。
車の温度計、15時ころ38℃ありました。
小学生の時、校庭の隅っこに百葉箱というのがあって、
その中に観測機器が入れられ、温度計もありました。
正式な気温というのは百葉箱の中の温度計の温度です。
と教師に教えられ、その値を毎日記録する係もいたりしました。
白いフェンスで仕切られ、芝が植えられていたと記憶しています。
百葉箱自体も白かったのでなんだか涼しげでしたね。

大人になって「今日の最高気温は○○度でした」
なんて言われる度に百葉箱でそれなんだから
アスファルト上にいたこっちはもっと暑かったわい!
とか思ってました。気象庁発表の気温というのは
百葉箱の中の温度計の指し示す値とばかり思ってましたから。

でもそうじゃなかったんですね。
アメダスというので計られてるんだ。
そしてその設置場所は地上気象観測法という
法律があるにも関わらずけっこうバラバラなんだ、ということを
5年前、高知県の江川崎が連日41℃を記録したときに知りました。
この時気象予報士の森田正光さんが

アメダスの置かれてる場所がおかしいんじゃない?
設置場所の写真を見る限り、江川崎のアメダスはこの法律条件を
完全には満たしてないんではないか?

という疑問を呈してました。
でも、そういった専門家の疑問もなんのその、ご当地は
「日本一暑い場所」として記念Tシャツなんかも作り賑わってました。
けっこうなことです。

でも、今でも小学生は記録をつけてるんでしょうか。
もし続いてるなら、何十年もの記録となり、かなり貴重なんじゃないかなあ。
学校の先生も、そういったものを発表したら面白いと思うけどね。


で、暑いときには熱いラーメンを・・・
ということで「袋麺」にちょい手を加えました。

20180718b.jpg
<ちょっと汁が少ないw>

煮玉子にメンマ、チャーシューを加えただけではありません。
スープが絶妙なんです。煮干し系です。
袋麺は「普通」の醤油ラーメンですよ。
煮干し系でもなんでもない、ただの醤油ラーメン。
このラーメンのスープを溶く時、ただのお湯ではなく
煮干しを入れて煮た「だし汁」で溶いたのです。
煮干しの香りはちょっと弱かったけど、
なんか、まろやか〜な味になりました。
参考にしたのはここ。



最近まかないさんに凝ってますw
黄金だしとかは作らず、「煮干しダシ」だけです。

ラーメンは美味しかったのですが、
例によってどうでもいいことに突っ込みますw

20180718c.jpg

煮干しが入ってる袋。
ご丁寧に「ここからお切りください」とハサミのイラストまで
つけて教えてくれてます。
でもねえ、左手では切りづらいよ。
左手用のハサミ持ってないから。



PS : 百葉箱ってまだ使用されてるのかいな、と思って調べてみると
90年代以降「強制通風筒」に置き換えられているようです。







←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


餅は餅屋
今日は撮像素子の掃除をしてもらおうとカメラの修理屋さんに電話した。
その由告げると

「あんたに紹介されたいう人が2時に来るが」

「ああ、新聞社の方?」

「そうそう。新聞社の◯◯さん

「2時やったら午前中にできません?」

「それが、記者連れて、取材さしてくれ言いゆうがよ」

「取材?センサーの掃除やないがかえ。
仕事に結びつけるち、なかなか隅に置けんね(笑)
けんど、午前中やったらかまんやか」

「それが、仕事しゆう写真撮らせてくれ言いゆうがよ。
それだけは勘弁して、言うたけどどうしても撮りたいと」

「そんな、新聞らあに出たらよけい忙しゅうなって困るやか(笑)」

「ほんなことはないけど、ほんで、ここんとこ数日かけて片付け中ながよ」

「まあね、あれじゃあカメラに埋もれて撮る場所もないわねえ」

「そう。ほんで今日の取材が終わるまでこらえてや」

ということで、僕の仕事の都合もあったりして
金曜日にお願いすることにしました。
ニコンではセンサーの掃除、いま2000円くらいかな?1000円かな?
この方は無料。
金とってや・・・と言っても無料。

「レンズ拭くような作業で金がもらえるか」

と受け取ってくれませんw
いごっそうです(笑)

20180717b.jpg

画面右上に(*1)大きなゴミがあります。
これがけっこう目立つんですよね。
フルサイズ換算51mmで、絞りはF22で撮ってます。
日中だと空とか撮りゃいいんだけど、夜だと
均一に光が当たった白い壁とかを最小絞り(*2)で撮りゃいいです。
壁が凸凹してて、影がついてるようなのはちとマズイですね。
影とゴミの区別がつきづらい場合もありますから。
そんな時はカメラをグルグル振り回しながら撮りゃいいです。
部屋の中だとシャッタースピードは遅く、
どっちみちブレるのでこのさい思い切って振り回しましょう。
てか、振り回したほうが都合がいいのです。
振り回すと影とか、壁についたゴミとかはブレますが、
撮像素子についたゴミはくっきりと写ってるので見分けがつきます。

で、この大きなゴミが実際の撮影ではこんな感じで写ってます。

20180717c.jpg

縮小率は同じで、左上1/4に画面をトリミングしてます。
顔出しOKの子だったのでトリミングする必要もないんだけど、ま、念の為w
39mm(フルサイズ換算)F4.5で撮影してます。
最初のゴミの写真を縦位置にし、左上1/4にカットしてみましょう。

20180717.jpg

絞りでけっこう違うもんだけど、やっぱこのくらい大きなゴミになるとやばいですね。


さてと、センサーの掃除くらい自分でやれよ。
ニコンからもキットが出てるだろ。

と思われる方もおいででしょうが、キットなるものが販売される以前、
自分でやったこともあるんです。一度だけ。
D100だったかD200だったか、はたまたD2Hだったか忘れましたが、
ブロアーで吹き飛ばしても同じところに残ってる。
何度やってもなくならない。
諦めまして、ニコンに送ったか出張時にSSに持ち込んだか忘れましたが
とにかくニコンに見てもらいました。結果・・・

ローパスフィルターとセンサーの間の、
極々狭い隙間にゴミが入り込んでいたのでした。

で、教訓。
餅は餅屋w



(*1)素子には上下左右反対に写ってるので、このゴミは素子の左下にあるということです。

(*2)一番絞りこんだ絞り




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


センスないぞ
今日は早朝6時から不燃物当番。
眠いです。

この暑い中、11時の開店直後にGパン買いに自転車で行ったら
店主さんはじめ店のかた一同(3人だけどw)大歓迎してくれましたw
買ったのは511のサマーバージョン。

20180716a.jpg

薄手の、ノビールデニムらしい。
511のオリジナルと比べるとかなり軽いです。

「こんなに軽く、穿き心地も良くなってるのに値段は安くなってます」

て、店主の娘さんが言うので

「生地が薄くなったからやないの?」

と返すとシーンw
空気を読めないワタシですw
なのでツイッターは無理ですね。
思ったことそのまま話しちゃう癖があるのでツイッターは危ない。
「言葉」はね、その場で消えるけど「文章」はいつまででも残るから。
ブログだと文章打ち込んでるうちにマズイかな?なんて思って
消すことも多いけど、ツイッターは脊髄反射的なところがあるから
僕みたいな性格のものには合わないです。

昨日のも、女性の訪問者がまた減るかな?とは思ったけど、
自分の「愛おしいもの」をこそ撮りたいからね、僕は。
そうじゃなきゃ「愛」は写らないでしょ。


ニコンのストロボの外部電源スイッチをよく入れ忘れるので
電源シール作って貼りました。
ストロボ側にも電池が入ってて、露出計る時なんかは
とりあえずそれで光るから分かんないんですよね。
撮影終了後、ありゃ、入ってなかった・・・ということもちょくちょくw

20180716c.jpg

20180716d.jpg

20180716b.jpg

外での集合写真なんかはニコンのSB-80DXを3連で撮影することも多く、
真ん中がフル出力。左右は1/2出力です。

20180604a.jpg

真ん中のにだけNISSINの電源をつないでますが、
このスイッチを入れ忘れるんですよねえ。
1/2出力だとストロボの電池だけでストレスなく光るんですが、
フル出力ともなるとさすがにそうもいきません。
なので外部電源をつないでパワーを補充してるのです。
これが光らなかったら・・・当然露出不足。

電源シール見て「いけね、スイッチ入れなきゃ」と気づくように貼ったのです。
気づけばいいんだけど、見慣れちゃうとどうなんでしょw
最近YouTubeで

「オッケーグーグル、ワンカップは何cc?」

「200ccです」

とかいう宣伝があるんだけど、あれみたく

「だめだよTAMARA、電源が入ってないよ」

と教えてくれたらいいけど、スイッチが入ってればこそ
グーグル先生もいろんな命令聞けるんだろうし、
それが入ってないとなると

「電源が入ってない」

と教えることは不可能だろうね。

YouTubeといえば最近のスバルの宣伝、気合入ってますね。
「どう走るかはどう生きるかだ」・・・凄いですw
次はレヴォーグかな?なんて思ってたけど、
どう生きようかなんて考えながら走るのもまっぴらごめんなので、
やめよっかな・・・と思ってます。
写真撮るときだって
「どう撮るかはどう生きるかだ」なんて思ってないし、
むしろその反対かな?
「どう生きるかをどう撮るかだ」
いや、これも違うな。
「どう生きてるかをいかに素直に撮るか・・・」
そんな感じ?

しかし、不正検査やらかしてた連中に

「どう生きるかだ」

なんて気張られても呆気にとられるだけだし、
肝心なときに私邸に引きこもったすえ66時間後にノコノコ出てきて
「救助は時間との勝負」とのたまわった日本の首相を連想します。
つまりは「厚顔無恥」。
車はいいけど、広告代理店、センスないぞ。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


変態カメラマンが実は「アーティスト」だった・・・
先日の壁紙で「ティンポー」というのがありましたが、
あれ、「珍獣」の剥製です。見つけたのは美術館。

2011年に横尾忠則展 目当てに高知美術館に行ったんですが、
たまたまやってた「標本博物館」ってのに目が釘付けになりました。
江本創という方が自分で考えた物語をもとにして
想像上のいろんな生きものの標本を作り、
その一部を展示してあるんですがこれがまた素晴らしい。
ホントにいるんじゃないの?と思ってしまいます。
そのなかのひとつで作品名は「Luxuria / Jose」(*)。

で、この写真を撮ったあと注意を受けました。
写真撮っちゃいけないんだって。
「触っちゃいけない」というのは会場のあちこちに貼ってましたが
「撮影禁止」はなかったもんで

こりゃ日本にしちゃ珍しい・・・
さすが「珍獣」展じゃ。

と感心しながら撮ったんですが、やはりアウトでした。

「触るなマークはあるけど撮影禁止はないから僕の中ではセーフ」

と主張しましたがただ一言

「入り口に書いてあります」

んなもんねえ、会場のあちこちに「触るな」があって
「撮るな」がなけりゃ「撮っていい」と思いますがな。
いつもは「撮るな」も貼ってあるんだから。
しかも入り口の立て札なんてわざわざ見ないって。
「見る」のが入場の条件なら入場口でその由言うべきですね。

日本の美術館とは違い、諸外国のそれはちと違うようです。
フランスのルーブル美術館なんか
ストロボさえ使わなければ写真撮影や模写は自由。
許可さえもらえば三脚やイーゼルを立てることだって可能です。

20180715a.jpg

日本とは違い、そこが学習の場として「どうあらねばならないか」がよく考えられ、
また実行されていると思います。さしずめ日本は「権威」の場w
羨ましい限りです。


て、長くなりましたが本日の本題。

スティルライフオブメモリーズ」という映画が21日公開だそうで、
昨夜友人からのラインで知りました。
なんか、「女性器専門」のカメラマンの話らしいです。
男性器のあとは女性器か、となりますが、まぁ、そういうことですw

で、フランスにそういったカメラマンがいたので外国の映画かな?
と思って検索したら日本のらしい。
高知に来るかどうか分かんないけど、ヒットすればいいね。
だって、そういった写真撮るのに説明が簡単になりますから。

「あの、スティルライフオブメモリーズって映画知っちゅうろ?
あんな写真撮りたいがよ。撮らせてや」

でオーケー。

「いいですよ。綺麗に撮ってくださいね」

となる・・・予定w
今までだと

「あんたのチョメチョメの写真撮らせてくれん?」

「えー。やだー。変態!」

とか、悪しざまに罵られ、
「変態のクソジジイ」と思われてたのが
映画がヒットしてご覧なさい
「あ、あのおんちゃん、最先端のアーティストやったがや」
と評価もだだ上がりw
ホンマは「スケベで変態」なままなんやけど世間とはそういうもんですw
自分の評価軸というものを持ってない人が多く、
世間の、何か権威のあるものが評価したらそれになびく。
盗撮専門の「ティッシー爺さん」がいい例です。
評価されたからこそ僕らも知ることができたという側面はありますが、
僕にとってはどう評価されようがはた迷惑な「変態爺さん」に変わりなく、
でも、それは、最大級の賛辞です。


話はそれましたが・・・
それでも何人かは撮らせてくれました。
風俗嬢さんが多いですけどね。
撮影に行ったついでに頼んでます。
数撃ちゃ当たるw
でも、今は事務所の2階で撮ってるので機会がありません。
元美容室店舗のためトイレも2階にしかないし、
階下のスタッフが上がってきたらと思うと落ち着いて撮れません。
やはり「愛」を込めて撮るにはそれなりの時間が必要だし
「そこ」に「没頭」しなくちゃいい写真は撮れません。
覚めてちゃね、だめですね。
無心になるほどに「愛」はこもってくるし「気づき」もあります。
あくまで「僕」の場合は、ですけど。

20180715.jpg



(*)Luxuriaは勝手気ままな性欲(七つの大罪の1つとして体現される)で、Joseは「男性」の名前。







←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


「きみはサンダーバードを知っているか」
アベ様戦線離脱だそうで、最近飲みすぎかもしれないですね。
いや、失礼、視察で無理な姿勢とりすぎたのかもしれません。
僕も普段と違う姿勢で長時間作業するとてきめん腰に来ます。
でも、天皇陛下はさすがですよね。
アベ様と同じ姿勢で被災者の方を見舞っても
「腰痛い休む」なんて言わないですもの。

陛下に限らず、皇后様はじめ天皇家の方々みんなですけどね。
公務中、目の前に蜂が飛んできてもピクリともしないし、
猛吹雪の中で身じろぎもせずコートも羽織らずに
直立不動の姿勢を崩さない紀子さんの動画を見たときには驚きました。
やはり普段からの鍛えられ方が違うのでしょう。
というか、メンタルがむちゃくちゃ強いんでしょうね。
そういえば北の将軍様は一時期、びっこを引きながら視察をしてました。
同じ三代目とはいえ、メンタル面でアベ様とはダンチです。

精神論大好きな方々は
「気持ち」とか「気合い」とか「根性」なーんて言葉をよく使いますが、
アベちゃんも「気持ち」さえあれば痛さなんてどこかに飛んでいくでしょうに、
お父様にも「晋三には情がない」って言われるくらいだから無理だね。

こんなアベ様が最高司令官なんて、大丈夫やろか。心配です。
でも、ホントにどこか攻めてくる可能性があるのかい?
山本太郎が国会で質問すると

「仮定の話には答えられない」

と逃げるくせに、
「どこか」が攻めて来た時のためという「仮定」の話で
自衛隊に関するいろんな法律が「改正」されました。

7年前、僕はホントにやべぇ〜と思ったんですよ。
でもどこも攻めてきませんでした。
それどころか「仮想敵国」と思われる国が救援隊まで
送り込んでくれてます。敵国どころか「友好国」じゃんw
「仮想敵国」なんてお偉いさん方の脳内妄想じゃないの?
って思いました。

東北大震災のときの話です。
攻め込むなら、我が国未曾有の危機の、
あの時こそ攻めて来そうなものだと思うんですよ。
相手が弱ってるとき叩く・・・ってのが勝利の鉄則ですから。
でも、どこも攻めて来なかった。

「仮想敵国」なんてものがないのなら、
自衛隊を災害救助専門にしたらいいのにな、と思います。
彼らも災害救助訓練に特化した方がよけいに活躍できるし、
国民の誰からも愛される存在になるのにな・・・と思います。


これは別に僕の「アイディア」ではありません。
僕が左翼活動に勤しんでいた頃参加した集会で、
講師の弁護士さんが

「きみはサンダーバードを知っているか」

って聞くんで(知ってる知ってる小学生の頃テレビで見てた)
とか思ってたら話は意外な方向に転換され、
なんと、自衛隊を「サンダーバード」にしたらどうかという提案でした。
で、「きみはなんたらかんたら」は弁護士仲間が出した本 らしいです。

20180713.jpg

サンダーバードというのはイギリスの人形劇による
特撮テレビ番組で、財を成した個人が作った「国際救助隊」。
ロケットや静止衛星まで持ってます。

警察にはおっちゃん、その体で犯人追いかけられるの?
って方はいますけど、自衛官、消防官の方にはそういった方いませんね。
逞しくていざとなったら頼りがいのある方ばかりです。上は知らんけどw
いいアイディアだと思うんだけどなあ・・・

でも兵器産業が困るか・・・

ちなみに以前書いた

「君はヒプノシスを知っているか?」

のタイトルはこれのパクリですw






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


メタファメタファ
もうお気づきの方も多いと思いますが、
ワタクシ、凝ったらそればっかりでして、
「壁紙」に凝った時期もありました。
まぁ、お客さんに頼まれたせいもあるんですけどね。
もちろん「無料」でw

で、作りました15枚。
壁紙サイズは1920×1600ピクセル。
ナナオのSX2461Wというディスプレイに合わせたのですが、
マックブックエアーは1440×900で、比率は同じです。
液晶の比率は全部同じなのかな?
一昨日のも重なるけどついでに貼っておきます。

20180712_15.jpg
<ブルームーン>

20180712_1.jpg
<金環ならず>

20180712_2.jpg
<トマト>

20180712_3.jpg
<木01>

20180712_4.jpg
<ヤモリ>

20180712_5.jpg
<落ち葉>

20180712_6.jpg
<夏雲>

20180712_7.jpg
<レインボウ>

20180712_8.jpg
<冬が来る>

20180712_9.jpg
<夕暮れ>

20180712_10.jpg
<港湾>

20180712_11.jpg
<ティンポー>

20180712_12.jpg
<港>

20180712_13.jpg
<颱風一過>

20180712_14.jpg
<half moon>

これらをサイトに上げて勝手にダウンロードしてもらったわけです。
著作権なんてメンドクサイものは放棄してますので。
アルベルト・コルダが著作権を放棄したからこそ
僕らはゲバラの写真で楽しめるんですもんね。
また、「写真は撮った人のものではなく、必要とする人間のもの
だと思ってますから。

イル・ポスティーノ





「詩は書いた人間のものではない。必要な人間のものだ」は、
2-2の7分15秒あたりから見てたら出てきます。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


今日も「合成」w
どこぞのオシャレな喫茶店のように、
ミュージックDVDをかけながら仕事してます。
音はもちろんアンプを介し、
B&Wのちっこいスピーカーで流しております。
画面に対座すると右やや後方から聞こえてきますが、
そこは気にしない気にしない・・・

で、夜はこんな感じです。

20180712a.jpg

この写真、部屋が暗いので実際はこんなに綺麗に写りません。
普通に写すとこうです。

20180712b.jpg

TVの画面が飛んでますね。
でも、画面に露出を合わせると部屋が真っ暗になっちゃいます。
で、以下の2枚を合成です。

20180712c.jpg



20180712d.jpg

今回は「消しゴム」ツールとかは必要ないです。

TV画面の写真を部屋の写真の上に重ね、
レイヤーパレットでTV画面の描画モードを
[比較(明)]に変更したら簡単にできちゃいます。
ホントにフォトショップって便利です。
ホタルの写真なんかには大いに役立ちますので
あなたもおひとついかがですか?






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ