FC2ブログ
今日が、今日こそが、森友問題の入り口
菅野メルマガ。
今日のは分かりやすいですよ。

まとめて書こうとおもったんだけども、ここ、森友問題の本質みたいなところなので、大至急共有したく。

ずっと国会中継みてるんですが、13:20までで決定的なところが二つあった。

さっきの民進党大野議員の質問

「総理は『カーブボール』という本をお読みになったことはありますか?(質疑続く)」→(総理、真剣な顔で自席で「いいえ読んだこと あ り ま せ ん」)

このやりとりね。すごいわ。こんなの安倍政権ではじめて。これまで安倍はこういう質問で冷笑するか「読んだことねーよ」的な表情を返すのが常でした。こんなに緊張して丁寧にやるの、はじめてみた。
それと。。。
日本の総理大臣が「カーブボール」読んでないのが悲しいよね。そりゃそうだわ。G7各国でイラク戦争が間違いだったと言えてないの日本だけやもんね。アメリカでさえ「イラク戦争は間違いだった」っていうてるのに。この「素養のなさ」「頭の悪さ」「一般常識のなさ」。。。。 そういうのが「国有地売買」「学校設置認可」という行政プロセスに容喙してきた。「大人になれない人」が「大人の世界」に入ろうとした。そこでハレーションがおきた。これが森友問題の本質なんですよ。

これを裏打ちするやりとりが、午前中におこりました。
自民党・和田政宗議員の質疑です。

和田政宗 「まさかとは思いますけれども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だからアベノミクスを潰すために、安倍政権を陥れるために意図的に変な答弁をしているのではないですか」

太田理財局長「いや、お答えを申し上げます。私は公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なので、それをやられるとさすがにいくらなんでも、そんなつもりは全くありません。それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください」

これ。これね、「和田政宗、ばかー」と喜んでる場合ではないんです。
太田理財局長への対応で、自民党こそが、「サラリーマンの敵」「仕事する人間の敵」と明確に提示された。太田理財局長は、サラリーマンとして和田政宗のアホな主張をきっちり否定している。太田理財局長、サラリーマンの鑑ですよ。

でね。

森友問題でも、これと同じことがおこっていたわけですよ。
和田政宗とおなじ籠池
和田政宗以下の安倍昭恵
和田政宗以下の松井一郎
こういう人たちが、行政の窓口に押し寄せてきたわけ。情報としても実際の対面としても。

そうなったときに、大阪府私学課や近畿財務局は、今日の太田理財局長のように「それはいくらなんでも、ご容赦ください」と一蹴できなかった。
一蹴できなかった理由が書かれているのが、「改竄前決裁文書」なわけです。

あの文書は、僕は叫び声にしか聞こえないの。現場の役人のね。
とてもじゃないが、まともに扱える案件じゃない。でも、上は扱えという。その軋轢の中で生まれたのがあの決裁書。

和田政宗の陰謀論ぶりみたでしょ。和田政宗が普通の大人じゃないのみたでしょ。それを大人は一蹴できなかった。本来は「おとといきやがれ」でいい話が、そうはならなかった

そうならなかった理由が、昭恵の存在、日本会議の存在(ここは今度ちゃんと解説します)、平沼など政治家の存在、そしてなにより、安倍晋三の存在なわけです。

子供のたわごととして一蹴すべきものを、「上にいる子供」の圧力に負けて通してしまった。

そりゃ、ムリもでればハレーションも起こる。
それが森友問題。

とはいえ、今日が、今日こそが、去年発覚した森友問題の入り口。
参院審議、最後まで見届けましょう。

sugano.jpg
申込みはコチラ


テレビがないんで国会中継見れないんですが、
あとでYouTubeで見てみよう。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


ニセモノ登場
昨日の、ヨーロッパの動向を
ボンジョビが当時気にしてたらしいですね。
同時期に人気の出た、同じようなイケメンバンドだから気になったのかな?
で、ヨーロッパはスウェーデン出身のバンドらしいけど、
スウェーデンといえばこのバンドですね、僕には。



YouTubeで探してたらこんなのが・・・



上手いですよねえw
てか、みんな僕と同世代ってのに笑えました。
当たり前かねえ。
スプートニクスなんて、今のお若い方は知らないだろうし、
このグループ名も「仙台ベンチャーズ」だし。
本家ベンチャーズは息子さんたちが受け継いだりして
若返りもしてるようですが、この方達のはどうなるんでしょう?
末永く続けてほしいです。


ところで、菅野保さんのツイッター更新がされないなあと思ってたら
またまたまたアカウント停止だって。
しかもどさくさに紛れてニセモノまで登場してる始末。

音沙汰なくてすみません。

「おい。菅野の動向がわからんぞ。大丈夫か」という問い合わせが多数とどいております。
Twitter止められています。徹底的に喋らせない方針の様子。
このメルマガやっといてよかったーとつくづく思います。

しかも、手足もがれてるこの間を利用して、Twitterでは偽物アカウントが出てくる始末。
https://twitter.com/SUGANOTAMOTWO
これ、うちのスタッフではありません。ツイッターやってる人は、このアカウント、バンンバン通報してください。


さて。いま、僕は、東京と西日本各地をいったりきたりすることを連続して行っています。
森友学園の取材は取材なんだけど、まだ内容は秘密。今しばらくお待ちくださいな。

そして今日、安倍昭恵は名古屋でトークショー。
これ信じられます?よくまあこのタイミングで、トークショーとか出てられるなぁと。
それとね、この件で信じがたいのは、「このタイミングでトークショーする昭恵の神経」よりも「それを放置する官邸側のガバナンス能力の低さ」です。

ここ。これなんすよ。僕が去年はじめて籠池さんにあった時に感じたものは。

昭恵さんが森友学園に異常ともいえる愛着を示していたのは事実です。
そして籠池さんには、昭恵さんをそこまで信頼させる「人間的な何か」があるのも事実。彼に引き込まれる人は多いでしょう。
しかし僕には籠池さんのこの「人間的な何か」がとても危ないものに見えた。言語化しえないなにか危険な香りというか、フラジャイルなものを感じた。端的に言えば「うさんくさい」ということなんですが、「うさんくさい」って言葉だけでは説明のつかない、なにかとても不安定なものを感じました。
しかも森友学園は私立の幼稚園。首相夫人が、一私立幼稚園にここまで肩入れすることは、商業的な中立性を損なうようにも見えた。去年の3月の段階で、「とてもフラジャイルな籠池氏に心酔する昭恵」の姿」と「私立の幼稚園を積極的に応援するという商業的中立性をかなぐり捨てた昭恵の姿」は、事実としてもうすでに明らかになっていましたよね。この事実は取材者じゃなくても共有されていて、取材者でなくても事実の認識だけで「異常さ」が理解できると思います。それに加えて「フラジャイルな籠池さん」という存在。僕はこの掛け合わせに慄然としたんです。

サラリーマンだった頃に培った勘といいますか、「社会人としてのセンス」というんでしょうか。。。 去年の3月に、「昭恵の異常な森友学園への傾斜っぷり」と「本物の籠池さん」を合わせ見た時に、「これ、ヒヤリハット案件だ」とおもったんです。で、それを放置している官邸のガバナンス能力の低さに慄然としたんです。こんな脇の甘いことを放置してると、かならず死亡事故を起こす。これが会社ならかならずや倒産し、会社なら倒産する案件なら政権なら崩壊すると。だから3月15日に「内閣吹っ飛ぶ」と大口を叩いたんです。

その意味では、森友問題とは、間違いなく、アッキード事件です。
ファーストレディのガバナンスができない、ガバナンスマインドのない人間がファーストレディーをやっている。これはね、女性とか男性(ファーストコンソートの場合ね)とか関係ない。為政者のパートナーにガバナンス意識のかけらもないってのは、まさに国難なんです。

考えてみ?

こないだの選挙で、安倍が国難だといってた北朝鮮のミサイル。
北朝鮮のミサイル、まだ人を殺してない。 しかし、安倍政権、今年に入って2人殺してる。

よっぽど安倍政権の方が国難よ

ということで、今日はこれまで。

ちょっと魂けずるような原稿を今書いてます。
諸々駆け引きの必要な原稿なので、どんな形で共有できるかどうかまだ不明。
どうなったか、また報告します。

では。
(ツイッター動かせないので、みなさんで、メルマガの告知よろしくです)

sugano.jpg
申込みはコチラ


森友問題が落ち着くまでの当面の間、「メルマガ購入リンクとセット」を条件に、
当方のメルマガの文面を、自由に引用していただいてOKです。


とのことなので引用しました。


<この方はニセモノではありませんw>



フラジャイル・・・「壊れやすい」「もろい」「はかない」「かよわい」という意味。

ヒヤリハット・・・危ないことが起こったが、幸い災害には至らなかった事象のこと。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


今わかった
結局本日もこんな時間。
早く終わったらパンでも捏ねようと
牛乳買ってきてたけど明日に持ち越しだな。
ラボが土曜日休みだから明日は少しのんびりできるかな?
月曜日にはいま預かってるものを納品し、
チビっ子の発表会の注文を引き上げ。
それを整理し納品すれば今年度分はほぼ終り。
年度内には卒園式の日に撮る記念写真が2園(*)あるけど、
それは郵送で4月出しだからノンビリ仕上げます。

しかし、山本太郎は良くなりましたねえ。
メロリンQと同一人物とは思えない。

今わかったーw

山本太郎はその時その時の、自分が興味を持ったことに
対し一生懸命なんだ。ダンスにも、政治にも。



この一年間。これまでの一年間の間に、森友問題、加計問題。行政が中々文書を出してこない、記憶が無くなった、文書が無くなった、これの連続だったんですよ。一年経って、とんでもない話が出てきた!決裁文書、いじったんだって。いじる前の文書、中々出さない。この事実の元となる文章が出てきたら、内閣法にも則って連帯して責任を負う。これ財務大臣だけの話じゃないんですよ。

もしくは、これ、総辞職しないとなったら、・・トカゲのしっぽ切りですか?トカゲのしっぽ切りになりますか?担当する部署の長が咎めを受けるって事になるんですか?この内閣について行く、そのつもりでたくさんの工作に関わっていたとしたら、官僚の皆さん、もう辞めた方がいいですよ!価値がないです。一緒に沈む気ですか?情報隠しの為に、このまま自分の命まで奪われかねないような状況になったら、もったい無さ過ぎる。

あなたは、この国に生きている官僚の皆さんは、この国をもう一度立て直す為に必要な人材なんですよ。今持っている情報があったら、是非出して頂きたい。そして、ちゃんとした国作りの為に力を合わせて頂きたい。決して自分の命を無駄にするような事はしないで頂きたい。そう申しまして、続いての議論に行きたいと思います


こんなん見てるから遅くなるってこともあるけどw

ところで、ツイッターの、
菅野完スタッフアカウントが凍結されたようです。
noiehoieアカウント凍結の時と同じく、今回もまた

「どのツイートが問題だったか」の提示もなく、いきなり凍結。
「ルール違反したんだから当然だろ」とか言う人がいますが、
ルール違反もくそも「どのルールか」の提示すらない。
これじゃ、中国の言論統制以下じゃないですか。


アタマが悪く、短文でつぶやくことなどできないのでツイッターは
してないんですが、ツイッタージャパンもどうしようもないなあ。


ということで、パクリばかりの日記だけど今日も寝よう。
「手が4本」は先送りw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


東京、見れへんかってん


YouTubeとFacebookとで投稿者が違うけど、
誰が作ったんやろ?
面白いねんけど・・・←あってる?大阪弁w





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


【菅野完リポート】2017年12月12日いやぁしかし木村ゆいさんて見上げるほど立派に極北にバカですね号
昨夜は早く帰ったので菅野メルマガはその後に来てました。
菅野完さん激おこですw

こんばんは。菅野です。
前もって宣言しますが、「今日のこのメルマガだけは全文そのまま完全に転載OK」です。その代わり転載するなら全文転載してね。
短くするので

さて。

非常に気分が悪い。

人間は間違いを犯します。そして間違いをおかしたら謝罪します。
どうも日本の文化って謝罪が下手ですよね。

以下、僕が嫌いな謝罪ランキング

1。直接の被害者への謝罪が済んでいるのに「世間に対して詫びろ」と言い出す奴 and/or 社会的私的制裁がないと謝罪が済んだと思えない奴
2。「世間に対して詫びます」の一言で、被害者への謝罪をしない奴
3。謝罪する前に他人のせいにする奴

1、2、3の順番に、強烈に頭が悪い。
3、2、1の順番に、深刻に根性が腐ってる。

根性が腐ってる人、僕は大好きです。人間味がある。
しかし、頭の悪い人は始末に負えない。なぜか。 単純な話です。「同じ間違いを何度も犯すから」です。

で、昨日今日とこの「謝罪のやり方が下手すぎて頭が悪いことを見せつけ、さらに人に迷惑をかけ悪びれもしない」という愚劣な例をみました。
きむらゆい という人です。この人、とんでもないバカですね。

経緯はこうです。

1。スパコン斎藤のことを書いた私のメルマガ全文を無断で転載するブログがあった
(ほんとはここに経緯1.5が入ります。後述)
2。このブログURLを、きむらゆい氏がツイッターで引用して紹介する。しかもこっちが書いてもないことをコメントつけて
3。当該きむらゆいツイートを、菅野のスタッフが発見。ツイッター上できむらゆいに直接抗議するとともに、ブログ主を割り出しブログ主に厳重抗議
4。ブログ主は当方事務所に直接丁重に謝罪
5。木村ゆい、以下のツイートをして遁走
  以下 全 文 引 用 
  「昨日ツィートしたスパコン斎藤氏に関する菅野氏のプログを転用した記事は本人の承諾を得ずに転載しているとの連絡がありましたので、削除しました。既に多くのRTがされておりました。お詫び致します。転載するからには許可を得るのは常識と思いますが。」


経緯以上。

さて。経緯5をご覧になってわかるように、きむらゆい、僕に謝ってない。僕のスタッフにも謝ってない。謝ってることは「既に多くのRTがされておりました。お詫び致します」の文言から分かるように「既に多くのRTがされて」いたこと。つまり、「ダメな謝り方」の2と3をこの短文で一気にやってる。さらに「転載するからには許可を得るのは常識と思いますが。」の一言で他人のせいにしてまた、「ダメな謝り方の3」を完遂してる。ここまでくると、鮮やかすぎて、バカのロイヤルストレートフラッシュですね。

この経緯について報告を受けた時、怒りというか呆れというか、そんなのが綯交ぜになった感情で腑煮え繰り返って鳩尾のあたりでルイボスティーが沸きましたね。

あのね。こっちは金稼いどるのよ。それをタダで全文転載して、それを引用して「既に多くのRTがされておりました」って何やねんと。で、自分が被害拡大させといて「転載するからには許可を得るのは常識と思いますが。」とは何事かと。

ちなみに、この時点にいたるまで、僕も僕の事務所も僕のスタッフも、木村氏から一切直接の謝罪は受け取ってません。
直接こっそり「ごめんねー」って言うてきてたら、何の問題も波風もたてず許してたのに。

ということで許しません。

あまりにも非常識すぎる。このメルマガが有料であろうと無料であろうと同じこと。他人の文章を無許可で全文引用し、流布するなど、端的にいって人非人。そして人非人であると指弾されているのに、その指弾の来し方を見ずに世間に対して謝るというあやふやなことをしとる。なめとるのかと。

アホなんでしょうね。この理屈がわからんのは。
で、アホな人が多いから「悪いことをした人が出た時」に、アホな人は「悪いことした人が悪いことされた人に謝る」ことよりも「悪いことした人が悪いことされた人ではなく世間に謝る」ことを要求しがちで、そのアホな人のアホな雰囲気に、アホは毒されて「ああ。私も世間に詫びればいいんだー」となるんでしょう。アホかと。

このアホさなんですよ。昨日のメルマガで「日本のリベラルが『日本のリベラルはなぜダメか』を論じたがるダメさ」を指摘したのはまさにこのアホさ。このアホさがダメさの要因。「で、お前、どこにいて、どこに向かって、なにしてんの?」って話です。

まあ穏便に済ませようと思ってたんですけども、さっきその思いも吹き飛びました。

何と木村ゆい、今度は、「第三者に菅野に電話かけさせて謝らせる」という挙に出たんです。
これが上記経緯0.5

僕に電話かけてきた某氏によると、「菅野メルマガを全文転載するブログを見つけたのは自分」とのことで、この人は、「ああ有用な情報がある」と思い、この人の属する規模数200人ぐらいのメルマガで当該ブログ記事を共有したそうです。で、その共有投稿をみた木村ゆいさんが、ツイートしたというのが、経緯。

………知らんがな

知らんがなとしか言いようがない。そんな経緯こっちからは見えんし、見えてたとして、きむらゆいがツイートで共有したことがなくなるわけやない。そして、本件全体経緯で当方サイドが直接抗議した、当該ブログ主と木村ゆいのうち、当該ブログ主だけが直接こっそり謝りに来た(その謝罪は実に丁寧なものだったそうですよ)という片務的な状態が解消されるわけでもない。

何の言い訳にもなってない。

まあアホなんでしょう。しかしアホなんでしょうと捨て置くわけにもいかずね。なんせこっちは銭金の前に、生業である文章をそのまままるっと剽窃されとるわけでね。

木村ゆいさんは以前から田中正道とか黒川とかとつるんでて、どうしようもないセンス悪い人だなーとおもってましたがここまで頭悪いと思っていませんでした。バカのカーニバル。バカの国士無双。バカの藍綬褒章です。

僕は彼女から(こっそりでいい)直接のpeer-to-peerのチーでポンの謝罪がない限り、絶対彼女の事許しません。


で、再度。
このメルマガは、全文転載OKです。
というか、是非とも、全文転載してください。

気分悪いけど、以上。
年末進行まだ続いとんねんこっちは!

では。






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ