FC2ブログ
とても大切な僕の「一瞬」
愛知のトリエンナーレが中止になりましたが、
その中で慰安婦像が芸術作品なのか?
なんて言ってる方もおいでます(例:武田教授)。
作った本人が「芸術」だと言ってりゃそうなんだろうよ
と思いますけどね、僕なんか。
芸術の分からない人に芸術が分かるわけないんだし。

いい例が

「盗撮」も極めればアートになる

で紹介したオッサン。

廃材を拾ってきて作った手作りカメラで、
ホームレス同然の生活をしながら「女性」ばかり撮り続けた方です。
「撮った」といってもコッソリ撮ってるんです。
いわゆる「盗撮」。
でも「盗撮」とは言えない事情があるんです。
ハロルド・ゼーマンという世界的に有名なキューレターに

これ、いいね

って言われちゃったんです。
で、次の日から彼の写真は白手袋なしでは触れることのできない
「作品」へと昇格w
はた迷惑なオッサンからアーティストになっちゃったw
数十回も逮捕されてるらしいですが、
盗撮されたと通報した「被害者」はどう思ったでしょうね。

もうひとつ。
海外の例でなく国内。しかも地元高知でのこと。
高知の市展は「無審査」なんです。
なんでも通っちゃう。
で、ある年のこと、一人の男性が僕に問いました。

「芸術ってなんぜよ?TAMARAくん」

僕が写真撮ってるから「芸術家」と思ったんでしょうね、
そんな意識は皆無なんだけど。

「突然なんですか。
本人が芸術と思ったらそうなんやないんですか?」

と、普段思ってることを応えました。

「そういうもんかよ。実は・・・」

と、つい先日経験したことを話してくれました。

市展の、立体作品は屋外展示で、
高知城の下にある公園が会場にあてがわれてたのですが、
彼、そこの清掃の仕事をしてまして、

「木の枝に汚らしい服ともいえん布がかかっちゅったき、
ゴミかと思うて処分したがよ。どっかから飛んできた洗濯物が
木の枝にひっかかり、それが朽ちたのかと思うて」

(イミ、分かりますよね?)

「そしたらそれが市展の出品物やって、まっこと芸術は分からん。
ワシにはゴミにしか見えんかったに」

これには笑いました。
二重の意味で。

実は先に、お得意さんとこの従業員が市展の展示物を
ゴミと間違われて処分された、という話を聞いてたのです。
なので、思わず出た言葉・・・

「犯人は〇〇さんやったかえ」

出品者も撤去者も知人って、・・・世の中狭いですw


芸術作品ってこういうものですよね。
他人には「なにこれ?これが芸術?」としか見えなくても
作った本人にはとても大切なもの。

僕は写真が芸術だとは思ってないし、
また、そういった写真も撮れないけど、
出来上がった写真一枚一枚はとても大切な僕の「一瞬」。









←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


師弟ゴッコ
今日もスーパーに珍しいものがありました♪

20190114.jpg

八戸産のいか珍味。
商品自体はどうってことないですが産地ですね、
興味を惹かれたのは。

八戸にはネットで知り合った友人がいるのです。
すすむクンといいます。
2001年にTAMARA-ND のサイトを開き、
それ以降だから18年くらいになります。
当時は日に200人くらいは訪れてくれてたんですが今は限りなくゼロ(笑)
Macのバージョンアップに伴い、使ってたGoLiveというソフトが使えなくなったんです。
なので10年近く更新してません。

すすむクンとはオフ会で数回会ったことがありますが、
彼、僕のことを「師匠」と呼ぶんですw
「師匠」と呼ぶのはリアルで2人、ネットで3人います。
ま、お遊びです。師弟ゴッコ(笑)

僕のことを「師匠」と呼んでも「あんなヤツの弟子なのか」と、
そう呼ぶ人間の評価を落としこそすれ上がることはないです。
でもこれが、あの方の「弟子」というだけでその「弟子」の評価が
上がるのであれば勝手に「弟子」を名乗ってはいけません。
大問題になったことがあります。


宴席で、カメラマンNが、某社幹部の女性Hに

「僕はT築さんの弟子です」

と名乗ったからさぁ大変。
酒に酔った勢いではありません。
そいつ下戸なので一滴も飲みませんから。

T築さんとは親しく、いつも撮影を頼んでるHさん、

彼が弟子などとるはずがない。
でも世の中何がどう変わるか分からない。
もし彼が弟子をとったとなると、
今後の付き合い方を考えねばならない。

と瞬時に考え、その場は

「そうかね、あのT築さんの弟子かね。そりゃ信頼できるねぇ」

と流したそうですが、翌朝すぐT築さんに電話。

「あんた、Nがあんたの弟子や言いゆうが、
あんたいつから弟子をとるようになったぞね」

年はT築さんの方が上ですが、なにせ「はちきん」ですからw

驚いたT築さん、弟子の件はきっぱり否定し、
電話を置くやNに電話。

「勝手に僕の弟子らぁ言うてもろうたら困る」

驚くのはNの番。
軽い気持ちで、尊敬の念を込めて「弟子」と
名乗ったのでしょうが軽すぎる。
Nは言動が軽いんです。だから写真も軽い。
いくら「重い」テーマを選んでも軽い写真にしかならない。
T築さんの「弟子」であることが、
この業界でいかに信頼を得ることなのか、
彼にはわかってなかったんでしょうね。
酒持って謝りに来たそうです。
T築さん、お酒好きですからw

僕にとってT築さんはスゴイ方です。
高知で一番上手いと思うし、写真を見て、
悔しく思ったカメラマンは高知には彼以外にはいません。
よさこいや日曜市の写真なんかで圧倒され、
今でも脳裏にこびり付いて離れない写真があります。
「高知の夏」がそこにあったんです。
僕には撮れません。
そういう写真を見た時はちょっとショックを受けます。
自分の下手さ加減を思い知らされ、しばらく立ち直れません。

中央で有名なカメラマンもよさこいを撮りにやってきたりしますが、
彼らの写真で記憶に残ってるのは1枚もありません。
ねぇちゃんはキレイだ♪・・・でオシマイですw

フィルムでの一発合成撮りの方法を教えてくれたのもT築さんです。
それをテストもしないのに仕事で使い、みごと失敗したのもN

合成撮影も過去の話→コチラ
その種明かし→コチラ









←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ



初コラージュ
長男の子供のカレンダーがだいたい出来ました。
いま、3人の背丈のバランスを息子に問い合わせています。
僕と違って寝るのが早いので回答は明日になるでしょうw

20181214.jpg

明日は左の女の子の切り抜きの精度を上げるのと、
右端の子が少し青みを帯びてるので色修正。
バックになる写真のぼかし度も試行錯誤。
あまりぼかすと真ん中の男の子の後ろ側に同じ写真があるのでそれが滲み、
切り抜いた前側の男の子周辺に後光のように漂いますw
他にいいやり方はないものかと無い頭を絞ってますが出てきません。
まったく違う写真をバックに敷き、それをぼかせばいいんだけど、
そのつもりで撮ってないんでいいのがありませんw
やっぱり撮る「量」は、いかなる時にでも正義です。
森山大道さん、あなたは正しいw

ここで一句・・・

初コラを
やってはみたけど
センスはないな

おそまつw
では、おやすみなさい。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


コダクロームは「青春のフィルム」
今日で幼稚園関係の、年内仕上げの作業は終了。
夕方からカレンダー作りに精出してました。
幼稚園と孫たちの、です。
幼稚園と二男の子供のはすぐ終わりましたが
長男の子3人いるし、カレンダー用に3人まとめて撮ってないしで
先だっての運動会の写真でコラージュすることにしました。
それがなかなか楽しいので、晩飯食わずにやってたら、
子供の頃のプラモ作りを思い出しましたよw

20181213.jpg

カレンダーの枠の、パーフォレーションはPKRがモデルです。
コダクローム64のプロ用ですね。
コダクロームも2009年の夏に販売終了となったんですが、
その翌年、私が蘇らせたんですw
もちろんカレンダー部分に写真を入れることもでき、
フィルムで撮った風になりますw


コダクロームは感度を違えて3種類あり、
それぞれにプロ用とアマ用がありました。
フジのRDPのようにナチュラルな発色で安定した製品ではなく、
M側に転ぶクセはあるは製造ロットによるバラツキも多いはでテスト撮影は必須。
高知では現像もできなかったし、個性的といえば聞こえはいいんだけれど、
実際はなかなか使いづらいフィルムでしたね。

でも、クセがあるのはそのクセを生かせば利点にもなるわけで、
普通に使ってもCC20M(*)程度は色乗りしてしまう感度200のPKLは
蛍光灯下の撮影には重宝しました。というのは、
蛍光灯だけの光源下で普通に撮ればCC40Mくらい補正を加えないと
蛍光灯特有のグリーン被りで見ちゃおれんのですよ。

で、外光が遮断され、蛍光灯だけという現場は少なく、
夜でもない限りたいがいのとこが外光も入ってくるわけです。
そうなるとまたメンドくさく、外光と蛍光灯の光量のバランスで
補正フィルターも変わってくるし、メイン部分は補正されたとしても、
メイン部分よりも外光のバランスの強い窓際なんかには補正した
マゼンダ色が微妙に残るわけです。
また、レンズの前に濃いフィルターをかますわけだから
当然暗くなりシャッタースピードも遅くなる。
いいことはひとつもありません。

そこでPKLです。
端から20Mや30Mのフィルターを要するフィルムですから、
蛍光灯の下ではフィルターノンでも構わないってことになります。
使用したとしても薄い番号でOKです。
しかもどういうわけか窓際にマゼンダがあまり残らないんですよね。
この辺はデジタルに似てるかな?
ISO200ではありましたが元々粒状性の良さが売りのコダクロームですので、
感度アップによる粒子の荒れはエクタクローム系ほど気になりませんでした。

そんな「青春のフィルム」コダクロームには歌まであります。
ポール・サイモン「僕のコダクローム」です。





(*)CC20M
デジタルみたく簡単に色をいじることのできなかったフィルムでは、
撮影時に「CCフィルター」というのをレンズの前に被せて色調整してました。
Mというのはマゼンダ色で、その前の数字は濃さ具合です。

20170602h.jpg





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


中黒が あるとないとで大違い
ニッコールの18ミリが、現行商品ではなくなったという話を聞き、
久しぶりにニコンのサイトを見たんですけど

20181204.jpg

上段右、アクションカメラってw
こんな名称付けて大丈夫なんかいな。
僕らの世代でアクションカメラっていえばこれですね。

20181204b.jpg

今見たら中黒が入ってたんだ。
なので正確には「アクション・カメラ術」。
パンチラとか、盗み撮りの実践指南本ですw
僕は写真でリアリズムを追求してるわけではなく、
リアリティーだけで十分。
なのでアクション(風)カメラでしたw→作例1

この本の作者馬場賢治さんは石川さゆりさんの元夫で、
この本を執筆したときにはまだ夫婦でしたので
なんでこんな男と・・・と思ったものでしたが、
さっきwikiで確認すると学生運動の闘士だったようで、
かなり見直しましたw


明日も撮影なので今日は早めに帰ります。
おやすみなさい・・・・zzzzzz





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ