fc2ブログ
恋をした
頼んでた写真集が来ました♪
最近買った中ではbestです。

20240314a.jpg

50年を記念して出された写真集のようです。
1972年のライブツアー時の写真らしいので、
ひょっとしたら復刻版かもしれません。
英文なので詳細は分かりません(笑)

20240314b.jpg

僕がピンクを知ったのもこのころですね。
写真学校1年時。
無知だった私に橋本くんが教えてくれました。
橋本くんといっても社会人経験者だったので年上です(笑)
ニコンに勤めてた彼の愛機はF2でした。
もちろんアイレベルで、かっこいいなと思ったものです。
その約1年後には僕も手に入れましたけどね。

例の写真も収録されてます。
A3プリントの1/10ほどで写真集は買えました。

20240314c.jpg

この写真は1974年のツアー時と書かれてたんだけど・・・
ま、いっか。

ファインダーを覗いてるのはギルモアでしょうか?
ニコマートのようですが多分カメラマンのなんでしょう。
Jill Furmanovskyは左後方で撮ってます。
じゃこの写真を撮ったのは誰だ?w

20240314d.jpg

彼女は1953年生まれで私と同い年です。
1972年にレインボー・シアターの専属になったそうだから
僕が森山大道にかぶれたときにはもう稼いでたんですね。
エラい違いや(笑)
下の写真は彼女のデビュー当初のだと思うけど、
被写体を見つめる眼差しが素敵です。
また、気張ったところもなく自然体なのもいいですね。

20240314f.jpg

使ってるのはペンタックスかな?
僕も初めて買ったカメラはペンタックスSPだったなあ。

この写真集、スピンが付いてます。
スピンの付いた写真集なんて初めてです(多分)。
洋書ではあたりまえなのかな?

20240314e.jpg





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


「写真仲間」と「同業者」の違い
昨日の日記での「写真仲間」とは「同業者」のことではありません。
自分の写真を撮ってる方々のことです。
中には写真を生業にしてる方もおいでますが、忙しい中にあっても
仕事でない写真もちゃんと撮ってます。
仕事の写真しか撮らない人たちのことを「同業者」と呼びます。


さて、ニコンが、Fマウント製品の生産をすでに終了 しているそうで、
一部のマニアの中で話題になってます。
僕はもうFマウント製品はいらないかな?
デジタルはミラーレスのほうが断然いいし、
いまさらフィルムに戻る気もさらさらありません。
つうか、材料費があんなに高けりゃ撮れないよ。
ライカ版で撮るにもかつての4✕5くらいの材料費がいるんじゃないの?
4✕5はおおげさだとしてもブローニー版は確実に超えるでしょ?
よくフィルムの頃は1枚1枚慎重に切ったとか言う人いるけど
僕はそうじゃなかったなぁ。パッパカパッパカ撮ってた。
今はもっと、パッパカパーくらい撮ってるw
そんな撮影の仕方、できないでしょ?

今持ってるFレンズで今後も使うとしたら(もちろんZカメラで)、
18mmF2.8、60mmマイクロ、70-200mmF4.0、300mmF2.8、500mmF8
くらいかな?
70-200は先日も使ったけど軽くていいレンズですね。
ズーミングもやりやすい。
若い頃に返り、500mmF8でまたスナップしてみたいです。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


カメラはレスポンス
デイキャンプのスナップの、選別作業に移りました。
今回は来年度から引き継いでもらうOくんも一緒に行ってたので
枚数が去年より多く大変ですw
1クラスに付き3000枚くらい撮ってて、それを500枚に絞ります。

BGMならぬBG動画で流してたBBCの、この番組が面白かった。
英語なので何言ってるか分からんけどw



遊園地で何撮ってるんだ?と思ったら
こんな写真撮ってたw

20230817a.jpg

しかもカメラはこれだよ。
ライカかな?

20230817b.jpg

フィルムの時代だけどモードラすらない。
連写厨には見習ってもらいたいもんですね。

でも、私も負けてませんよ。
リコーGR(*)でこんなん撮れました♪

20230817c.jpg

きれいな脚を写そうと、振り返りながら後部座席に
カメラを向けると予期せぬ大サービス。
私の右人差し指のレスポンスもまだ衰えてなくパシャリ。



(*)リコーGRはコンパクトカメラです。
もちろん連写なんてできません。
でもシャッターレスポンスは抜群です。
リコーのデジカメはカプリオR1から使ってて、
その頃からシャッターレスポンスは群を抜いてました。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


良かった♡
一泊とはいえ旅行から帰るといろいろ忙しいです。
珍しく撮影とかもあったし。

さて、写真展はとても良かった。
報道志望の僕を一変させた「空と海の間で(*1)」もあったし、
他に「新宿騒乱」や、森山大道復活(*2)の写真もあった。
残念だったのは「彼岸は廻る」がなかったこと。
最近の大道さんの写真集の中では一番好きなのに。

それにしても島根県立美術館は国内外問わずいい写真をたくさん揃えてる。
高知はあるのかな?



(*1)この写真群は僕が持ってる写真集には収録されてないんです。

(*2)長い眠りから覚めるきっかけとなった写真なので僕が勝手にそう言ってるだけで、写真時代に掲載された、逗子の自宅庭に咲いた一輪の花の写真のことです。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ



Tクンは写真家になり僕は写真屋になった
森山大道の写真展を見に行った、2日間の記録です。
写真自体は目新しいものはなかったけど、
同級生のTクンが撮った大道さんの写真がありました。
Tクン、どうしてるかなあ?
同級生の中では群を抜いて上手かった。
こんな上手いやつが同期にいたんじゃ出番はない、
と中退し、すごすごと引き上げてきたのです。
僕はあきらめが早い(笑)

20230602_1.jpg

20230602_2.jpg

20230602_3.jpg

20230602_4.jpg

20230602_5.jpg

20230602_6.jpg

20230602_7.jpg

20230602_8.jpg

20230602_9.jpg

20230602_10.jpg

20230602_11.jpg

20230602_18.jpg

20230602_13.jpg

20230602_14.jpg

20230602_15.jpg

20230602_17.jpg

20230602_16.jpg

20230602_12.jpg

20230602_19.jpg

20230602_20.jpg

20230602_21.jpg

20230602_22.jpg

20230602_23.jpg

20230602_24.jpg

20230602_25.jpg

クニオくんの母上は御年102歳。
お会いするのは5回目。
長い時には1週間も泊まらせてもらったこともある。
そんな厚かましい僕を、覚えてくれていた。
その母上、今朝転んで骨折し、救急車を呼ぶなど
大騒ぎだったそうだ。
昨日の今日。
絶妙のタイミングだった。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ