FC2ブログ
暴利を貪る写真屋さんw
YouTubeでは料理モノのを良く見るんですが、
お店をやられてるプロの方もいたりして、参考になります。
でも、参考にして作ってはみるけど・・・ですねw



親方が昔よく言ってました。
卵は1個20円、
目玉焼きになったら100円、
オムレツなら400円。
それが料理人の仕事だと。
1個20円の卵の何倍も頂くんだから技術を磨きなさいと。


僕の場合、
幼稚園のスナップ写真は1枚150円(*1)が売価です。
30ン年前にフリーになった時から変わってません。
もうかなり前の話ですが、写真屋さんにフィルムを持っていき、
同時プリントすれば現像代のみでプリントは無料という時代がありました。
で、保護者から

プリント代はタダやのに、なんで150円もするの?

とクレームが入ったそうで、園長は

150円の中にはフィルム代も現像代も、カメラの消耗も、
それにカメラマンの生活費も入ってる。


と、とりなしてくれたそうです。ありがたい。
まぁ、プリント代無料のとこには出してなかったんだけどね。
その頃は今みたく町の写真屋さんではなく、
キタムラ系のプロラボに出してました。
デジタルの時代となりポジフィルムの現像もなくなり、
プロラボを廃止したので仕方なく町の写真屋さんに出してます。
キタムラ系の写真屋さんではありません。
オリジナルサイズに対応できるとか、
融通のきく写真屋さんに出してます。
で、話は戻りまして、喫茶店でコーラを頼んだとして

「自販機で100円(*2)で買えるのに400円は高い」

なんてこと言うのかなあ?
とその時は思ったんだけど、
今思えば、技術が磨かれてなかったんだなあ、きっと。


ところで、プリント代0円に対し150円は何倍で売ってたんだろ?
150÷0=・・・・ん?
ゼロ除算はアインシュタインにも解けなかったようで、
だから「私は数学を信じない」・・・となったのでしょう。
僕はゼロ除算は「不能」と認識してるけど、

ゼロ除算0/0=0、100/0=0は、
分数、割り算の固有の意味から、自明である


と結論づけた方の理論が面白かった。
長くなるから引用しないけど、興味のある方は→コチラ

20200426.jpg
<今日は500g>



(*1)L版です。ちなみに集合写真は基本500円+消費税です。

(*2)30年くらい前はこのくらいだったと思う。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


違うよ。写真が自由なの。
本日は小学校の卒業式。
卒業生と保護者、担任、校長との記念撮影です。
手を広げすぎて、イベント時にはカメラマン不足となった
写真屋(勤めてたとこ)さんのアルバイトですけどね。

今日のはちょい不気味というか、不思議な写真になりました。

20200323.jpg

例年は写真での生徒の後方、親がいるところの
パイプ椅子に卒業生が座り、その後ろに保護者が立ち、
僕は生徒が立ってる最前列あたりに
カメラを構えて撮るんですが今年は特別。
私とカメラは観覧席w
観覧席といっても公立の小学校の体育館にそんなに
立派なものはなく、「通路」ですね、通路w
こうでなきゃ撮影「許可」が下りなかったようです。
いわゆる「コロナ」対策。
保護者に申し訳なさそうに説明する教頭・・・
先生も大変です。


今日のAmazonビデオは「四月は君の嘘 」。
チア☆ダンの広瀬すずはそんなに可愛いと思わなかったけど
この広瀬すずは可愛らしいわ。髪型かな?

「下ばっか向いてるから(*)五線譜の檻に閉じ込められちゃうの」

「君は・・・自由そのものだね」
「違うよ。音楽が自由なの」

主演の一人、山崎賢人くんをwikiで調べてみると、
「崎」はタツサキで「大」の箇所が「立」なんだとか。

20200323b.jpg

でも、おまえんとこも「崎」になっとるがなw


ところで、小池都知事が「Lockdown」という表現をしたところ、
それをマスコミが「封鎖」と訳してしまい大騒ぎしています。
でも、菅野完氏に言わせれば


lockdownは、文字通り、「鍵をしめて閉じこもる」というニュアンス。
閉鎖(封鎖)のニュアンスだと「市中に誰も外部から侵入しない」イメージでしょ?
そうじゃないんだよ。
ロックダウンは「街頭にうろちょろしてる奴から逃げて家に閉じこもって隠れる」イメージ。


だそうで、つまりは「家にいろ」ってことらしい。
ちなみに封鎖は「blockade」とのこと。

今朝のヤフーニュースでもニューヨーク在住の安部かすみさんが

感染爆発対策で今日からロックダウン(外出制限)、ゴーストタウンと化するNY

と、外出制限と訳してますね。
どうもそういったニュアンスが正解のようです。
マスコミは煽るのが趣味だから困ったもんです。



(*)楽譜ばっか見てるから



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


省いちゃダメでしょw
今日は風俗嬢2人の撮影。
2人とも細身だったので大した修正もなく楽勝。
一人の子の画像処理を(*)してて

ん?元女子アナに雰囲気が似てる。

と感じた。
そこで、いつもはオーナーがぼかしをかけるんですが、
ぼかしをかけた写真も添付し、

ぼかしをかければ「おっぱいのないカトパン」の、
超オススメっ子。


の一文を添え送った。するとオーナー、
それを「カメラマンからのここだけ情報」
としてコメント欄に使いやがった。
しかも「ぼかしをかければ」を省いてるしw

20200319.jpg
<履物は店のサンダルです>

ま、誇大広告ってほどでもないからいいでしょう。


Amazonビデオは「ゆるキャン」を見直してました。
まいんちゃんもだけど大原優乃が実にイイ。
どこから出てくる声なのかw



たとえば未来が分かれば
僕はもう後悔しないのかな♪



(*)体の修正はなくてもほくろ取ったりもせなならんので。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


小さいことはいいことだ♪
今日は孫の生活発表会。
長男の子だから3人います。
3人とも、もろ「田舎の子ぉ」という感じですw

中古で買った70-200mmF4の試写も兼ねてZ7での撮影。
クロッピングし、APS-Cサイズで撮りました。

20200215a.jpg
<ISO1600・1/250s・F4>

レンズの方は以前使ってた80-200mmF2.8に比べ
赤味を帯びてるんですが、それはまぁ、いいです。
でもZ7とはなんかフィーリングが合わない。
Z7というよりもミラーレスとだろうけど、
動きのあるものを撮ったとき「残像」みたいなものが残り、
それがなんか変。
「残像」と書いたけど残像かどうかも怪しいし、
設定しだいかもしれないし、慣れたら
どうってことないかもしれない。

とりあえず動きのある被写体は使い慣れた一眼レフのほうがいいね。
今度その「残像」の正体を突き止めてみようと思ってる。

今日は「写真屋」さんではなく、
「おじいちゃん」という立場だから機材も控えめに。

20200215b.jpg
<コンパクトなレンズにコンパクトなカメラ>

三脚ではなく一脚です。
新しいフュージョンプレートには落脱防止の
セーフティストップピン(赤矢印)が付き、
もしもの時に安心です。

20200215c.jpg




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


今はいるのかどうかは分からないけど写真撮ってよ
今日は午前中は妻を病院に送迎。
午後からは撮影2本。
その撮影の合間にキタムラカメラ(*1)に70-200を引き取りに行ってました。
隣のカウンターにキヤノンの400mmF2.8を持ってきてる方がいて、
店員との話し声が聞こえてきたんですが、鳥を撮ってる方らしく、
ヤイロチョウ (八色鳥)がどうとかこうとか話してました。

ヤイロチョウは高知県の県鳥で、旧大正町(*2)の町鳥でもあります。
リンク先にもあるように国内希少野生動植物種に指定されている鳥で、
そんなもんだから撮影はまず困難。
でも、県や大正町の仕事をした時なんかには言われるんですよ。

「ヤイロチョウを写してほしい」

って。
そりゃあね、県鳥であり町の鳥でもあるから写真が欲しいのは分かります。
分かりますが、どこに生息しているか役場の人間も知らないような鳥を、
あてもなく、何日も森をさまよって写せませんよ。
仮に撮れたとしても日当いくらになるんだ?って話ですw

県民も町民も見たことのないような、つまりは親しみを覚えないような鳥を、
なんで県や町の鳥としているのか、その感覚が分からんですね。

ちなみに高知県の木は「魚梁瀬杉」で県の花は「ヤマモモ」です。
これらは現地に行けば見られます。
ヤイロチョウは大正町に生息している(*3)らしいですが、
役場の方の話によると

「〇〇方面で見かけた人がいるらしい」

とのことで、

「人の気配を感じたら巣を変えるので、今はいるのかどうかは分からない」

とも付け加えられました。
趣味とか、鳥専門のカメラマンとかでない限り、
予算が決まってる、グロス仕事のワンカットでは
ちょい無理ですね、撮影は。


四万十町に「ヤイロチョウの森」を作った方の記事が
コチラ にありますが、その方でさえ実際に
ヤイロチョウの姿を見るまでに25年の歳月を要したそうで、
日当いくらだ?(笑)



(*1)正式には「カメラのキタムラ」

(*2)合併後の四万十町の町鳥でもあるようです

(*3)バリバリに仕事してたころだから30年くらい前の話です





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ