FC2ブログ
バッグにC1忍ばせて・・・
ProfotoのC1Plusですが、
iPhone7以降に適応というのは全ての機能に対してで、
定常光で撮るのであれば僕のSEでも可能です。
っていうか、アンドロイドでもいいしコンパクトカメラでもいい。

20190929a.jpg
<電源オン>

20190929b.jpg
<電源オフ>

C1側に電源及び光量調節のボタンがあるのだから当たり前ですね。
その場合は「普通」のライトとして機能します。
つまりはライトが勝手に照ってる状態です。
iPhone7以降を購入し、アプリをダウンロードすれば
ストロボとしても使用できますし、光量調節はもちろん、
色温度まで調節(3000K〜6500K)できます。

今の仕事が一段落したらスマホの買い替えも検討しなくっちゃ。
アップルのサイトによると

iPhoneSE(4.0インチ)・・・大きさ的には理想

iPhone8(4.7インチ)・・・52,800円から
iPhoneXR(6.1インチ)・・・64,800円から
iPhone11(6.1インチ)・・・74,800円から
iPhone11Pro(5.8インチ)・・・106,800円から

とのこと。
大きさからいうと「8」がいいんだけど、
いまさら数世代前の機種もなあと思うし、
ショップに在庫があるかどうかも疑問。
XR買うなら1万プラスして最新の「11」がいいだろうし、
「11」ならサイズの小さいProが・・・となるけど、
携帯が出回りだした頃、実質タダだった時代を知る者としては
スマホとはいえ、電話に10万出すのはちょっとバカバカしいw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


オクタは「8」です
後納となっていたProfotoの
「OCF ソフトボックス60cm オクタ」が来ました。
さっそくテスト撮影。
キャッチライトがほぼ円形でいい感じ♪

20190613b.jpg

角型のライトボックスしか持ってなかったので重宝しそうです。
OCF(*) はモデリングランプがLEDなので、
OCF用のライトボックスは従来のと違い、
熱にそれほど強くない素材を使ってます。
なので生地も薄く、軽くてコンパクト。
ただし、ちょっとちゃっちいかな?という印象は否めませんw

オクタには直接関係ないんだけど、
B10をスタンドにセットする際に使用する
スタンドアダプターのチルトロックノブが使いづらい。
直径3cm弱の円形つまみで、
外周にゴムがはりつけられていて、
B10だけだとまだいいんですが、
ライトボックスをつけるとちと頼りない。
指先に力が入りづらくなった年寄りには締めづらい。
なのでつまみを交換。
ワッシャーの厚みとかを考慮して、
マンフロットの、もう使ってないティルトトップヘッド
という商品から部品を拝借。

20190613a.jpg

矢印の部品ですが、失敗でしたw
ロックできない。
力を入れてねじ込んでも止まらない。
ワッシャーの厚みが足りないのかな?
しかたないので取り付けたクランプを
外そうとしたけど外れない。
力を入れすぎて噛んじゃったのか?
外すためにバラした。
が、それでも外れない。
まいったな〜ということで取り敢えず元に戻した。
元に戻し、再度

「くっそ〜。これを締めたら止まれよなぁ」

とクランプを回すと、あらま、止まったw
バラしたのを組み上げるとき間違えたのかもしれないけど、
まぁ、良く分からないけど結果オーライだからいいのかな?

「勝ちに不思議の勝ちあり」・・・ですw



(*)オフカメラ・フラッシュの略。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


役満レンズw
昨日は忙しく、日記はお休み。
昼飯は出先の同級生の店で食べました。
同級生の店といっても本人は糖尿病が悪化し、
足を切断したらしく、店には出てません。
元々ご両親が始められた店なので、
今も年老いた両親中心に、何人かのスタッフと店を回してます。
「年老いた」と言っても連日働いてるので若い若い。
お父さんは珈琲担当なので、お客さんから注文が入ると
「よっしゃ」と言って座ってたソファーからぽんっと、立ち上がります。
お母さんはレジに座ってますが、品のある可愛らしい
「おばあちゃん」だと、ウチの女子アシRに人気 です。

で、昨日は「お弁当」を食べました。

20190515c.jpg

680円です。
昼のサービス品としては他に「ランチ」があり
ランチは洋風、弁当は和風としたものなのでしょう。
一年くらい前のサライを読んでました。
その中にあった写真に目が釘付け。
ななな、なんじゃぁ〜これわぁ・・・と、
松田優作ばりの大声を出しそうになりました。

20190515a.jpg

この焼き込み、酷くない?
プリント初心者のMクンではなく、天下の「サライ」ですよ。

「何言ってるか分かんない」かもしれないので
その部分、アップにしてみましょう。

20190515b.jpg

あんまりでしょう、この焼き込みは。
このブログには風景写真を撮られてる方も来られてますが、
その方たちの方がずっと上手いです。
まぁ、こういった「センス」はプロアマ関係ないですけどね。


風俗嬢撮影の仕事をくれてる店のオーナーから、
ワイドレンズを買いたいけど15ミリと20ミリでどう違うのか?
という質問を受けました。
なかなか口で言っても難しいのでこんなん作りました。
また、本人は24-70mmを持ってるのでそれとの比較もと思って
24mmでも撮ったのですが、「25mm」になっちゃってましたw

20190515e.jpg

レンズはシグマの15-30mmです。
知人にあげたと思ってたけど、
あげたのは10-20mmのDCレンズでした。

20190515d.jpg

しかし、25mmの歪ぐあい見ると、
ニコンの大三元24-70より歪んでないです。
役満レンズw
値段は1/3くらいじゃなかったかな?忘れたけど。


<カメラのホワイトバランスがバラバラですね>




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


デリヘルキット
僕はものぐさなので撮影に持ってくものは必要最小限。
中にはスタジオ引っ越すのか?というほど箱バンに積み込み、
それを現場に運び下ろすだけで一仕事、という同業者もいますが、
殆ど使わない、とボヤいてました、助手がw

そんなもんだから風俗嬢撮るときもショルダーバッグひとつ。
中には16-80付きD500とクリップオンストロボ2台。
あと、Air Syncとか露出計とか予備電池とか諸々。
スタンド類は先方に置いてますw
もしスタンドが必要になったとしても年中無休、
10時から翌3時くらいまではスタッフがいるので
いつでも取りに行けます。

で、これからはB10とA1で撮影することになるのですが、
A1はともかくB10はデカイ。とてもいま使ってるバッグに
カメラとB10、A1は入り切りません。
バッグ2台体制でいこうかとも思ったけど、らしくないw
そこでこうしました♪

20190512.jpg
<デリヘルキットw>

今まで入れてたD1 は、買ったときに付いてきた
2灯セット用のバッグにお里帰り。


今日のAmazonビデオは「犬神家の一族」
このシーンを映画で見た時、
「あ!ピンク・フロイドだ!」と思いましたw

20190512b.jpg

20190512c.jpg



あなたが ここにいてほしい

いまでもきみには分かるでしょう?
天国と地獄、青空と痛み
緑の野と冷たい鉄路
本当の微笑と偽りの笑顔
ちゃんと見分けはつくでしょう?

なのにきみは自分の理想を売り飛ばし
幽霊達と仲良くしてるの?
熱い灰を青くさい木と交換させられ
燃える想いを冷まされて
不本意な変化を強いられたの?
戦いに加担する気でいたのに
檻の中の主役になってしまったの?

ああ、僕は今とてもきみに居て欲しい!
今の僕達は来る年も来る年も
金魚鉢の中をさ迷うあわれな魂
走れど走れど風景は同じ
その果てに見い出したものは
昔と変わらぬ恐怖のみ
‥‥‥きみが居てくれたら‥‥‥

<対訳:岩谷宏>









←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


怪しいメール
Amazonからメールが来てました。

20190510a.jpg

怪しいですねえ・・・
もちろんスルーですw


Profotoネタが続きます。
B10ももちろん素晴らしい出来ですが、
僕はA1の機能にしびれています。

発光をTTLオートからマニュアルに切り替えた時、
TTLオートで得た発光量を維持してるんですね。

TTLオートにし、たとえば出力をフル、絞り8で何かを撮ったとします。
当然ストロボ側が適正露出を判断しF8に見合う光量を出します。
その光量がモニターにでます。仮にそれを8.3だとします。
この「8.3」というのは絞り値ではなく、A1の出力値です。
で、マニュアルに切り替えた時、
その出力8.3を維持してるってことです。

この何が便利かといいますと、とりあえずTTLオートで撮って、
それを確認しマニュアルに切り替え、
その前後の絞り値で段階露出できるんです。

先の例でいいますと、出力「8.3」は変わらず、
レンズの絞り値を「8・9・10・11・7.1・6.3・5.6」で撮っとけば、
F8前後1段づつの段階露出ができるわけです。
ニコンの場合は・・・できません。多分w
これはやはりProfotoの創業者がカメラマンだったことにもよるんでしょうね。
つまりは「カメラマン目線」。

また、A1とB10を併用する時、A1が司令塔のような役目をするのです。
離れた場所にあるB10の光量をA1が調整できるのです。
もちろんこういったことは「売り」のひとつとして
説明書きに書いてたんですが、その時は「ふ〜ん」程度w
実際使ってみて初めてその素晴らしさに気づいたんです。

B10はアプリをダウンロードするとスマホからもいろんな
調整ができるようですが、それはiPhone7から。
僕のはSEだからできません。
そのためにスマホを変えるのもなぁ・・・と思います。
でっかくなるのもイヤだし。

そしてB10、なにもせずにしばらくすると・・・

20190510b.jpg

お休みモードに入ります。
ってことで、僕も寝ます。
おやすみなさーい。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ