fc2ブログ
私の真似ふたつ(笑)
16日に、コロナのため長らく休会してた写真同人の、
復活第2回目の例会があり、前回は行けなかったものの
今回は顔を出せました。
Kさんという僕より10歳くらい上の方も来られていて、
見せびらかそうと持って行った Z fc を差し出すと

「僕も買った」

とのこと。
しかもピンク。
井脇ノブ子かよ(笑)

「でもこんな設定 は知らないでしょ?」

レンズのコントロールリングを「露出補正(*1)」に設定変更したことを
説明し、覗いてもらい、かつリング操作もしてもらいました。

「ピントが合った瞬間にシャッター切ってた、
昔の感覚で撮れるのでいいでしょ」

もちろんこの方法では「ピント」ではなく「露出」があった瞬間ですが。
先輩もいたく気に入ったもよう・・・

で、今日、その先輩から電話があり

Kカメラに持って行ったけどできなかった。
ニコンにも電話で聞いてもらったけどわからなかった。

だって。
最終的にKカメラでは、何か他の機械も使ってるんじゃないか?
とも言われたらしい(笑)
でもKカメラはまだしもニコンで分からないってなんだよ。
どのように聞いたのかと聞くと

ピントリングを回すと画面が明るくなったり暗くなったりする方法は?

んんんんんん・・・
何言ってるか分からない(笑)
で、まぁ仕方ないので電話で説明することにしました。
伝わるかなぁ・・・

まずメニューボタンを選択します。
f2カスタムボタンの機能(撮影)を開きます。
そこの左側上から4番目を選択、
オート露出で撮ってるそうだから「露出補正」を選択します。
以上です。

「Kでもそれを選択したんやけど」

「それでダメでした?」

「いかんかった。ちょっと待ってよ」

で、テスト。
何も変わらないそうだ。ありゃ〜。

「オートで撮ってるんですよね?」

「うん。絞り優先オート。常にマイナス2/3補正してる」

「ひょっとして右にあるダイヤルがC以外になってます?」

「なっちゅう。Cにせんといかんが?」

「C以外ではダメですね」

「ちょっと待ってよ」

で、テスト。
ダメらしい(笑)
えええええええ????
思考する私w

「ひょっとして、VIEWボタン(*)がOFFになってません?」

「そんなんどこにあるが?」

「iメニューにあります」

「ないぜ」

「ない?ほんならメニューで捜さないかん。
ちょっと待ってくださいよ」

と今度は僕がZfcのメニューで探す羽目に。
電話の向こうの方、全く知りませんからね。
年寄りの僕より10歳も上の年寄りなので。
で、メニューボタンのここにあるということを教えてあげると
「OFF」だそうで、そりゃどこをどういじくってもムダですね(笑)
つうか、普通は「ON」で使うやろ。
しばらくすると

「おーいったいった」

と感動の声。
これでメデタシメデタシなんですが、
もうひとつメデタイことがありまして、Kに、
Fレンズの28mm用フード(*3)がちょうど中古で入ってて、
380円(だったかな?)で買ったそうです。
これも僕のを見て

「それは何?」

と聞いてきた代物ですw
Kさん、土門拳文化賞 を受賞するほど写真は上手いんですが、
メカはさっぱりなんです。



(*1)引用記事の頃は「絞り」に変更してましたが
今はオートで撮影し、コントロールリングは「露出補正」にしてます。

(*2)ファインダーやモニターに、撮影設定を反映するかしないかのボタン。
OKにするとどのように映るかが確認できる。ミラーレスの最大利点ですね。

(*3)ニコンからはZ28mmF2.8用フードは出てなく、
フィルター径が同じなのでFレンズのが流用できるのですが、
新品はもうないのです。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


Z fは出るのかな?
Z fcのフルサイズ判の画像がデジカメinfoに掲載 されてた。
9割以上の人がフェイクだというw 画像はこれです。

20220609.jpg

なんかバランスが悪い。
デジカメinfoによると、レンズ着脱ボタン(*1)が
レンズ右側に移動してるそうだけど、
これが本物画像だとしてもそれはないだろう。
別の機能を持たせたボタンだと思う。

それにしてもF3人気はすごいですね。
大方の人がデザインはF3風で、と書いてます。
たまにとんがり頭のF2推しもいます。
僕としてはF2アイレベル推しで、
アクセサリーシューもペンタ部ではなく左の、
ダイヤル部分に差し込むようにしてほしい(*2)。
とんがり頭の意匠を崩してほしくない。


さて、Z fが出たらどうする問題なんだけど、買いますw
Z fcの画素数が2088万画素で、それを下ることはないだろうから、
おそらくはZ9やZ7と同じ4500万画素あたりで出してくるんではないか?
と思うわけです。
そうなると現行Z7で撮ってる集合写真にも使えるわけで、
趣味と仕事両方に使える。
で、金は?
が一番の問題なんだけど、カメラ処分で作ります。
Z7、Z fc、Dfを売っちゃえばなんとかなるでしょう。
D500は残します。

と、ここまで書いて撮影に出、
帰ってから確認後アップしようと思ったら
元記事が「フェイクだった」と訂正してるようで、
なんだよ、半日しか楽しめなかったじゃないか。

ま、いずれにせよZ fは出ると思いますよ。



(*1)レンズ横、上にあるボタン。
(*2)これは多分無理







←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


やっぱり私は活字世代
そろそろ撮影済みの写真の合成作業を
せなならんのですが気が乗りません。
今は引っ越しとZ9で頭はいっぱい。
私のハードディスク容量は少ないのです。

20220421.jpg

レンズフードを外したらZ9も収まりました。
フードの左にあるのはZ9のバッテリーです。
屋外集合写真のときはZ9の位置に24-70F4付きZ7が収まります。
風俗嬢さんも気が向けばZ7で撮ってもいいしD500でもいい。
今日はカメラが重いな、と感じたらZ fcで(笑)
Dfはどうする?
持ってても使わないぞ。
売ろうかな?
売ってフジのX-E4を買おうかな?
それともニコンからレンジファインダー風のデジカメが出るのを待つか。
出たとしてもレンズがなあ。
ニコンよりフジのほうがそれらしいし。

とか考えてたらますます合成作業をする気がなくなります。
それにしてもフジのサイトは分かりづらい。
「概要」がイメージ動画ばかりで何が言いたいのか分からん。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ




粋な計らい
先日の銀一キャンペーンに乗り遅れたかと思ったら
次はフライングした件、銀一さんのはからいで、
一度キャンセルし再注文して下さいってことでそうし、
今日商品が届きました。
明日の幼稚園遠足でデビューです。


デリヘル撮影セットはこう変わります。

20220419a.jpg

↓↓↓↓↓↓

20220419b.jpg

上の写真で上段真ん中にあるのはフィルターキット。
ラブホの照明に合わせるためのフィルターが入ってます。
スタジオができたのでこれが必要なくなり、
クリップオンストロボのA1がB10にとって変わります。
Z9は高さが高く入りません。
レンズを外してもちょっと苦しい。
その都度レンズを付けるのもメンドイし、
Z9使用時は肩からぶら下げて行きます。
その時はD500の場所にスピードリングアダプター(*)
とかが入ります。



(*)下段写真でD500の下にあります





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


キャンペーンとキャンペーンの間で
5月いっぱいで事務所閉鎖を決めたので、
昼間は事務所片付け、夜と早朝は事務所から
持ち帰った荷物の整理と、一日中引越業者です。
今の暇な時期にある程度はやっとかないと
5月末は大変なことになると思うのでね。

そんなこんなな時、銀一が年度末キャンペーンをしてて、
プロフォトB10を注文するつもりだったけどし忘れ、
4月8に注文しました。
次のキャンペーン時にしようかな?とも思ったけど
モノが「お取り寄せ」だったので幼稚園の遠足に
間に合わなかったらいけないと思ったのです。

で、昨日、14日に発送しますというメールが来ました。
そして数時間後、今度はプロフォトからキャンペーン案内のメールが。
なんと、B10を購入すると「Air Remote TTL」が64%引きになるというのです。
旧タイプのAir Remoteを持ってはいるんですが最新のほうが何かと使い勝手がいいし、
こんなチャンスを逃すわけにはいきません。
なので

「私のにも適用できないものでしょうか?」

と銀一にお伺いを立てました。
銀一ではなくプロフォトのキャンペーンなのでまず無理でしょうけど
一応言ってみなくちゃ損ですw

20220413a.jpg
<B10>

20220413b
<Air Remote TTL>


森山大道の「空と海の間で」は良かったですね。
半世紀以上たった今でもはっきりと覚えています。
それらの写真群は銚子沖の海難事故を題材にしたもので、
事故後たしか1週間経ってからの取材行きだったと思います。
今日こそは帰ってくるだろうと信じ防波堤にたたずむ人たちを、
遠く離れた場所からワイドレンズで撮っていて

「僕はとても近づいて写真を撮ることはできなかった」

とキャプションがつけられていました。

空を黒く焼き込まれたその画面からは
関係者や撮影者である森山さんの
深い悲しみが伝わってきました。
新聞や雑誌などは遺族となった人々の
悲しみにうちひしがれた表情を、
これみよがしに望遠レンズで追っていたんだけど、
それらの写真に僕は何も感じず、
悲しくなることはもちろんありませんでした。

「悲しくなければ悲しい写真は撮れない」

アタリマエのことが理解できた時でした。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ