FC2ブログ
ノルマ終わらず
「R15+」を見たんだから「R18+」も見てみようってんで
「花と蛇3」を見ました。

イタリア帰りの新進チェリストにして才気溢れる美貌の持ち主である静子(小向美奈子)は関西財閥の会長・海東義一郎と結婚。公私共に幸せな生活を送っていた。だがそんな平穏な人生に、遠山グループの総裁・遠山隆義(本宮泰風)の魔の手が忍び寄る。己の欲望の為には卑劣な手段も厭わない野心家の遠山は、静子を我が物にしようと画策。静子の夫を破産に追い込み、借金の抵当として静子を自らの妻にする。遠山の正式な妻として屋敷に迎え入れられた静子は、執事の伊沢(火野正平)、お花やお茶等の作法を仕込む折原(水谷ケイ)、メイドの美沙江(琴乃)ほかと生活を始める。しかしこれは静子を貶める罠の始まりに過ぎなかった。これから静子の調教を目的とした、歪な共同生活が始まるのだった。


「花と蛇」は団鬼六さんの小説が元ですね。
エロ小説。「芸術」なんでしょうか?w

これを選んだのは、以前杉本彩さん主演のヤツを見て、
それがなかなか良かったからなんですが、いま思えば
映画の内容より、杉本彩の裸体が良かったのだと思います。


確認のためにWikiを見ると、映画化された最初ので坂本長利さんが出てた。
坂本長利さんは一人芝居「土佐源氏」を演じてる方で、
「土佐源氏」は民俗学者・宮本常一氏の著書「忘れられた日本人」に
登場する、高知県梼原町に実在した盲目の馬喰(牛馬売買人)です。
「源氏」はもちろん光源氏から。そう、今で言う「プレイボーイ」w
TOMOKO女子アシの実家の近所に、その子孫の方がおいでるらしい。
TOMOKO女子アシはイノシシとか鮎とか、よくくれます。


話がそれましたが今回は「花と蛇3」。
主役は小向美奈子。

失敗でした。
だって、画面に釘付けで仕事ができない。
ゆえにノルマ終わらず。これからお仕事がんばります。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


たった一人の「不買」運動
食べてる米は「ゆめぴりか」の無洗米なんですが、
秋口かな?新米の出る頃かな?
ま、だいたいそんな時期になると「秋田こまち」に変わります。
「ゆめぴりか」に変なシールが貼られ、気分が悪いんです。
彼?彼女?、嫌いなんですよ。
なのでたった一人の「不買」運動w

でもなあ、公共の電波でいくら国会議員といえど「気持ち悪い人たち」
なんて言われたらそりゃ腹も立つでしょ。
しかしその国会議員が毎週月曜日、一時間も抗議行動するなんて、
よほど暇なんだろうか?新人なのに・・・


今はギャンブルまったくしませんが、昔はそれなりにやりました。
でもパチンコだけはしませんでした。
騒々しいいところが苦手なんです。
仕事でパチンコ店撮ったりもしましたがイライラしっぱなしw
そのかわり麻雀は2日に一度徹マンw
そのころは48時間単位で生きてました。

(1日目)起床→仕事→徹マン→(2日目)仕事→爆睡

こんな感じ。
ある朝、「4時から師匠と花札勝負」の仕事場に出勤し
歯磨きしてると、珍しく「先生」が早くやってきまして

「顔くらい家で洗ってこい」

と怒られました。
「食後の歯磨きです」って言いわけしてもダメですよね、朝だから。


「5時から隣のスナックでキュッとコップ酒を呷る社長のいる店」
で働いてたある日、競馬ですっからかんに負けちゃって、
さて困ったと思ってたら

「ボク、どうしたの?元気ないけど」

と声をかけられました。

「負けちゃった」

「そう。残念ね。いくら負けたの?」

「3万」

「あら、可愛そ。
これから最終(レース)だからここで待ってて。
終わったら来るから。気持ちイイことしようよ。
私、勝ってるからお小遣い上げる」

と言い残し、その「男性」は観覧席に去っていきました。
考えました。

3万もくれるのか。
どっちやろ?
男か、女か。
男やったらえいけど女やったらイヤやな。
痛そうやし・・・

ということで怖くなり、トンズラw
この話を店の先輩にすると

「アホか。3万もくれるわけないやろ」

と一刀両断。
どっちをやらされるのか、そこまでは先輩方も知りませんでした。
高知(特に競輪競馬場)では有名なオカマさんやったんですけどね。
それから競輪競馬は足が遠のき、麻雀は結婚を機にやめました。

あら、今日もシモネタだわねw






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


オレ、歯ブラシの柄が入っちゅうがぞ
本日のAmazonビデオは「つやのよる」。
「R15+」指定です。

「あなたと艶さん、どんな関係だったの?」艶(つや)という女と大島に駆け落ちしてきた松生春二は、奔放な妻の不貞に悩まされ続けてきた。そんな艶が病に冒され、昏睡状態に。松生は、何度裏切られても献身的に愛してきたが、彼女を失うことに耐えられない・・・その時、過去に艶が関係を持った男たちに、彼女の死期が近づいていることを伝えようと思いつく。東京で一見平穏な生活を営む何組かのカップル&家族に、突然もたらされた艶の危篤の報。それを聞いた夫の、恋人の、父のそれぞれの様子から、艶との肉体関係を感づいてしまった女たちは、突然、自分たちの人生に割り込んできた艶という存在に困惑する。目の前に見えているはずの「大切な人」が知らない顔を見せた時、人は愛を確かめ、見つめ直す――。


「で?」という映画でしたw
最初、つやが12歳のときレイプしたという
従兄弟が文学賞をとる場面があったので、
彼を追い詰めていくサスペンスかな?
と思ったけど全く違いましたw
よく見たらジャンルは「ロマンス」だし
「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」
という副題もついてるしw

舞台は大島なんですが、大島といったってアチコチにありますが
伊豆大島なら一度だけ行きました。
学生時代に友達と。

20170818a.jpg

20170818b.jpg

20170818c.jpg

20170818d.jpg

20170818e.jpg

20170818f.jpg

友達はこの旅ですっかり旅に魅了され旅好きになり、
旅行会社の添乗員になりましたw
「写真」という特技を生かすため会社にカメラを買わせ、
添乗先で記念撮影もこなし、けっこう会社に貢献してました。
最終的には添乗員全員が撮ってたようですよ。

えー、これからシモネタが出てきますので「R15+」指定ですw
劇中、岸谷五朗が

「ぼく。。。真珠が入ってるんだ」

と野波麻帆を誘うシーンがあるんですが、
バイク屋に出入りしてるT内さんが入れてました。
といっても真珠でなく歯ブラシ。

T内さん、まぐろ船に乗ってた時期がありまして、
マグロ船って港を出てから漁場まで日数がかかる。
遠いですからね。
で、そこに着くまで暇なんだそうです。
することがない。
することなけりゃヤロウばかりの職場だから考えることはひとつ。
エッチなことばかりw

歯ブラシの柄を小さく切り、ヤスリで丁寧に丸くする。
目指すは「真珠」w
綺麗に丸くなったら焼酎をナニにプッと吹きかけて消毒。
意を決してナイフでナニに切れ目を入れ真珠もどきを埋め込む。
ナニを包帯でぐるぐる巻きにし傷口が癒やるのを待つ。

という手順だそうですが、
1航海1個が限度だと言ってましたw

で、効果の程は?と聞きますに、
奥さんは相手してくれなくなったそうですw


「で?」という映画でしたけど面白かったですよ。
僕はけっこうワケワカラン映画とか好きなので。
2度め見ながらブログ書いてます。
野波麻帆さん綺麗だし。

20190816.jpg




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


各駅停車の旅
「リーガルV」がAmaonビデオに登場してたので今日はそれ。
エピソード9まで全て見たのでけっこう時間がかかった。

列車の旅はいいねえ。
でも土讃線はまだ電化されてなくディーゼル車。
なので「電車」でなく「汽車」です。
東京で最初の頃、電車と言わず汽車と言ったらみんなに笑われた。
だって高知の方じゃ「電車」といえばいわゆるチンチン電車。
それより数倍も速いんだから「電車」と呼ぶ発想は浮かばない。

2年時の夏休み前だったろうか?
帰郷にあたって米子の友人と京都まで一緒に帰ったことがあった。
友人の父が国鉄職員だったので乗車券だけは無料パス。
もちろん僕は金がいるんだけど、各駅停車の旅もいいなと思い、
友に誘われる形で普通車で帰ることにした。
何回乗り換えたのか、何時間かかった(*)のか忘れたけど、
時間がかかる分腹が減る。ゆえに駅弁を食べる回数も多くなり、
こりゃ急行かなんかで帰ったほうが安上がりだったかもしれないな、
と思ったものでした。

京都駅で別れてからは急行か何かで帰りましたが、
友人は各停の旅を続けたそうです。
てか、彼、金がなく、急行券とかを買えなかっただけですけどねw




(*)当時、新幹線を使って10時間くらいかかってたと記憶してます。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


苦手な人々
今日のAmazonビデオは「君が踊る、夏」。
もちろん高知のよさこいをテーマにした作品です。

この瞬間を、この想いを、ただ、一生懸命(いちむじん)に。少女の命のために、情熱のすべてをかけて。―実話が生んだ物語―。最後の夏といわれた少女との約束を果たすため、自分の夢をかけて、一生懸命に突き進む若者たちが、持てる情熱のすべてを、その一瞬にかける!これは、少女の命の実話をもとに、人々の笑顔と熱気、そしてダイナミックな踊りで観客を魅了し続けるよさこい祭りを舞台にした夢、希望、勇気、そして再生へと向かう感動の物語が幕を開ける!


土佐弁がおかしいのはそりゃしょうがないけど、
溝渕純平くんはなかなかうまかったですよ。
そんなに違和感は感じなかった。
あと、ちっちゃな女の子も。

ちなみに僕が東京行った時、
東京弁が恥ずかしくて喋れず土佐弁主体の「標準語」。
通じないときは愛媛から来たヤツがいたのでそいつが通訳w
演劇をやると言って写真学校辞めちゃったけど生きてるかな?

20190813.jpg

梅が辻競演場です。
道路がゆるくカーブし、逆光で人物が映え美しく撮れる競演場です。
ここをタイトルバックに選ぶとはさすがです。
追手筋の本部競演場は「夜の部」で撮ってました。
あそこは夜しか使えんろ。

踊りとか衣装協力したのは「よさこい大賞」常連の
人気チームですが、そこ、踊るにあたって審査があります。
「よさこいと私」という論文審査w
今年から子どものチームができましたが、子どもは
「よさこいと私」という作文

僕はちょっと、こういうの苦手です。
以前撮ってたチームも相当な人気チームでしたが
審査などなく早いもの勝ちw

オーナーも苦手です。
よさこい以外で一度だけ仕事したんですが、
コロコロコロコロ気分が変わり、都度変更になるんですよね。
ま、アーティストなんでしょうw

ゲェジュツ家は苦手なんです。





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ