FC2ブログ
永遠の里帰り
今日は幼稚園の遠足。
雨なのに遠足。
運動公園内での遠足で、
体育館を借りてるので雨でも決行なのです。
なので写真も体育館内での撮影です。
外だと遊戯施設なんかもあり、緑も綺麗だしで
サマになるんですが、体育館・・・・・・
みんなの後ろには無機質な壁があるのみ。
写真、売れるんでしょうか?(笑)

で、クラスが増えて2箇所で撮ってほしいとのことなので
後輩カメラマンOを連れていきました。
撮影終了後の帰り道、Oと同世代の
K山カメラマンの自宅前を通った時、Oが

「この前K山に久しぶりに会った」と言います。

「K山元気やったか?」と聞きますに

「生きてることで精一杯らしい」とのこと。

聞けば、写真だけでは食えないので福祉施設の臨時スタッフとなり、
写真の仕事は他の店の代写のみらしい。

「ほんでオレがあればぁ止めちょけと言うたに」と僕。

K山クンは国家公務員だったのです。
勤めながら通ってた夜間の短大でフリーカメラマンのNに出会い、
憧れ、助手に。
最初は公務員を続けながらの「お手伝い」程度だったんですが、
のめり込みすぎたのか、Nがカッコよく見えたのか、
公務員を辞め本格的な助手になると言い出した。
その時止めたんです。

写真なんて、仕事がなんでも撮れる。
ちゃんとした生活の基盤(公務員)があって、
その上で自分が撮りたい写真を撮ったほうがいい。
将来はフリーになりたいんだろうけど、高知の市場は狭く、
お師匠さんにお裾分けしてもらうわけにも行かず、
自分で全てを切り開いていかなきゃいけない。
「食う」のは大変だぞ。
オレはお前と違うてちゃんとした仕事もなく、
仕方ないので写真の世界で生きてきたけど、
お前はちゃんとした仕事があるやか。
「自分の写真」を撮りたいのならその方がいい。

というようなことを言ったと思うけど、彼、 結局
「撮りたい」写真というものがなかったんだろうね。
ただ、カメラマンという職業に憧れただけだろう。
自分の写真を撮りたいがために勤めを
辞めようとしてる人には大賛成してるしw

Amazonビデオは「2つ目の窓 」を見ました。
なかなか良かった。

ニケツで転んで・・・

界人「ねえ?大丈夫?ねえ、どっか痛いの?」

杏子「こころ」

・・・・・

杏子「かぁさん死んじゃったね」

老人「永遠の、里帰りじゃあ」


20190424a.jpg

20190424b.jpg

UFOかクラゲみたいなこの泡が、
水上に浮かび上がって映画終了。
最初からの構想なんだろうか?
泡を見て、瞬時に湧いた着想なんだろうか?
どっちにしろ映像作家ってスゴイです。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


開けないのなら開けてもバレない
昨日の続きみたくなるんだけど、
仕事は特攻平和館と同じ敷地内にあったような気がする。
集会所みたいなとこでした。
なので休憩(昼休みだったかも?)時間中に速攻で行けました。
それを逃すと後の予定が詰まってて、
時間がまったくないスケジュールだったんじゃなかったかな?
あそこまで行ったんだからスケジュールに余裕を持たせ、
みんなで見たら良かったんだけどね。
移動は公共機関を利用したからそうはいかなかったのかもしれません。

その日は鹿児島市に宿泊し、
天文館で食べた地鶏の炭火焼が美味かった。
丸亀の骨付鳥と並んで、僕が食った鶏の美味いものベスト2ですw
鶏の「こりゃ美味い!」ってのには出合ったけど
牛肉の「こりゃ美味い」はまだだな・・・って考えてたら、
なんのことはない、牛さんだと鶏さん並の値段では
「こりゃ美味い!」は食えないんだということに気づいたw
結局は「予算」の問題だね。

撮影は福祉関係の仕事だったと思う。
そういうことを主にしてるデザイン会社からの依頼だったから。

次の日は宮崎泊まり。
翌日は丸一日自由時間で、他の者はシーガイヤに行った。
というか、社長がそこに行きたいがための「自由時間」で、
その次の日も取材はなく帰るのみだったから
帰りたけりゃ帰ってもいいんだけど、
僕は僕でシーガイヤには興味なく、
プラネタリウムに行きたかったので帰らずにそこに行きました。

僕以外誰も行こうとしない「特攻平和館」には行くけど
みんなが行く「シーガイヤ」には行かない。
ホンマに付き合いの悪いワタシですw

街を歩いてたらいいモノ見つけたので買って帰りました。

20170520a.jpg

20151015.jpg

ゴジラの貯金箱です。これに小銭をため、
貯まったら家族旅行でもしようと思ってましたが、
貯まった小銭を娘がこっそり持ち出していたらしく、
一向に重くならないので「おかしいなぁ」と開けてみると、
あれ?という金額しか入ってませんでしたw

「いっぱいになるまで開けない」宣言をしてたのですが、
それをいいことに「開けないのなら開けてもバレない」と
考えた娘が一枚上手でしたw






←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


なんにもないけれど、君に話くらいはしてあげられる♪
今日のAmazonビデオは「ほたる」。
映画とかには疎いんで事前情報もなにもなく、
Amazonの解説(*1)頼りで見てます。
夫婦で「蛍」でも飼う話かと思ってたんだけど、
なんだ「ほたる」ってそういう映画なのかと途中で気づきました。

知覧の特攻平和会館には一度行ったことがあります。
すぐ近所で撮影があり、休憩時間中に足を伸ばしました。
その少し前に「月光の夏 」を読んでたので、
絶好の機会、どうしても行ってみたかったのです。
同行してた他の者は興味がなかったようで、僕一人w

映画は引き込まれ、
最後の方は仕事の手を休め画面に見入ったけど、
最初からちゃんと見ようと思わないのはなぜなんだろう?
きっと、高倉健演じる主人公があまりにも人格者すぎて
自分と重ねることができないからだろう。
だから2本みたらお腹いっぱいw
そのてん「死にゆく妻・・・」の三浦友和は顔こそ違えど重ねれるw

でも、ラスト近く、韓国まで行って、しかもけっこう田舎っぽいけど、
透析せんでも大丈夫(*2)なんやろか?と、心配してました。

ストーリーのメインではないけど、健さんの、
自分に言い聞かせるようなつぶやきが、
心に残ったとです。

あんときオレがここまで来て
話聞いてやったら・・・
一緒に飲んで・・・一緒に泣いてやったら・・・

人が人に・・・できることは・・・
そういうことだけなんじゃと
今になって気がついた


なので、この歌が好きです。





(*1)与えられた命、精いっぱい生きよう──
国民的トップスター・健さんの心に日本列島が泣いた。
昭和の激動時代、40年間の夫婦愛の風雪を謳い上げ、
全国民に熱い愛と勇気を与える感動のメッセージ!
新世紀に語り継ぐ記念碑的名作。

(*2)友達は2日に一度透析してるので。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ

綺麗な人に囲まれて
今日は春野の農協に寄り、
マルシマ の醤油とだしの素を買いました。
マルシマは小豆島にある醤油屋さんで、
友達の実家が高知での代理店をしているのです。
その友達とはもう何年も会ってないのですが、
僕は意外と義理堅いw
てか、ここの醤油、美味しいのです。

20190421.jpg
<30年ほど前の写真>

Amazonビデオは「ぽっぽや」「あなたへ」「死にゆく妻との旅路」。
健さんシリーズとして3本目は「ほたる」の予定でしたが
2本見たら疲れちゃって三浦友和にしました。
けどこれが意外に良く、仕事しながらではなく
今度じっくり見ようと思います。
その時はポップコーンとコーラを用意してw

明日は撮影2本です。
ガンバロっと♪



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


アアアアア、アグリ・・・なんやったっけ?
今日は昼飯と晩飯の食材を買い込み合成処理に集中。
ひとつの園が終わりました。
昼は塩焼きそば。
ラーメンもですが、最近「塩味」にハマってます。

Amazonビデオは「儀式」「午後の遺言状」「春を背負って」。
儀式は大島渚、午後の遺言状は新藤兼人監督ですが、
巨匠の「作品」って、

で、何?

って感じですw
昨日見た「あゝ荒野」の方がずっと面白い。
これ、小説でも読んでるんですが
ボクシングシーンはやっぱ映像の方が断然イイ。


濃口醤油が切れたので、
明日は春野の農協に寄って事務所入りです。
いつもは「とさのさと」で買ってるんですが
新築移転してから連日車が長蛇の列。
とてもじゃないが行く気がしません。

農協って「JA」になって久しいですね。
「JT」もそうだけど、なんでもかんでも
英語にすりゃいいってもんじゃないだろうに。
しかも農協ってガチガチ保守って感じだけど、
今どきの保守は日本語より英語を使うのが
お好きなようで、理解不能です。




←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ