手軽に、唯一この世に残していけるもの、それが写真
まずはご報告から。
クリックして下さるみなさまのおかげをもちまして、
ついに500アンダーw

20170922a.jpg

毎日激しく上下してるので
明日にはまた500オーバーになってると思いますが、
とりあえずは第一目標達成です。
ご協力ありがとうございます。
次なる目標は写真部門での1000アンダーです。
さらなるご協力をw

さて、本日は盗撮ではなく、
ちゃんと相手に断って写真撮ってた方のご紹介です。
え?オレもそうしてるって?
正統派!です。
でも、今日ご紹介する方はなんと、
それを「金」にし、そのお金で生活されてたんですよ。
いわば「流しの写真屋」さん。
その方の本です。

20170922b.jpg

渡辺克巳さんの「新宿群盗伝伝」。
安倍首相は「云々」のことを「でんでん」と言ったらしいですが、
この本は「でんでん」です。
1982年発行の本なのでもちろん古本。
一昨年、オークションで手に入れました。

渡辺克巳さんという方は1970年代前後に
新宿で「流しの写真屋」をしていた方で、
カメラ毎日の年間「アルバム賞」を受賞されて
一躍有名になりました。1973年のことです。

「流しの写真屋」というのはスタジオは持たず、
カメラとストロボを携え店々を回り、
頼まれれば写真を撮って翌日届ける商売で、
3枚1組200円頂いていたようです。

スナックやゲイバー、ヌードスタジオの従業員が
彼の主なお客さんだったようですが、
この本には他に、新宿に蠢くいろんな人々が登場し、
その「時代」が写ってて面白い。

なかには昨日まではあんなに元気で「写真撮ってくれ」と
言ってたのに自ら命を絶ってた方もいたとか。
そこで彼は考えた。

死にたくなるようなことがあるとき、
人間は何かを残しておきたいと思うのだと思う。
地位も名誉も、つまり、なんにもない人間に残せるのは、
もしかしたら写真ぐらいということになるのではないかと思うのだ。
名もなく貧しい、そんな人びとが、手軽に、
唯一この世に残していけるもの、それが写真なのだろう。



森山大道の新宿が擦過の美学なら、
渡辺克巳の写真は新宿と正対してるなあ・・・
と、思った、一昨年の暮れ。



←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)こっちだよ


スポンサーサイト
Með Suð (残響)
僕は、自分自身、1970年代から音楽的成長をしてないと思ってるんだけど、
それでも80年代は小林克也さんの「ベストヒットUSA」などがあって
多少は分かるんですが、テレビを見なくなってからは置いてけぼりw
ちょい前まではCDショップなんかで店長さんのイチオシを気に入れば買ったり
ジャケ買いが主でしたが、そのCDショップさえなくなりましたよね。

なのでYouTubeは有力な情報源です。
とはいっても情報を得るために聴いてるわけではなく懐メロ感覚ですねw
で、右側にずら〜っと並ぶ関連動画で新たな発見をしたりするわけです。
新たなといっても数年遅れですけどw

そんな中で見つけたのがシガーロス。



なんだこれは、裸じゃないか。ハダジャケw
と、裸に弱い僕は、一も二もなく見たわけですw

透明な歌声とスケール感。
いっぺんでファンになり、何枚かのCDを買いました。
僕の周りにシガーロスなんて知ってる人はなく、
YouTubeがなければ知ることもなかったでしょう。

そんなシガーロスを見てて、度肝を抜かれたのがこのシーン。
彼らの故郷アイスランドでの一コマです。



森のなかでコンサートをしてるのは映像で分かってたんですが、
その場所が、森をくり抜いた、こんな一角だったとは。
交通手段は「歩き」(笑)
機材運搬車などの駐車場は会場横にあるみたいですが、
この動画の最初の方に、離れた場所に車を置き、
会場に向け延々と歩く人々が映されてます。
こんな大自然に囲まれて、勝手に感性が磨かれた人たちに、
とってつけの日本人が勝てるわけないよな、と思った次第です。

案の定、僕が上げたYouTubeは速攻ブロックされましたw
なので他の、外国の方のを使ってます。

こんな動画だったら削除されませんw





←クリックお願いします(m_m)

ーこのブログについてー
★写真はクリックすれば大きくなります。
★斜体で、アンダーラインのある文字をクリックするとリンク先に飛びます。
(例)なにかな?




微笑めばいいこともあるってわけだ
昼は眠いです。
こりゃいかん、今日は早く帰って寝るか・・・
とか、毎日思うんだけど夜になるとシャキッとするw
寝てなんかいられない、という感じです。

で、眠い時、珈琲飲みたくなるんですがなぜ珈琲なんだろ?
日本茶飲みたいとか、紅茶飲みたいとかは思わないし、
仮に飲んだとしても珈琲みたく落ち着かない。

また、味噌汁飲みたいなあ・・・とかはあるんですが、
コンソメスープ飲みたいとか中華スープ飲みたいにはならないし、
たとえ飲んだとしても味噌汁のような「ホッと」感はない。

近所に居酒屋さんがあって、昼間もちょこっと開けてるんですが、
そこの味噌汁が美味しいんですよ。
ほんと、飲んだらホッとします。
大した具材入ってるわけやないし特別仕立てな味噌を使ってるような
気もしない。出汁のとり方が違うんでしょうかねえ・・・
僕はマルシマのインスタント出汁だし(笑)
でも、これはこれで美味しい。
四国は小豆島の醤油屋さんのです。

ビッグコミックオリジナルで連載してた「浮世雲」が終わりました。
ジョージ秋山さんの作品では「銭ゲバ」や「アシュラ」が衝撃的でしたが
僕には「日本列島蝦蟇蛙」が印象に残ってます。

20170920.jpg

「愛」と「欲望」のはざまで揺れる若い二人のピュアな魂。
だが、ピュアゆえに人はわがままにも残酷にもなれる…。
…切なくて、哀しくて、危うい戦慄の同棲物語!!


というお話です。
僕も当時20歳くらいで、ピュアだったもんでw

ジョージ秋山さんの息子さんは「命」という名前なんですが、
これは命を大切にしろ、ではなく、命がけで生きろだそうで、
その「命」、本来ならアシュラに、「人としてまっとうに生きた」として、
和尚さんにより命名される予定だったとか。


話は変わるけど最近YouTubeでレベッカを知り、
いや、前から存在自体は知ってましたよ。
でも、流れてくる曲を耳にしたことはあったけど、
聴いたことはなかった。

知って感じたことは一生懸命なのがいいですね。
多少バックとずれてても気にしない♪
ライブを全曲通しで聴いてみたくなったからDVDを買いました。

20170920a.jpg

YouTubeに全曲あるのかないのか分かんないしね。
今日届いたけど2枚組でした。得した気分w

20170920b.jpg

しかも入場券付き。使えないけどw
YouTubeでたまたま聴いた曲はこれです。



泣きながら歌ってるんですよね。
1年半前にデビューした頃はこれほど大勢のお客さんの前で
歌えるとは思ってもいなかったと語ってるので、
感極まって泣いたのかもしれません。それとも・・・
初期メンバーの木暮さんに思いを馳せているのかな?
‥‥‥きみが居てくれたら‥‥‥とか。

その感動をそのままに歌う。
その時の感情をそのままに歌い上げる。
そのピュアな心、写真を撮る時にも大事にしたいなあと思いました。


ということで「日本列島蝦蟇蛙」のキーワード「ピュア」を、
やっと繋げることができましたので今日の日記は終りたいと思います。

あ、いや、もうひと言。
上に貼ったYouTubeもいずれ削除されることでしょうが、
僕みたく、今まで何の関心もなかった人間がYouTubeをキッカケとして
ファンとなり、その楽曲を買うことだってあるんだよ。
買わない人はYouTubeを見ても見なくても買わない。
そんなCDが、DVDが、発売されたと知っても買わない人は買わない。
著作権 だかなんだか知らないけれど、日本はね、ほんとケチくさい。

20170920c.jpg

ヘリコプターが周回してました。
訓練かな?
こういうのを撮ると、ゴミだらけなのが分かります。
一応処理はしましたが残ってるかもしれません。
掃除してもらいにいかなきゃw






←クリックお願いします(m_m)

風鈴復活
もつれた糸をほぐし、
切れた糸を繋いで
風鈴復活です。

20170919.jpg

最近はフジのX-70だけでなく、85ミリの付いた
Dfも身近にありますのでそれでの撮影です。
やっぱりズームよか単レンズのほうがいいですね。
撮影リズムとして単レンズのほうがいいです。
「写り」は僕にはあまり分かりません。



キューレターに発掘されたのが「盗撮」じいさんなら、
同じカメラマンであるスタイケンに発掘されたのはエルスケン。
スタイケンはキューレターでもあったのでその立場での発掘でしょうか。
エルスケンの代表作「セーヌ左岸の恋」に、
若かった僕などは刺激を受けたものですが、
ノンフィクションではなかった、と、後で知ってびっくり。
でも、そんなことはどうでも良く、今でも、いつでも映像を
頭の中から引き出せます。
つまりは今だに「真似」の対象です(笑)

20170919a.jpg

キューレターやカメラマンに見出された人ってのは
他にもたくさんいるでしょうが、一般人に見出された
カメラマンはそんなに多くはないと思います。
ヴィヴィアン・マイヤー さん以外いないかもしれないw

20170919b.jpg


彼女を探す過程がドキュメンタリー映画になり
話題にもなったので、多くの方がご存知だとは思いますし、
詳しくは上の名前をクリックしていただくと詳しいサイトに飛ぶので
そこを見ていただくとして、こちらでは簡潔に説明を・・・

ジョン・マルーフという青年が、地元のオークションで
落札した大量のネガをネット上で公開するんですが、
その作品を世間が絶賛し、いったい何者?となり、
やがて彼女を探す旅が始まる・・・という内容です。

その映画のDVD「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」は、
何故かウチには2枚ありますw
輸入版と日本国内版です。

20170919c.jpg
<英語だらけの、左が国内版w>

映画自体は主要都市だけの上映にとどまり、しかも期間も
長くて数日と短かったために見られなかったのですが、
この映画の存在を知った時、一刻も早く見たかったので
インポート物しか発売されてなかったけれど、
英語が分からんでも雰囲気で理解できるろ・・・という
安易な考えで買ってしまいました。
2015年10月9日です。
で、デッキに挿入したらリュージョン違いで映らず(笑)
英語理解云々以前の問題でした。
PCのリュージョン変更をしたらいいのですが、行える回数が決まってて、
どうせ英語やし、意味分からんし、国内版が出るまで待とうと意気消沈。
翌年の2月末、やっと出た国内版を買ったのでした。

写真集もインポート物と同時期に買ったのですが、映画の中には「動く」
ヴィヴィアンさんも出てきて、その撮影風景とかが勉強になりました。
ベビーシッターをしてたんだけど、あの大きなローライフレックスを首から
常にぶら下げ、面倒見てる子どもたちを追いかけ、駆けずり回ってましたw
ヴァイタリティあるわ、と感心した次第です。
また、子どもが車と接触し道端に転倒した時も、助けるのではなく、
野次馬の中のひとりとして写真を撮ってました(笑)

でも、マイヤーさんの写真ってあまり「記憶」に残ってないんですよね。
上手いことは上手いんだけど、ブレッソンやエルスケンみたく
僕の頭の引き出しに残ってない。
なぜなんでしょう・・・年とって見たせい?w


エルスケンにしろマイヤーさんにしろ、使用カメラはローライの二眼レフですね。
日本では高価なカメラなんだけど、金がなさそうな二人が使ってたってことは、
アチラではそれほどでもなかったのかなあ?





←クリックお願いします(m_m)

台風被害報告
台風一過。
またまた30度超えの暑さとなりました。
事務所の台風被害は風鈴一個。
軒下に下げてた風鈴が風で落下。

20170918.jpg

自宅の近所では木が一本根こそぎ倒れてました。
根こそぎといっても庭師さんが自分の土地に
仮置きしてるような木だったので、
そんなに根ははってない感じでしたね。
上のほうが拡がった木だったし、
風には弱かったのでしょう。
TVで放映されたそうで、近所の人が

よほどネタがなかったがやろ

と笑ってました。
あのスゴイ風の中、そんなもん撮りに
わざわざ出向かんでもとも思いますが、
なぜ放送局が知ったのかが疑問です。
通報するような物好きも近所にはいないし、
たまたま通りかかったのかな?

*******

僕は、好きな女性ができると
好きな写真集をいっぱい見せる。
それは森山大道であったりエルスケン、
ジョンヴェル、藤原新也あたりだけど、
特に藤原新也の「少年の港」は必ず見せる。

で、こんな写真を撮りたいんだ、ということを伝え、
一緒に出かけたりしたら勝手にパチャパチャ撮る。
前から後ろから斜めから、
グルグル周りを回りながらパッシャパシャ・・・w
電車に乗れば撮り地下街を歩けば撮る。

ご飯を食べると撮り珈琲を飲んだら撮る。
風呂を撮るのはなかなか大変だけど、
パジャマに着替えたら撮り歯磨き中はもちろんのこと
化粧落としだって撮る。
ベッドインさせてくれれば万々歳で撮る。
させてくれなきゃ諦めるw
朝起きて、眠そうな顔であくびをしたら撮る。
そしてプリントし、見せる。
自然体の飾らない君がそこに、君の生活がそこに、
モノクロ印画紙上に現れている。

それを飽きるまで繰り返し、
白い一日の完成だ。







←クリックお願いします(m_m)